kawaii服を作ってみた 5 とKanade 8

服のプロモ画像を作ってるうちに、またDAZのベース・フィギュアが出ちゃいました。(;^ω^)

Kanade 8というミクさんの髪みたいなフィギュアなのですが、どこかで見た覚えが・・・。
そうそう、某P〇掲示板で見たことがあるキャラクターでした。

とても綺麗で可愛いです。^^
さっそく制作中のKawaiiドレスを着ていただきました。

Kanade1

予想より、ずっとほっそりしたボディですね。

さて、このドレスは、一般的には帯状の布やフリルが重なってるティアード・ドレスといわれます。
裾をふわっと広げるためにドロワーズとかパニエを着ますが、dForceを使うと、このままではうまく広がってくれません。
そこで考えたのが、リアルさながらにワイヤーを入れるというアイデアです。

まあ、ワイヤーというかまあ、ワイヤープロップ(小道具)です。(^^;)
シンプルな固体なのですが、見た目に説得力があるので、透過テクスチャーをつけています。こんな感じです。

Kanade2

難点は、リアルと同じで大変座りにくいという点です。
このワイヤーをつけないと、通常通りdForceで座ることができますが・・・。

自由に変形させたり、位置を調整できるように小道具扱いにしています。
レンダ時には、非表示にします。

| | コメント (0)

kawaii服をつくってみた 4

テクスチャーをせっせと作っておりましたが、一通りできたので、テストレンダです。

ロリータ・ドレスなので、Sakura8やAiko8には似合うだろうと思ってましたが・・・。
問題は、Victoria8や、ほかのリアル系に果たして似合うかどうかです。(;^_^A

ロリータ・ドレスは日本文化かもしれませんが、もともとは欧米のドレスだし・・・。
スチームパンクとか、ゴシック、中世のドレスという雰囲気ならいけるのではと思い、お色を黒にして、Victoria8に着せてみたら・・・。

1907031

意外に似合ってるし、Victoria8かわいく見えます。(;^_^A
編み上げブーツというところが、スチームパンクぽいかも。

Sakura8が似合うのは、まあ当然ですね。
さてと、そろそろFBMなどモーフ作成にとりかかります。

この前登場した Ellithia8も、購入済です。
次のフィギュアが出ないうちに完成させなくては・・。(笑

 

| | コメント (6)

kawaii服をつくってみた3

かわいい服ですが、前々回記事から、少しデザインを見直しました。

さらにロリータの定番、ヘッドドレスも作ってみました。
MD8で帯状のレース生地を丸く仕上げるのには、少し苦労しました。
リボンについては、V4F Dressの焼き直しですみません。(;^_^A

1906297

仮のテクスチャーでテストレンダしてみました。
DAZの無料のHDRIであるIray HDR Outdoor Environments のドーム設定は、ほかのHDRIにも使えたりします。
ほかのHDRI画像に変えて、少しドームを回してテストレンダしました。

1906298

ほぼ形ができたので、テクスチャーを作ろうかと思います。
レースのテクスチャーが気になります。"(-""-)"

 

| | コメント (0)

ギターのライン録音

久しぶりにエレキギターのライン録音をやってみたら、なかなかうまくいかず・・・。
やっと音が出たと思ったらプチプチノイズが・・・。

毎回悩むのも困るので、設定方法などを備忘録として書いておきます。

使用機材は、懐かしのZoomのマルチエフェクターG2Nuです。
これは、エフェクターやアンプシミュレータでオーディオ・インターフェイス内蔵です。
ギターのシールドをこれに接続して、USBにてパソコンに接続します。

パソコンの録音ソフトは、Vocaloid4に付属していたCubaseAiです。

1906291

画面はこんな感じで、Cubaseでシンセドラムやベース、ピアノなどを鳴らしながら、ギターを録音します。
ZoomG2Nuのエフェクターは画像のようにパソコン上のソフトで調整・切り替え可能です。

つないだだけでは音はでません。Cubaseの設定がなかなかわかりずらい・・・。
上の画像では、E.Guitarの左側のタブでStereo in とStereo Outが指定されてることがポイントです。
これは、Cubaseのオーディオ・コネクションと一致してなければなりません。

1906292

Cubaseのスタジオ設定を開き、VSTオーディオシステムをGeneric Low Latency ASIO Driverにします。
これは、パソコンで音を鳴らす場合です。
Zoomを指定すると、Zoom本体のヘッドホン出力から音がでます。
 
左側にコントロールパネルを開いて、出力ポートと入力ポートを設定します。
出力は、スピーカー、入力は、USB接続のZoom Recording Mixerにします。

この名称は、パソコンのサウンド設定と同じですので、次に確認します。

1906293

パソコンのタスクバーのスピーカマークを右クリックしてサウンドをクリックします。
こんな画面が表示されます。
録音がZoom Recording Mixerになってること、プロパティも開いて中を確認・調整します。

1906294

再生がスピーカーになってることを確認し、同様にプロパティも開いて確認・調整します。
こちらのWindows側の設定がまずくても、うまく音が出ないので困ります。(-_-;)

1906296

最後にZoom本体の設定です。
GLOBALメニューのレベルおよびUSBのGainを調整します。
録音レベルが小さいので、+6dBにしてみました。

この設定で、うまく録音ができました。
さて、冒頭に書きましたが、プチプチと雑音が出てしまう原因です。
ZoomG2Nuが古いせいかと思って、新製品を買おうかと思いましたが、別パソコンで試すと音は正常・・・。

そこで、パソコンのサウンド関連ドライバーをマザーボード提供のものに戻してみました。
Realtekのドライバは自分でよくアップデートしてたので、マザーとの相性が合わないのかもしれません。

結果、ドライバー削除、旧ドライバーのインストールで、ノイズがでなくなりました。(^^)/
デバイスマネージャーの状況を記録しておきます。ドライバーも保存しとかないと・・・。

1906295

やっと録音ができるようになったので、のんびりいろいろやってみます。(;^_^A

| | コメント (0)

kawaii服をつくってみた2

さて、前回記事のかわいい服ですが、整理してMD8からエクスポートしました。
どうもMD8から直エクスポートしたこの服のobjは、いろいろと問題があるようです。

DSにインポートしたブラウスは、うまくフィギュア化までできましたが、dForceのシミュレーションで消失!?
zbrushにインポートしてみると未使用の頂点があるので削除とかメッセージがでました。

そこで、modo701で、メッシュクリーンアップしてみました。
1906261

クリーンアップではこんなメッセージがでましたが、これをDSに持ち込むと、無事dForceが使えました。
こういう機能があるのと、フォールオフが使用できるので、modoは、なかなか手放せません。(;^_^A

そういえば、modo701は、確かWindows7までしかサポートがなかったはずでして・・・。
1906262

modo701を起動すると、メニューがLoadingのまま変わりません。(-_-;)
これは、F1キーで?を表示させると、直ります。

19062621

そろそろ本格的にmodoを更新しないといけなくなった気がします。
うーん、メンテナンス版でも軽く5万円超え・・。(-_-;)
いつのまにか20万円超えのソフトになってるし・・・。

1906263a

さて、DSのGOZでも、うまく表示され、使用できます。よかった。^^
ちなみに、各ソフトの非多様体サポートについては、調べ切れてません・・。(;^_^A

仮のテクスチャーを貼って、シミュレーションしてみました。
デザインなど調整してから、本格的に作成してみることにします。

1906264

Mayumiさんは、デフォで少し頭が大きいので、なんとか自然に着れてます。(笑
ソックス、靴、リボンは、G3FF Dressのものを使ってます。
そういえば、DAZ Studio4.11になって、Mayumiさんのプレビューでのテクスチャー表示が直りました。
よかった~。(^^)/

| | コメント (6)

kawaiiドレスをつくってみた

久しぶりにかわいい服を作ってみました。
DAZやRenderosityを探しても、なかなか見つからないし・・・。(;^_^A
ということで、マーベラスデザイナーで作ったドレスは、こんな感じです。

1906241a

フリフリです。(;^_^A
G8Fが着るより、TeenJosie8とか、Mika8やSakura8が着ると似合うのでしょうね。

1906242a

特にブラウスがフリフリでして、こんな感じです。
これでもかというくらいレースが付いてます。
マーベラスデザイナーでのシミュレーションは大丈夫としても、果たしてdForceで動くのかどうか・・・。(-_-;)

1906243a

マーベラスデザイナーのシミュレーション前は、こんな感じでして・・・・。
もう訳が分からん状態です。

これから整理してdForceで試してみます。(;^_^A

 

| | コメント (2)

iPhoneXRとかApple Musicとか

iClone7で、表情のモーションキャプチャー用に購入したiPhoneXR.
ネットで中古で購入したのですが、モーキャプはふつうに使えてました。
ところが、当初からなぜかFace IDが登録できずにいました。

OSのアップデートとかで直るかもと思い、放置しておりました。
この前、iOSがアップしたので、試してみたのですが、やっぱりFace IDが使えません。(-_-;)

どうやら保証期間中なので、街のiPhone修理屋さんに電話してみたら、そのトラブルは正規サービスプロバイダに行ったほうがよいといわれました。幸い、当地にも正規サービスプロバイダがあるので、Webで予約。

当日、時間待ちはあったものの、窓口の女性に丁寧な対応をしていただきました。(^^♪
ソフト的には全く問題ないのに、Face IDだけ使えないので、結局本体を交換していただきました。
中古で買ったのに、新品になってほんとにうれしい。(アップルさんに感謝です)

1906221

さて、iPhoneXRでも下手なノートパソコンより高額です。
もし、落としでもして割れてしまったら大変です。
ネットでいろいろ調べていたら、IJOYというケースとフィルムを発見しました。
なんと、車に踏まれても壊れない・・・って。www

ただでさえ大きめのiPhoneXRがますます大きく重くなって、スマートじゃないけど、背に腹はかえれません。

1906222

iPhoneの使い道で多いのが音楽を聴くことだそうで・・・。
今まではパソコンを使いながら、BGM替わりにYoutubeを聞いていたのですが・・・。
試しにApple Musicを登録してみました。(今は3か月無料)
 
いや、これ、素晴らしいですね。
聴きたかった懐かしい曲やアルバムが聞き放題・・・・。('◇')ゞ

Apple Musicだと、オフライン再生もできるし。
ちなみに無料のSpotifyも登録してみましたが、ここはオフライン再生は30日間の制限あり。

youtubeより音がずっといいし、最近増えた広告もないし、ほんとよいですね。
好きなボーカロイド曲やニコニコ動画関連の曲も結構充実してるみたいで。^^

 

| | コメント (0)

iClone7でハイファイレイヴァー

久しぶりに紳士向け(笑)の動画を作成して、ニコニコ動画にアップしました。
お題は、EasyPopさんのハイファイレイヴァー です。

1906201

この曲は、以前作成した動画「Girls」と姉妹?みたいな曲です。
96猫さんのボーカルバージョンをお借りいたしました。
MMDモーションは、何度か使わせていただいている神業師のような「アガちん」様です。
今回のダンスは、振付が「ちょいんたす」様、トレス元が「りりあ」様というように別になってます。
素晴らしいコンテンツに感謝です。
 
この曲がディスコっぽいイメージがあるので、背景セットは、icloneのマーケットプレイスでディスコセットを買いました。
Stage Equipmentという名前で、全景はこんな感じです。

19062011

本来は、iClone7プラグインの「PopcornFX Library 40」を使うと効果的なのですが、ちょっとお高いのでパスしました。(;^_^A
しかし、このセット、中央にあるDJブースが秀逸です。
このため、DJを一人配置しております。
 

iClone用の背景を使うと、軽いのがうれしいです。
DAZなどから新しいセットを持ち込むと、ポリゴン数が半端ないことが多いです。

1906202  

ニコニコ動画は、こちらです。一応R-18です。(;^_^A

| | コメント (2)

dForce G8FL Shirt for G8F リリースされました

本日、Renderosityにて dForce G8FL Shirt for G8F  が無事リリースされました。
うまくテストを通過して、よかったです^^

英語のリドミーの内容をメモしておきます。

■ この服は、Genesis8 Female 用です。
モーフ一覧以外のボディモーフは、オートフォローによるもので、期待された結果にならないかもしれません。

■ご注意
この服は、dForce専用です。dForceが使用できるパソコンで使ってください。

■インストール
zipファイルを解凍して、My Libraryまたは My DAZ 3D Libraryにコピーしてください。
DB Maintenance でRe-Importを選択して、G8FL Shirtのみにチェックして実行してください。
これで、Smart Contentに表示されるようになります。

■Tips または制限
dForceのシミュレーションでは、Animated を強く推奨します。
同梱しているシミュレーション例(Exsample)を参照してください。
ボタンは、布にペアレントされています。位置を個別に調整できます。
マテリアルの変更は、ボタンを個別に適用する必要があります。
基本的に、Smoothing Modifierは、使用しません。

ボタンは、7個あるんですが、インスタンスをあえて使用していません。
これは、iCloneなど外部ソフトにエクスポートする場合、インスタンスだとエクスポートされないためです。(;^_^A

G8F Lingerieや、G8F Suitのスカート、G8F Suit2のパンツを着用できます。
以下のフィットモーフを使用してください。

Fit_G8FL_Lingerie (G8FL Lingerie)
Fit_G8FST_Skirt (G8F Suit)
Fit_G8F_PantsLS (G8F Suit2

1906121

Kara8さん、せっかく買ってるので、使わないと・・・ww。
Renderosityのページは、こちらです。

 

| | コメント (0)

ロング・シャツをアップしました

本日、Renderosityに、ロング・シャツをアップいたしました。
うまく、テスティングを通過するとよいのですが・・・。

1906101

 

 

| | コメント (3)

«Vocaloid5でオフトゥン