2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

2021年9月22日 (水)

Shortsのシミュレーション

Twitterで話題となっていたShortsを脱ぐ方法です。

2109221_20210922194001

私の「dForce G8FL Lingerie」で、dForceを使って行うやり方です。

2109222_20210922194101

今回は、dForce Magnetを使用しています。
最初に、G8Fでポーズを作ります。スタート、中間(15フレーム)、最後(30フレーム)の3種類作りました。
続いて、上図のようにマグネットを3つ配置しました。
dForce Magnetは、Geometry Editorを使って配置します。

2109223_20210922194401

中間の15フレーム目では、マグネットをこのように動かしました。

2109224

最後の30フレーム目は、さらに下に動かしました。
このあたりは、シミュレーションやってみて、位置を調整する必要があります。

ちなみに、腕、指をシミュレーションに含めると爆発の原因になりますので、シミュレーションからはずしておきます。
あとから、シミュレーションに合わせて動かすとよいです。
スムーズに脱げない場合などは、SurfaceのFriction値を最低にしてみるのもよいですね。

また、このShortsのEdgeサーフェスには、「Contraction-Expansion Ratio」が設定してあり、Bodyを締め付けるようになってます。
スムーズに脱げない場合、この値を100%以上に変えてみるのもよい方法です。

最後にShortsのリボンは、追加すれば追随します。
dForceの場合、シミュレーション途中で体に食い込んだりすることもあり、アニメーションにあまり向いてないところもありますが、最終的なポーズのレンダリングでは、十分な結果を得ることができると思いますし、修正も簡単です。

8

 

iClone7でユニバース

iClone7で作成中だった、「ユニバース」を昨日、ニコニコ動画にアップしました。

「ユニバース」は、夏代孝明さんの曲で、元気いっぱいの曲です。
ニコニコ動画では、りんりんさんが振り付けを作られて、七河みこさんがダンスされてます。
MMDモーションは、これまでたくさんモーションを作られている、0729roboさんです。
今回も、リアル系キャラが踊っても違和感のない、神モーションとなってます。

2109221

使用したキャラは、Manamiさんで、ドレスは、tentmanさんの夏にぴったりの「dForce Fresh Summer Outfit」です。
前回記事では、iClone7のSmart Hairを使用していましたが、結局、Kinley Hairになりました。
Smart Hairは、とてもよいのですが、日本人顔だと、Kinley Hairに可愛さで負けてしまいますので。(^_^;)

iCloneでは、髪もドレスも物理シミュレーションで揺らすことができますが、破け、突き抜けの対応が結構大変です。
髪もドレスも基本的には、シミュレーションするウェイトマップを調整しますが、髪の場合は、モーフを作って突き抜けないようにしたり、ドレスの裾は、ウェイトの調整で回避したりしてます。

2109222

背景に使用したのは、ReallusionのMarketplaceで購入した、「Seaside Old World City」です。
少し古い製品なのでマテリアルの調整が必要ですが、とても軽くできています。

2109223

防波堤にManamiさんを配置して、撮影しています。
カメラは、上のように使い放題となってます。
各方向ごとに、全身撮影用とアップ撮影用のカメラをSwitchで切り替えてます。
この作業は、結構大変ですが、楽しくもあります。
もともとiCloneは、映画などのプレビジュアライゼーション用ソフトともいわれてます。

レンダリングは、iClone7のPBRリアルタイム・レンダリングです。
全体で16000フレーム(60fps)で、レンダリングは8000フレーム(30fps)あります。
リアルタイムレンダでも、3~4時間くらいかかってます。

全体が長いので、途中でレンダリングが止まったり、操作中にiCloneが落ちたりして、結構手間がかかりました。
短い動画では、多分問題は起こりそうもないですが・・・・。(-_-;)

ニコニコ動画にアップしたものは、こちらです。

 

 

2021年9月15日 (水)

iClone7 Hair Builderで、動画作成中

以前から気になってたiCloneのSmart Hairを導入しました。
Smart Hairは、これまでのiCloneの髪とは全く別次元のリアルな髪です。

中身は、眉毛、髪、髭の種類があります。
最低でも99ドルしますので、私は、Hair Builderのみ購入してみました。
Hair Builderは、Bang、Base、Side、backなどのパーツ分けがされており、それを組み合わせて髪型を作る製品です。
詳細は、こちらをみていただくとよいです。

iClone、つまり動画用に作られているため、軽くリアルタイム・シミュレーションができるところが特徴です。

2109150

こんな感じで髪型のバリエーションがあります。

2109151

現在作成中の動画のモデルは、Manamiさんで、tentmanさんのdForce Fresh Summer Outfitを使わせていただいてます。
爽やかなドレスですね~。(*^^*)

別の髪型だとこんな感じに・・・。

2109152

リアルタイム・レンダリングでここまでリアルな感じになります。

2109153

現在、iClone7で作成中の様子は、こちらです。
スカートとともに、髪が自然に揺れます。(^o^)

iClone7でこのように使えるということは、Unreal 4でも同様に可能ということです。
Unrealで使用するためには、Hair Builderのライセンスを、Exportライセンスにあげないとだめです。
とりあえず、iCloneのライセンスを購入してますが、使う機会があれば、ライセンスをあげようと思っています。(^^)

以前Unreal4を使ってみましたが、髪が綺麗にレンダされないため、使うのを止めてしまってました。
この髪だと、使ってみたいかも~。

2021年9月14日 (火)

Venus Smile for G81F がリリースされました

DAZにて、「Venus Smile for G81F」がリリースされました。

2109141

これは、「Venus Smile for G8F」が、Genesis 8.1になって、使えなくなったので、新たに作成したものです。
Genesis 8.1 Femaleは、Genesis8に比べると、デフォルトの笑顔もなかなかよいです。
このため、8.1版は作らなくても良いかと思っていたのですが、海外のユーザーさんから要望をいただいたので、作りました。

Victoria8.1などのGenesis8.1コアフィギュアで調整してますので、どちらかというと、海外ユーザー向けです。
表情は、Laugh、Smile、ToothSmileの3種類しかなくて、すみません。><
笑顔を修正するための8種類のモーフを装備してますので、笑顔の調整用として使用してください。
Genesis8.1でなくなってしまったえくぼモーフ(Dimples)も、完璧とはいえませんが、つけました。(^_^;)

ちなみに、Genesis8.1にGenesis8キャラを適用した場合にも、ある程度使用できるように調整してます。
プロモの最後に4人のキャラが写ってますが、Genesis8.1にGenesis8キャラを適用したものです。

残念なことに、ManamiさんをGenesis8.1にして笑わせると、どういうわけか、頬が膨らみすぎになってしまいます。
このような場合、追加モーフで頬を小さくすることが可能になってます。

 

2021年9月 7日 (火)

AciciaちゃんとGu Yuさん

DAZからAciciaちゃんをお迎えしました。

名前の由来を調べたんですが、わかりませんでした。
見た目と付属の小道具や耳、しっぽからして、狐のお嬢さんのようです。
なぜか死神のような鎌を持っていらっしゃいます。

2109061

思ったより、お顔が丸いですね~。(*^^*)
Manami Hairのシルバーで付属のお耳の色が近いです。
お口が小さいので、大きく笑うのは難しそうです。
お口をあけると、犬歯が見えます。

2109062

こちらは、Gu Yuさんです。
がんばって笑っていただきました。
Gu Yuさんは、歯茎の血行が良すぎるので(笑)、少し色を調整させていただきました。

Crocodile Liuさんのキャラとか髪、服、お世話になっております。(^^)

2021年9月 5日 (日)

「DAZ Studio Filamentを使ってみました」解説

Youtubeの動画のコメントで、リクエストがありました。
「DAZ Studio Filamentを使ってみました」の解説を記事にします。

この動画は、DAZ StudioにFilamentが実装されてすぐに作成しました。
このため、現在と少し変わっているかもしれませんし、設定値などは、自己流です。
ちなみに、DAZの製品で、こういうものもありますので、ご参考にしてください。

2109051

最初にHDRIライティングの主な設定です。
Environment Mapは、sIBL Archive - HDR Labs Tropical Beach を使用しています。

Environment Scene:Dome and Scene
Dome Mode:Finite Sphere
Draw Dome:On

2109052

Tonemapper Optionの設定です。

Exposure Value:14.10
これは、HDRIが明るすぎるからですが、Filament Draw OptionのEnvironment Intensity Scaleで調整する方がよいかもです。

2109053

次に髪の設定です。
髪は、Kinley Hairを着用して、色はBlackを適用しました
Filamentでは、透過マップを使用した髪が透けてしまうという問題があります。
このため、黒などの濃い色に変更して、反射を抑えて使用しました。
他の方法としては、透過マップを使用しないStrand-Based Hairなどを使う方法もあります。

Base Color:0.45 0.45 0.45
Glossy Layerd Weight:0.00
Top Coat Weight:0.00

2109054

LineaPointLightを追加して使用しました。
デフォルトでは光量が足りないので、大幅に上げます。

Luminous Flex(Lumen):150000

2109055

使用したアニメーションは、DAZ Studioに同梱されている「idle dance in place-g8f」です。
このアニメーションは、animateの形式ですので、animateタブに追加して、Bake to Studio KeyframesでTimelineにベイクします。
私の場合、有料のaniMate2なので、見た目が少し違うかもです。

2109056

胸を揺らすには、3D Universe の Spring Dynamics を使いました。
G8FのLeftおよびRight Pectoralを選択して、このようにApply Efectします。

2109057

Kinley Hairは、dForce シミュレーションで動かしています。
矢印から Create>New dForce Modifier Weight nodeで、Influence Weightsを追加します。
デフォルトでは、前髪あたりが揺れすぎるので、上のように青い範囲を増やしました。

以上、動画の解説でした。(^^)
Filamentは、髪の問題さえ解決できれば、リアルタイムプレビューとしては、かなり良いです。
どちらかというとリアル系なレンダリングですね。

えーと、DAZ Studioでもし、セル画を作るとしたら、こちらの過去記事が参考になるかもしれません。

2021年9月 3日 (金)

Manami Hair のAddon5を作りました

dForce Hairのモーフ作りに、Blenderが使用できることがわかったので、モーフの修正と、アジャスト・モーフを作成しました。
髪職人さんのヘアに比べると、まだまだモーフの種類が少ないですが、使っていただければと思います。(^_^;)

2109031a

Manamiさんで撮影しました。追加したBackWideモーフを適用した例です。

Addon5は、これまで配布した1~4のすべてを含んでおり、一部アップデートしております。
上書きインストールしてください。

ダウンロードは、こちらです。

 

2021年8月27日 (金)

Manami Hair のAddon4を作りました

Manami Hairは、慣れないStrand-Based Hairで作成したヘアで、拙いところがありますが、たくさん使ってもらえました。
ということで、感謝を込めまして、Addon4を作成しましたので、ぜひ使ってくださいませ。

Addon4は、これまでのAddonを一部アップデートして、まとめたものです。
すべて上書きしてください。

2108271

こちらは、Mintちゃんに使ってみたサンプルです。

dForce Hairは、おおまかな形を作れば、あとはシミュレーションでなんとかなると思ってました。
しかし、実際使用する場合、ヘアスタイルをある程度保った上でのシミュレーションになるので、Addon4で気になってたヘアスタイル(モーフ)の形状を見直しました。
モーフの作成は、Strand-Based Hairの状態で、コームブラシで作成しているため、思うように変形するのが難しいところがあります。

modoなどの、モデラーの変形ツールが使えるといいのにと思っておりましたが、modo701、Mayaではうまく読み込めませんでした。
というのも、モーフターゲット作成は、DAZ StudioでPolylineをエクスポートして、それを加工する必要があるためです。
Polylineの書き出しは、Tool SettingでGeometry Editorとし、エクスポートオプションでPolylineにチェック、objで書き出します。

これまでPolylineの読み込みは、dejimuさんがHoudiniと3dsMaxで確認されてます。
Polylineって、CADで使用されるらしく、3dsMaxって、CADに強いらしいですね。

で、あきらめかけてましたが、実はBlenderで読み込めることがわかりました。
困ったときのBlenderです。すごいなあ・・・。

2108272

頂点編集、プロポーショナル編集も自由自在です。!(^^)!

ということで、Addon4は、こちらです。

2021年8月21日 (土)

Manami Hair のAddon3の使用例

本日追加したAddon3のStyle09の使用例を書いておきます。
このスタイルは、髪の下半分をカールさせるものですが、少しパラメータをいじると効果的です。
こちらが作例になります。

2108213

Styleモーフの設定値は、以下のとおりです。

Brow01:13%(シミュレーション後に調整)
Bang01:91%
Style02:100%
Style09:100%

Surfaceのパラメータの設定は、こちらになります。

2108214

Angle の設定値を5%に上げることで、カールをふんわりさせています。
髪を自然になじませるため、軽くシミュレーションをかけるとよいですね。

さてと、このキャラは、どこかで見たような人が多いと思います。
このキャラは、RenderosityのSangriartさんの作品で、Osuine for Genesis 8 Female です。
ドクター・フーのクララ・オズワルド役でお馴染み、イギリスの女優さん、ジェナ・ルイーズ・コールマンさんがモデルだそうです。

実は、DAZのプロモでお気に入りのモデルがあり、ずっと探してたんですが、このモデルさんだとわかり、最近購入しました。
例えば、dForce Neroli Hair のモデルを再現すると、このとおりです。

2108215

Skinテクスチャーが、とても美しいので、外人さん好きの方には、オススメです。(*^^*)

Manami Hairのアドオン追加

Manami Hairに2つのスタイルを追加しました。
いろいろと試してみてるので、何度も何度も追加して、申し訳ございません。

2108211

Style08です。全般的に後ろに髪を移動して、少し耳が見えるスタイルです。

2108212

Style09は、髪の下半分にカールをつけたものです。
月川さんのコメントで、カールをつけれるとよいなということで、やってみました。

やってみたものの、カールをつける場合、髪の太さは今よりも細いほうが効果的な気がします。

ということで、Addon3は、こちらです。

«dForce Hairのシミュレーションについて