2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

レースクイーン用の服 その2

MD6で作成した衣装を、DAZ Studioでフィギュア化しました。

現在、服のデザインを考えています。
仮に、V4RQ2 outfitの時のように、ラインなどを入れたり、文字を追加しています。
 
マテリアルについては、従来のような球体マップではなく、irayの設定でやってみました。
せっかくなので、カオスさんのボンドカーをお借りして、テストレンダしました。
 
このボンドカー、素晴らしい出来ですね。(感謝)
マテリアルも完璧なので、大変うれしいです。happy01
 
ブーツについては、まだ、皺を入れてないため、のっぺりしております。coldsweats01
 
20170328
 
TOYOTA 2000GT by Kaos
Mayu2 for G3F by kobamax
SapphireFoxHair by Quaker
 
Iray:Dome Only
Environment Map:DTHDR-RuinsB-500.hdr
Drow Dome:On
 

Marvelous Designer 6 を使いました

昨年暮れに、Marvelous Designer 6 のアップグレードのご案内が来ました。

私は、これまで、MD4を使っていたのですが、そろそろアップグレード対象からはずれること、お値段がお安くなっていたことから、アップグレードしておきました。
私の場合は、MARVELOUS DESIGNER6 PERSONAL UPGRADE つまり、買い切りです。
 
ボタン付など、いろいろ進化してました。
もはや、3DCGの服を作るデファクト・スタンダードになってるように思います。happy01
 
201703221
 
早速、一着作ってみたのは、レースクイーン用衣装です。coldsweats01
MD6で、特にお気に入りの新機能は、Steam と、Solidifyです。
 
Steamは、3D上で、アイロンがかけられる機能です。
パラメータの設定により、皺を伸ばしたり、逆に縮めて。皺しわにする機能です。
これまでのMDでは、皺のコントロールが難しかったのですが、MD6では、リアルさながらにアイロンで皺を調整できるようになりました。
ジャパネットで、シャツにスチームアイロンをかける様子を再現できそう・・。coldsweats01
 
もう一つは、Solidifyです。
BlenderのSolidifyは厚みをつける機能ですが、MD6では、「固める」機能です。
つまり、布をつまんで皺をつけ、その皺の形状を固めることができます。
 
自然な皺をつけるのは、なかなか難しいので、これは大変うれしい機能です。
この機能を使って、ジャケットの腕の皺をつけてみました。
 
あと、インナーとスカートをMD6で作成し、ブーツは、V4RQ2のものをG3F用にリメイクして、こんな感じになりました。
 
201703222
 
作成を続けてみます。confident

March Madness で買ったもの

次第に暖かくなってきましたね。

今日は、DAZのMarch Madness で買ったもののお話です。
 
最初は、Yumi Hair for G3Fです。
見て、ぱっと思ったのが、これ、「Yayoi Hair?うっうー!」です。coldsweats01
少し髪型は違うけど、なかなか近いし、セールだったので、ついついぽちってしまいました。
Mayu2さんにJosie7 Headを20%注入して絵をつくりました。
テール部分は大きくなります。いいかも~。happy01
 
201703211
 
Character : Mayu2 for G3F(kobamax) + Josie7
Hair : Yumi Hair for G3F (DAZ)
Rayn Hi-Tops(DAZ)
Kawaii Poses for G3F(kobamax)
 
もう1点は、セールになるのを待って購入したKenji 7 です。
ホワイトデー用にイメージを作ったのですが、Kenji 7用の髪のセールを待ってて、結局そのままになってたものです。
ちなみに、Michael 7、モーフは買っていません。
Kenji 7 そのままです。
多分、相方としてはAiko 7 なのでしょうが、日本の少年ぽいです。confident
服や髪は持ってないので、Genesis2用のフリーで代用しています。
 
201703212
 
Character : Kenji 7 (DAZ)
Hair : Zac Hair (DAZ)
Clothes : Newport Outfit for G2(DAZ)
Prop :Christmas Presents (TurForm)
 
Character : Mayu2 for G3F (kobamax)
Radiant Jaguar Hair (DAZ)
Clothes : H&C Japanese School Uniform B (DAZ)
 

Mayu2で水着ポートレート

Mayu2を使って、簡単な水着ポートレートを作成しました。

201703111
 
最初に、Genesis3 Femaleを読み込んで、Mayu2のShapeを適用します。
続いてマテリアルは、Iray用のMATを適用します。
Mayu2は、黒髪で黒い眉毛がデフォルトですが、今回は、QuakerさんのSapphireFoxHair(茶髪w)を使用しますので、Mayu2のMakeup0Bを適用して眉毛をBrownに変更します。
Mayu2は、他にメイクアップやLipカラーがありますが、基本すっぴん推奨です。coldsweats01
 
SapphireFoxHairは、今はもう購入できないのかも・・・。coldsweats02
Victoria3時代の髪(小道具扱い)なので、位置調整が必要です。
YTrans 3.97 ZTrans 0.97にセットしました。
 
続いて髪をIray用のマテリアルに変更します。
手順については、以前の記事をご覧ください。
この髪は、あまりスカスカにならないので、Cutout Opacityは、1.20を設定しました。
 
水着は、プロモでも使用しているHongyuさんのビキニを着用しました。
Mayu2のBodyは、Nipple100%になっているため、0%に変更しています。
 
201703112
 
ポーズは、Kawaii Poses for G3Fから、「KW17R」 を適用しました。
カメラをぐりぐり回して、適当なアングルにします。
それから、ライティング調整用に「Light Probe Tool」を読み込んでいます。
このツールはDAZで無料で配布されているもので、便利です。
操・活・解で使い方を詳しく解説されています。happy01
今回は、「LightProbeTool Default Environment」に表示されてるHDRIを使います。
 
201703113
 
このポーズでは髪が、肩に食い込んでいるので、モーフで調整します。
表情は、Mayu2付属の「Mayu2 Laugh2」を適用しました。
それから、カメラ目線に修正・・・。confident
 
カメラを新規に作成します。
Copy Active Viewで作成すると、現在のカメラの設定を引き継げます。
ポートレートということで、カメラのFocal Lengthを100mmにしました。
 
201703114
 
レンダリング設定は、デフォルトでDome Onlyです。
Environment Mapには、DAZ付属のDTHDR-RuinsB-500.hdrを設定しています。
Drow Dome は、「On」です。
 
このレンダリング結果では、光源の位置が悪く、Mayu2の顔やBodyが影になってます。
見栄えがよくないので、Domeを回して調整します。
 
201703115  
 
LightProbeTool Default Environmentを選択し、パラメータタブのY Rotateの数値を変えて、球に表示されている画像を見ながら、Mayu2の右正面に光源が来るように調整します。
 
そのY Rotate数値を、レンダリング設定の「Dome Orientation Y」に入力します。
これで、Nvidia Irayでプレビューすると、こんな感じになります。delicious
このツールを非表示にして、本番レンダリングすれば完成です。
 
201703116
 
ちなみに、Sun-Sky Onlyを使う場合は、例えば、「Dome Orientation Y」の設定はこのままで、SS Dayを2016/08/10 SS Timeを10:00にすると、こんな風になります。wink
日や時刻の設定をいろいろ変えてみると、面白いですね。confident
 
今回の本番レンダリングはこちらです。
ぼけぼけの背景がスタジオ風味です。coldsweats01
解像度は1200pix ×1200pixです。
最初に、Dome Onlyです。
 
201703117
 
次にSun-Sky Onlyです。
背景には、いつもの「ぱくたそ」さんの画像をお借りして、合成してみました。
 
201703118
 
いささか季節感が・・・・。ま、いっか。coldsweats01

Mayu2 for G3F リリースされました

昨晩、Mayu2 for G3FがRenderosityにてリリースされました。

途中、Shapeを手直ししたこともあり、随分、長くかかり、すみませんでした。
すでに入手された方もいらっしゃるようで、ありがとうございます。
 
リドミの内容を補足しておきます。
 
■Mayu2は、Mayu for V4のテクスチャーベースのGenesis3 Femaleキャラクターです。
 
眉毛やメイクなど一部のテクスチャーは、手直しがしてあります。
MamiさんやMiu2に比べると、一番色白です。coldsweats01

お顔のShapeは、ベースフィギュアの違いもあり、あまり似てないです。coldsweats01
例によって、かなりの丸顔なので、お好みでお顔をほっそりしていただくとよいかもです。
プロモの髪は、QuakerさんのRadiant Jaguer を使用しています。
Body Shapeも、少しふっくらしてるので、お好みで調整してください。
 
■お顔にMami for V7と同じカスタムモーフを使用しています。
 
■UVセットは、Genesis3 Female用を使っています。
 
■必要なファイルは以下のとおりです。
 Genesis 3 Female(DAZ)
 Genesis 3 Female Head Morphs(DAZ)
 Genesis 3 Female Body Morphs(DAZ)
 
■Genitaria用マテリアルは、Victoria7 Pro Bundle付属のGenitaria用です。
 
■MakeUp0は、ノーメイクアップです。
 
■お顔のテクスチャーには、眉毛なしのものが同梱されていますので、お好みでお使いください。テククチャーの名前に"NE"とついたものが、眉毛なしです。
 
■4種類の表情データのため、以下のPose Controlを追加しています。
 Lips Square
 Lips Thin
 
■お顔を小顔にしているため、Headのスケールを3%ほど大きくし、かつ首の長さを細く、短くしてあります。お好みで調整してください。
 
Renderosityのページはこちらです。
 
201703071

Mayu2 for G3F もうしばらく

先日、RenderosityにアップしたMayu2ですが、BodyにSeamが見つかったり、Shapeを修正したりで、もうしばらくかかりそうです。申し訳ありません。bearing
うまくいけば、今週末には間に合うかなあ・・・。
 
3月に入り、DAZでは恒例のMarch Madnessが開催されてますね。
絵を作るのに、男性フィギュアがちょっとほしいのですが・・・。
お気に入りのKenjiさんがなかなかセールになりません。happy02
 
フリービーのバス停があったので、Mayu2でイメージを作りました。
カメラを4種類用意しました。
 
201703021
 
iRayの設定は、Sun Sky Only。
日付を今日、時刻を12時に設定しているだけです。
Sun Sky Onlyは、外での撮影に重宝しますね。
 
201703022
 
衣装は、G3F suitと、G3FU outfitと、H&C Japanese School Uniformです。
ベンチには、いつものniseisyaさんのスクールバッグ。(感謝)
 
201703023
 
ポーズは、Kawaii poses for G3Fです。
Mayu2さんには、少し笑っていただきました。
JKという設定なので、身長(Height)を50%低くしています。
 
201703024
 
顔のShapeを少し調整したので、ちょっとべっぴん?になったかも・・・。coldsweats01
うまくテスティング通過してくれるとよいのですが・・・・。

Extended Licence リリースされました

先日ご依頼のあった、Extended Licenceの件ですが、リリースされましたのでお知らせします。

お値段は、Renderosityの方で決められているようです。
通常のMiu2 for G2Fのトップページから、Extended Licenceをクリックで表示されます。
 
こちらになります。happy01

Mayu2 for G3F アップしました

Mayu2 for G3Fを、Renderosityにアップしました。

うまくテスティングを通過してくれると、よいのですが・・・。

もともとのMayuは、Quarkerさんの黒髪Radiant Jaguar Hair がメインイメージだったので、今回もそれを引き継いでいます。このため、眉毛は、BlackとBrownの2種類が入っています。(眉毛なしテクスチャーも入れました)
 
表情は、Smile2種類、Laugh2種類入れてます。
HDRIでテストレンダしてみました。
 
201702211
 
HDRIは、こちらで日本的な風景もあってうれしいフリーデータです。
レンダー設定はシンプルです。
 
解像度 1600×1200
Tone Mapping
Exposure Value 12.00
 
Environment
Dome Only
Dome Mode Finite Sphere
Draw Dome On
Environment Map: hd012.hdr
Dome Scale Multiplier  3.00
 
レンダリングした結果、キャラの右ほおにノイズが残りましたので、GIMP2のプラグインGREYCstorationで、ノイズを減らし、800×600ピクセルに縮小しています。
あと、GIMP2で若干レベルを補正しています。
 
201702212
 
V4キャラのMayuには、あまり似てないですね・・・・coldsweats01

Renderosity Extended Licenceについて

コメントをいただきましたので、RenderosityのExtended Licenceについて、調べてみました。

Renderosityには、通常のStandard Licenceに加えて、Extended Licenceがあります。
それぞれの内容については、英文ですが、Linkを参照してください。
Google翻訳を使うと、わかりやすく翻訳してくれるようです。(すごい・・・)
 
Standard Licenceで使用できることは、このようになってます。(抜粋)
 
「購入者は、本製品をレンダリングされたイメージの形で個人的または商業的に使用することができ、購入者はライセンスの他の条件に違反していません。バイヤーの使用例としては、広告、レンダリング画像、マーケティング資料、ウェブサイト画像、アイコン、ロゴ、電子出版物、イラスト、アニメーション、グリーティングカード、ステッカー、マウスパッド、コーヒーマグ、Tシャツ、ゲーム用2Dレンダリング画像または背景。」
 
これに対して、Extended Licenceは、こちら。(抜粋)
 
「購入者は、本製品をレンダリングされたイメージの形で個人的または商業的に使用することができ、購入者はライセンスの他の条件に違反していません。バイヤーの使用例としては、広告、レンダリング画像、マーケティング資料、ウェブサイト、アイコン、ロゴ、電子出版物、イラスト、アニメーション、グリーティングカード、ステッカー、マウスパッド、コーヒーマグ、Tシャツ、バックグラウンド、リアルタイムレンダリングでの3Dゲーム、または仮想世界(Second Lifeを除いて、または所有権を移譲してアップロードしたファイルがある場所)
 
VRなどリアルタイムレンダリングでの3Dゲームでは、Extended Licenceが必要ということなんですね。
また、仮想世界では、Second Lifeは使用できないことになってるようです。
 
Extended Licenceが必要な場合には、RenderosityのExtended Licenceのマーケット の製品を購入するか、もし、そこにない場合、Renderosityスタッフ(license@renderosity.com)に連絡くださいと、ありました。
 
いよいよVR時代に突入してきたようで、私もいろいろ勉強しないといけませんね。
iCloneでもVRコンテンツが作成可能ということもあり、ひとつVR購入してみたいです。confident 
 
 
 
先日コメントいただきました、ぴっぴさん、私の方でRenderosityスタッフに申請してみますので、必要な製品名をコメントでお知らせください。happy01
私のメールアドレスをご存じでしたら、そちらに送っていただいても結構です。
あるいは、Renderosityのアカウントでサイトメールを送ってください。happy01 

Mayu2の表情

Mayu2で、表情を作っています。

特に重視してるのが、SmileLaughです。というか、これしか考えてないんですが・・・。
 
V4の時代から、一番難しい表情が、SmileとくにLaughでした。
Smileはまだしも、口を開けて笑うLaughを自然に見せるのは、難関・・・。bearing
これまで、一番自然なLaughができたのは、Miki3かなあ・・・。
 
Genesis3になって、表情モーフは、かなり進歩しているように思います。
また、irayのおかげで、笑顔のほうれい線が、自然にレンダリングできるようになったことも大きいです。
Genesis3 Femaleのお顔のPose Controlは、100以上あり、細かい調整ができるようになってます。
 
最初にSmileは、こんな感じに・・・・。
口角を上げて、口を横に広げ、Eyelids Lowerを上げる感じです。
Genesis3 デフォルトのSmileだけでは、不気味なので、いろいろブレンドしています。
このあたりは、キャラの特徴に応じて、ブレンドするしかないかも・・・。
 
201702131
 
次に、難関のLaughは、こんな感じになりました。
これもデフォルトのMouth Smile Openだけでは、コワイです。shock
やはり今までのフィギュアで一番自然な感じかも・・・・。confident
 
2017021342
 
背景は、いつものぱくたそさんからお借りしました。

«Mayu2その後