2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Genesis用の服を作る2 | トップページ | Genesis用の服を作る4 »

Genesis用の服を作る3

さて、今回は、DAZ Studio4の目玉機能でもある、Weight Map Brush を使ってみます。

まず、前回までに作成したセーターですが、少し元オブジェクトを修正し、再度、Transfer Utilityで、変換しました。

201109281_3

ハンドマークのところが、少し気になる凹みです。
ここで、Weight Map Brushを起動します。

201109282_2

画面左側に、Tool Settings タブを追加します。
ペイントするのは、Right Shoulder のZ Rotationです。
左右対称モードで作業しますので、Use Symmetry XAxisにチェックを入れます。

この凹みは、Weightが重過ぎるためと考えられます。
したがって、Altキーを押しながらドラッグしてWeightを少しremoveします。
(Altキーが判明するのに、相当時間がかかりました。涙)

大胆にペイントすると、Genesisを元に作成したWeightを壊してしまうので、低めの感度で、控えめに修正します。

201109283_2

これで、凹みが緩和されました。
実際やってみると、Genesisから変換したWeight Mapを大幅に修正するのは、困難でした。
したがって、若干修正するという使い方になると思われます。(汗
なお、当然ながら、新フィギュアは、一からWeight mapを作成することになります。

最後に、確認レンダリングです。
セーターの脇の下もすっきりしたように思います。^^
Smoothing Modifierを適用しています。

201109284_2

今回、参考にしたドキュメントはこちらです。

http://wiki.daz3d.com/doku.php/wiki/software/dazstudio/4/userguide/plugins/cct/tutorials/weight_map_brush/start

http://www.youtube.com/watch?v=8cV3VaC7eIs&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=k52wwyv234U&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=rIIM1oAan7o&feature=relmfu

« Genesis用の服を作る2 | トップページ | Genesis用の服を作る4 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/52852692

この記事へのトラックバック一覧です: Genesis用の服を作る3:

« Genesis用の服を作る2 | トップページ | Genesis用の服を作る4 »