2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Genesis用の服を作る9 | トップページ | Genesis用の服を作る11 »

Genesis用の服を作る10

今回は、V4とMiki3用に配布している水着をV5/Genesis用にリメイクしました。
それに合わせて、配布パッケージを作ってみました。

まず、水着ですが今回は、背中のリボン結びをボーンで動かすようにしました。

201110311

やり方については、このビデオが参考になると思います。

水着は次のようにコンテント・ライブラリに保存しました。
My Library>People>Genesis>Clothing>kobamax>V5 swimwearV>Matsです。

201110312

さて、この登録をすると、My Libraryに、次のように格納されます。
コンテント・ライブラリーどおりの階層になっています。

201110313_2

上図にあるdsfファイルのサイズは小さなもので、OBJデータ関連は、次のように、dataフォルダの下に格納されています。

201110314_2

上図のように、Morphデータと、UVデータが別々に格納されているようです。
また、置き換えた2つのFBMもMorphsフォルダに格納されてました。
Genesisが、自動生成されるMorphの置き換えが簡単なこと、マルチUVが可能なことも、この格納方法が関係するのかもしれません。^^
また、dataフォルダ配下のデータは、コンテント・ライブラリーでdsfファイルを削除しても、連動して削除されません。
PoserのGeometoriesと同様、手動で削除することが必要です。

ちなみに、今回の水着で置き換えたFBMは、この2つだけです。
本来なら、Victoria5 Supermodelについてもつくるべきでしょう。(汗

次にテクスチャーデータなのですが、従来どおりRuntimeフォルダに置きます。
こうしておけば、Poserとも共用できるというわけですね。^^

201110315

dsfファイルは、テキストエディタなどで開けます。
開いてみると、dataフォルダやRuntimeなど、Pathを指定しているのがわかります。^^

それから、メタ・データは、Runtime>Suportにあります。

201110316

これらのデータをパッケージにすれば、配布ファイルができますね。^^

インストールは、My Libraryに階層どおり配置するとよいでしょう。
ただし、メタデータのインストールについては、次のようにインポート操作が必要になります。

次のように、Content DB Maintenanceを起動します。

201110317

表示されるダイアログで、Re-Import Metadata にチェックを入れてAcceptをクリックします。

201110318

次の表示で、該当のメタデータを指定してAcceptをクリックします。

201110319

これで、メタデータがインポートされます。
なお、上図では、他のプロダクトのチェックをはずしていますが、全部再インポートでも問題ないとのことです。

メタデータの再利用については、kotozoneさんが詳細に解説されています。(感謝

こちらが使用イメージです。^^

2011103110a_2

ダウンロードはこちらから。^^

zipファイルを解凍して、DAZ Studio4のMy Libraryにコピーしてください。
Windowsは上書き、MACは個別に置いてください。
MACについても、動作確認できました。

使用の際には、Smoothing Modifier の活用を推奨します。(汗

2011/11/2 ダウンロードをアップデートしました。
メタデータを修正しています。^^

« Genesis用の服を作る9 | トップページ | Genesis用の服を作る11 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

ダウンロードさせていただきました。
動作も問題なく、Smoothing Modifierを適用すればV5のNGM?にさえもフィットさせることができました。Stringボーンも正常に動いています。
高クオリティなアイテムを配布してくださってありがとうございます。

水着にCompatibility BaseとSceneIDを設定し、水着のマテリアルのCompatibilityを水着に設定してやれば、さらにSmart Contentタブが便利になると思います。
DAZ製品をインストールした場合に自動でメタデータを読み込むウィンドウが出てくるのは、インストーラに秘密があるのでしょうかねえ。

Kotozoneさん、こんばんは。
もらっていただき、ありがとうございます。^^
おかげさまで、なんとか配布までこぎつけました。それにしても、Smoothing Modifierは強力でした。^^

水着へのCompatibility Base登録は、気がつきませんでした。目からウロコです。勉強してみます。^^

DAZ製品のインストーラーは、操作が簡単で羨ましい限りです。
配布用に、公開していただけるといいんですけどね。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/53127168

この記事へのトラックバック一覧です: Genesis用の服を作る10:

« Genesis用の服を作る9 | トップページ | Genesis用の服を作る11 »