2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Genesis用の服を作る8 | トップページ | Genesis用の服を作る10 »

Genesis用の服を作る9

おおむね、Genesis用の服ができてきましたので、今回は、パッケージングに必要なメタデータのお話です。

まず、服のフォルダ階層をどうするかですが、以下のような構成にしました。
先日買ったV5用服に習って、考えてみたものです。

My Library>People>Genesis>Clothing>kobamax>GH_skirt>Mats です。^^

201110291

各データは、DAZ Studio4の拡張子dsfデータです。
91×91のpngのサムネイルを用意して、同じフォルダに置きます。
Poserと同様、透過設定にしています。

DS4では、各データについて、データベースの登録を行う必要があります。
フォルダを指定して、Content DB Editorを起動します。

201110292

登録項目のうち、Categories、Type、Audience、Compatibilityくらいを登録するといいようです。
Compatibilityには、たとえば対応フィギュアを登録します。
カテゴリーには、Wardrobe/Dressesを登録しました。
カテゴリーを登録すると、以下のように表示されます。
いろんな製品を組み合わせて使いたい時に便利ですね。^^

201110293

さらに、Productの登録をします。
服のフォルダを指定して右クリックし、Create a Productを選択して、製品名を入力し、Content DB Editorで登録します。
ライブラリーでは、次のように表示されます。

201110294

この登録により、My Library/Runtime/Support/に製品名のdsx、dsaファイルができます。
同じ名前の110×143のサムネイルを用意して、同じ場所に置きます。
これで、Smart Contentタブに製品が表示されました。^^

201110295

メタデータの登録についても、Kotozoneさんが詳しく解説されていますので、ご参照ください。^^
実際やってみると、慣れないせいもあり、相当時間を要しました。(苦笑

« Genesis用の服を作る8 | トップページ | Genesis用の服を作る10 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/53115070

この記事へのトラックバック一覧です: Genesis用の服を作る9:

« Genesis用の服を作る8 | トップページ | Genesis用の服を作る10 »