2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Miki4のツールを配布します | トップページ | Renderosityのカテゴリ »

V4DC casual for V4A4 リリースされました

昨日、Renderosityで、V4DC casual for V4A4 が無事にリリースされました。happy01
初めてノダイナミッククロス主体でしたが、うまく、テスティングを通過できたようで、よかったです。

例によりまして、補足を書いておきます。

この服はV4A4用です。

■内容
シャツ(ダイナミッククロス)
パンツ(ダイナミッククロス)
パンツ(コンフォームフィギュア)

シャツは、前開き2種類、フルオープン1種類の3種類入っています。
パンツはダイナミッククロスとコンフォームフィギュアの2種類です。
違いは、コンフォームパンツでは、ポケットや前が開くMTが入ってます。

■注意
コンフォームフィギュアについては、Magnetize Clothingを適用してください。

■必要環境
Poser6以上ですが、パンツにノーマルマップを使用しているため、Poser8以上がお勧めです。
なお、クロスシミュレーション例をPDFにて同梱しているので、Acrobat Readerが必要です。

■使い方および制限

FireFlyレンダーを使用してください。
布の厚みを表現するのにディスプレイスメントマップを使用しています。
ディスプレイスメントマップとスムースポリゴンをONにしてください。

-コンフォームフィギュアについて

FBMとPBMは、フィギュアのMTに連動しません。
Bodyのダイヤルを使用してください。
JCMを有効にするため、パンツをロードする前にフィギュアを選択しておいてください。

パンツが破ける場合、以下のアジャストMTを試してください。
AdjustThighInsideR/L
AdjustThighFrontR/L
AdjustSinInsideR/LL

V4を座らせる場合、ダイナミッククロスのパンツでは、きれいに座ることが難しいです。
コンフォームフィギュアの方がよいと思います。

-ダイナミッククロスについて

V4 Generalposes V4 Arms Raised 01のような両腕を高く上げるポーズでは、良い結果が得られません。
いろいろやってみたのですが、カジュアルタイプで襟が開いているせいか、どうしても首周りがごちゃごちゃになるようです。crying

ダイナミッククロスは、V4にペアレントされます。
ロードする前にV4を選択しておいてください。
ダイナミッククロスでは、ポリゴンの裏が黒くレンダリングされます。
このため、マテリアルルームのNormal Forwardにチェックを入れてください。(デフォルトでチェックが入ります)

-ダイナミッククロスのシミュレーション例

付属のPDFをご覧ください。
シャツとパンツのシミュレーション、Aiko4での使用例、インナー着用例を同梱してます。

クロスシミュレーションの時間ですが、私の環境でおおむね以下のとおりです。

■シミュレーション時間
パンツのシミュレーション1分弱
シャツのシミュレーションで5分弱

■シミュレーション方法
・ドレーピングなし
・アニメーション 20フレーム
・15フレーム目にV4 General Poses  V4 Walking 01ポーズ

■パソコン環境
・Windows7 64bit
・Poser8
・AMD PhenomⅡX4 940BE(クワッドコア)
・Memory 8GB

■ポリゴン数
・シャツ 約 14,700ポリゴン
・パンツ 約 7,800ポリゴン

レンダロのページはこちらです。

20121109

« Miki4のツールを配布します | トップページ | Renderosityのカテゴリ »

POSER 服」カテゴリの記事

コメント

V4DC casual for V4A4を、早速試してみました。
ところがダイナミッククロスのshirt openだけ、
クロスルームでシミュレーションに入る直前に、
必ず落ちてしまいます。どんなポーズでも同じです。
良くできた服なので、何とか動くようにしたいのです。

Victoria4.2
Poser9J SR2
WindowsXP SR3
Lenovo ThinkStation E20

mascon さん、こんにちは。
ご購入ありがとうございます。
うまく動かないということで、申し訳ありません。

当方では、

PoserPro2012 SR3.1(Windows7 64bit)、
Poser8(Windows7 64bit)、
Poser7(MAC)、
Poser6(Windows7 64bit)

で動作を確認しているのですが、いずれも英語版なので、残念ですが厳密に再現してみることができません。

オープンのシャツだけというところが、おかしい現象ですね。

ただ、以前テストをしていて気になったことがあります。
それは、ボタンをソフトグループに設定後、リジッドグループに再設定した場合に、シミュレーションが落ちたことがあります。

ひょっとして、クロスグループの再設定をされていませんか?
あるいは、リジッドグループに問題があるのかもしれないので、リジッドグループからボタンをリムーブし、ソフトグループに設定してみるのはいかがでしょうか。

早速ご回答ありがとうございました。
クロスグループの再設定はしていません。

私に理由は分かりませんが、
最後に書かれた方法でうまくいきました。
いろんなポーズで確認してみます。

mascon さん、こんばんは。

うまく動いてよかったです。
やはり、リジッドグループに関連した不具合があるのかもしれません。
ひょっとすると、リジッドグループに再設定すると直るということも考えられます。
一度、リムーブ後にマテリアルからボタンをリジッドグループに再設定してみるのも、よいかもしれません。

ソフトグループでは、若干ボタンが歪むことがあるので、できればPoser9JのSR3およびSR3.1が出て、不具合が直るといいのですが・・・。
DAZのDSON Importerも、SR3.1が必要とのことですので、なおさら、SR3.1が早く出るといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/56074516

この記事へのトラックバック一覧です: V4DC casual for V4A4 リリースされました:

« Miki4のツールを配布します | トップページ | Renderosityのカテゴリ »