2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本年もよろしくお願いします(汗 | トップページ | 次のドレスあと少しです »

ノーマルマップの作成

ドルマンスリーブの服を作っていますが、ノーマルマップの作成について、メモしておきます。
実は、自分用の覚書です。coldsweats01

modo401を使って、ハイポリモデルを作り、スカルプトで加工し、それをベイクする方法です。

modoにオブジェクトを読み込んで、オブジェクトを複製し、メニュー「形状>ポリゴン>細分化」でハイポリモデルにします。
といっても、今回は、8万ポリゴンなので、そんなにハイポリでもないですが・・。catface
それから、スカルプトを使ってスカート部分の皺を刻みました。

201301161

次に、オリジナルと、ハイポリのそれぞれマテリアルを一つ設定します。
シェーダーツリーで、オリジナルのマテリアルに、画像ファイルを作成して、エフェクトを法線に設定します。

201301162

ここで要注意なのが、UVマップです。
ハイポリモデルは、元々複製で作成しているため、UVマップが同一になっています。
このままだと、modoがどちらのUVマップを使ってベイクするか、わからなくなるらしいです。

このため、UVマップをコピーするなどして、オリジナルとハイポリモデルとで、UVマップの名前を変えておき、ベイク前にオリジナルのUVマップを指定します。

201301163

アイテムリストに戻り、ハイポリモデルを背景に設定します。
そして、シェーダーツリータブに移動し、追加した画像を指定して、「オブジェクトからテクスチャーへベイク」を実行します。

201301164

次に表示されるダイアログでは、オリジナルとハイポリモデルとの距離を指定します。
おおむね、スカルプトで動かした距離以上の数値を指定します。

これで、薄いブルーのノーマルマップが作成されます。
あとは、Photoshopなどで、加工します。

できたノーマルマップをレンダリングすると、こんな感じになります。

201301165


クロスシミュレーションでもスカートの皺はできますので、控えめな皺にしてあります。

本日の成果です。
ドレスの厚みや縁など、ディスプレイスメントマップやバンプマップで表現しています。
あまりノーマルマップの効果は、あまり見えませんが・・・。coldsweats01

201301166_2

« 本年もよろしくお願いします(汗 | トップページ | 次のドレスあと少しです »

modo」カテゴリの記事

コメント

ポリゴンのみのオブジェクトで、
ノーマルだけ転送するなら、
ハイポリの UV を消すだけでもいいかもですね。
(ローポリの UV だけになりますので)

マップを使って凸凹を出しているものを転送する場合は、
消したらまずいですけれど…w

名前を変更するの面倒ですよねw
(名前を付けて分けておく方が、
 人間やソフトにとっても明確になって良いわけですけれど)

UV の境界で上手くいかない場合は、
UV のボーダーサイズの設定(ピクセル数だったと思いますw)を
大きめにすると良いかもです。
(Preferences > Rendering > Bake UV Border Size
 で設定できます)
ベイクだと、UV 境界あたりが、面倒ですw

なまものさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ハイポリのUVを消す方法があるんですね。
modoは、背景の使い方など、独特なところがあって、メモしとかないと使い方をよく忘れてしまいます。weep

あと、UV境界のお話も参考になります。
いまのところ、問題となっていないのですが・・。
coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/56554773

この記事へのトラックバック一覧です: ノーマルマップの作成:

« 本年もよろしくお願いします(汗 | トップページ | 次のドレスあと少しです »