2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アクセサリー作ってます | トップページ | V4LD dress レンダロにアップしました »

クロスシミュレーションでマグネットを使う

現在作成中のドレスには、マグネットを添付しています。
これは、ドレスのストラップ(肩紐)のコントロール用です。

ダイナミッククロスでは、フィギュアと服の隙間を、衝突オフセットで設定します。
しかし、服でひとつしか設定できないこともあり、うまく肩紐をフィットできません。wobbly

そこで、くコントロール用のマグネットを用意しました。
次のイメージのように肩紐のあたりにマグネットが適用されます。

201302180

使い方は、シミュレーション後にマグネットのYtranなどを操作して、肩紐をフィギュアにフィットさせます。こんな感じに・・・・。

201302180a_5

このマグネットは、シミュレーションで服が大きく移動しても、1フレーム目の肩紐の部位に作用します。
つまり、服のモーフターゲットのような働きということです。delicious

さて、これまでのお話は、クロスシミュレーション後の使い方でした。
一方、クロスシミュレーション中でマグネットを使用すると、影響をシミュレーションに反映することができます。

たとえば、こんな使い方ができます。
まず、V4に今回のドレスを着用(ペアレント)して、クロスシミュレーションの設定をします。

201302181

シミュレーションは、20フレームに設定します。
なお、ドレスが床までズレ落ちそうな場合、衝突対象に床を追加しておきます。
ドレーピングはなしで、15フレームに次のようなポーズにしました。

201302182

次に1フレームに戻り、ドレスにマグネットを付けます。
そして、マグネットのX幅を120%にして、ドレスを変形させます。

201302183

こうすると、フィギュアとドレスの隙間が広がるので、ドレスがずれ落ちやすくなります。
次に、このままだと、おかしいので、6フレーム目に移動して、マグネットのX幅を100%に戻してやります。

201302184

シミュレーションを実行すると、次のようになりました。coldsweats01

201302185

ドレスがかなりズレ落ちています。
マグネットを6フレーム目に戻したのは、何度かやってみた結果です。
もっと後ろで戻すと、ドレスのズレ落ち方が大きくなるというわけです。

このように、シミュレーション中にマグネットを使用すると、マグネットの影響は、クロスシミュレーション結果に含まれて記録されます。
しかし、これって、マグネット使わなくても、ドレスのX拡大でできるかも・・・。coldsweats02

今回の肩紐コントロール用のマグネットも、肩紐をズレ落ちさせたり、逆にズレ落ち防止に使うこともできます。
ただし、フィギュアのポーズによって、試行錯誤が必要となりますが・・・。

ほかにも工夫次第で、マグネットのうまい使い方があるかもしれませんね。happy01

« アクセサリー作ってます | トップページ | V4LD dress レンダロにアップしました »

Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/56791456

この記事へのトラックバック一覧です: クロスシミュレーションでマグネットを使う:

« アクセサリー作ってます | トップページ | V4LD dress レンダロにアップしました »