2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Addon for V4U outfit リリース | トップページ | Carraraでレンダリング4 »

Carraraでレンダリング3

今回は、Shaderの修正を行います。
Poserでは、マテリアルルーム、DAZ Studioでは、Surfaceでしょうか。
Carraraでは、シーンを作る「Assemble Room」、モデルを作る「Model Room」、Shaderを編集する「Texture Room」、レンダリングを行う「Render Room」などとなっています。

さて、具体的には、靴を黒くするのですが、その前に、CarraraのShaderについて、メモします。

20130401a1

この画像は、ベストをドキュメントウィンドウに読み込んだところです。
右のProperties trayの下にShader tabがあり、そこにMaster Shaderが表示されています。

Carraraでは、オブジェクトを作成すると、自動的にDefaultというShaderができます。
このケースでは、そのオブジェクトにVestとButtonというShaderが追加されたというイメージでしょうか。coldsweats01
このDefault Shaderは、このオブジェクト全体のShaderという位置づけのようですが、レンダリング用途では、あまり関係ないようです。
次に、Browser TrayからMAT Poseを適用してみます。

20130401a2

すると、右のMaster Shaderに番号付きでShaderが追加されました。
面白いことに、Carraraでは、MAT Poseを適用すると、Shaderを上書きするというイメージではなく、新たなShaderが作成されます。
いわば、変更記録のようなイメージのようにも思えます。
実のところ、この旧Shaderをオブジェクトにドラッグアンドドロップすると、Shaderを書き換えることができます。

Shaderは、MAT Pose適用回数分だけ増えていくので、わかりにくくなってしまいます。
あまり、害はないようですが、不要であれば、使われていないShaderを削除してもよいのかもしれません。smile

20130401a3

さて、ここから靴の色を変更します。
まず、Propaties trayのInstanceタブで、靴のmodelを選択します。
次に上のShaderのところのEditをクリックします。

20130401a4

すると、Shader treeが開き、右側に、このモデルに設定されているShaderの一覧が表示されます。
その一覧の中から、今回修正するShader「sm_shoes」をダブルクリックします。

20130401a5

該当Shader treeを修正します。
まず、Colorにテクスチャーが設定されているので、それを止めて、Color(Black)に変更します。

20130401a6

色の設定は、カラーピッカーやスライダー、数値入力など、いろんな方法で行えます。

20130401a7

次に、ハイライトとシャイネスを調整します。
プレビューウィンドウを見ながら調整するとよいですね。

20130401a8

20130401a9

この要領で、靴のベルトとソールについても修正をします。
左のテストレンダーアイコンをクリックして、範囲指定を行うと、テストレンダを行うことができます。
なお、今回は、単純に色を変えるだけでしたが、もっと理解が進めば、より適切なShaderの修正ができると思います。coldsweats01

20130401a9a

レンダリングをして確認してみます。
メニューから図のようにVew>Show Production Frameを選択して、レンダリング範囲の枠を表示させます。

20130401a9b

Assemble RoomからRender Roomに移り、レンダー設定はデフォルトのままで、テストレンダを行いました。
ここでは、リボンのモアレ?が気になります。

20130401a9c

Texture Roomにて、リボンのShader、Filteringを修正します。
「Fast Mip Map」は、ヘルプに載ってなかったんですが、一般的には、レンダリングの高速化に最適化するとのことです。
今回はリボンのアップ画像ではないので、これを選びました。
ちなみに「Gaussian Filtering」が最高画質ということです。

20130401a9d

Render Roomに戻り、再度テストレンダを行いました。
今度は、うまくレンダリングされているようです。
このように、テストレンダしながら、Shaderを調整していくことになります。

20130401a9e

ちなみに、ノーマルマップについては、Shader treeのBumpという項目にありました。
今回の記事は、ここまでにします。coldsweats01

« Addon for V4U outfit リリース | トップページ | Carraraでレンダリング4 »

Carrara」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/57081918

この記事へのトラックバック一覧です: Carraraでレンダリング3:

« Addon for V4U outfit リリース | トップページ | Carraraでレンダリング4 »