2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Carraraでレンダリング4 | トップページ | 服の裏地を作る »

Carraraでレンダリング5

前回で、終わったつもりでしたが、さらに続編です。smile

さて、今回は、顔のアップをレンダリングしました。

201304161_2

まずはシーンですが、前回のレンダリングのモデルをそのまま使っています。
水着を着せてポーズを変えています。
さらに、今回は、フリーのHDRI画像を使ってみました。
こちらのTropical Beachという画像を背景に設定しています。
当初、そのまま背景にしてレンダリングしようと試みましたが、うまくいかず断念。weep
前回同様、Backdropには、白地を設定しました。

それから、Ambient(環境光)を20%にしています。
Ambientは、シーン全体を照らす光で、影がつきません。

201304162

Light1無限光は、少し陰影を加えたかったので、HDRIを少し控えめにして、強めの50%にし、またShadowも50%にしています。

201304163

Effectタブで、ソフトシャドウにチェックを入れています。
影のQualityもGoodにしました。

201304164

Cameraもいつものとおり、Zoom 100mmに設定しています。
プレビューは、少し怖い・・・。coldsweats01

201304165

質感ですが、Shader Treeを表示して、若干調整を行います。
まず、Bumpですが、PoserのMATを適用した時点で、Bumpマップが登録されています。
しかし、その強さは設定されていません。
Bumpの強さは、Top ShaderのMulti channelの中にあります。
ここでは、Bumpの強さを100%に設定しました。

201304166

次に、Specularを設定します。
この設定は、ネットを探していて、見つけたもので、なかなか効果的だと思います。
Youtubeのこちらに説明ビデオがありますので、詳しくはご覧ください。delicious

手順としては、Highlight>Natural Functions>Cellullarを選びます。
Shapeを選択して、設定値を調整します。

201304167

ShininessのValueは、ビデオにあるように、0%にしました。
この設定を、SkinFace以外のパートについて、同様に行います。
今回は、レンダリングで見えるパートだけ設定しましたが・・・。coldsweats01

201304168

Lipについては、同じ設定ではおかしいので、かすかに光るように、Highlight、Shininess、Bumpの値を設定しました。

201304169

ちなみに、Nail(爪)ですが、すこしAlphaに値を入れてやると、それらしくなります。

2013041610

最後に、レンダールームの設定です。
今回は、レンダリング結果を見て、Gammaを2.0に落としました。
その他、影を少なめにしたかったので、Indirect Lightは使いませんでした。
Outputの解像度は、640pix ×800pixです。
この設定で、レンダリング時間は、約1時間でした。catface

笑顔を作ってレンダリングしましたが、なかなか自然な感じになりました。
Poserでは、アッパー気味にライティングしないと、ほうれい線が目だってしまいがちですが、Carraraでは、大丈夫のようです。smile
ちなみに、CarraraにもSSS(Subsurface Scattering )がありますが、なかなかよい効果が得られませんでした。
これについては、今後の研究課題にします。despair

2013041611

モデル:DAZ Victoria4.2, Mayuka EX for V4

« Carraraでレンダリング4 | トップページ | 服の裏地を作る »

Carrara」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/57186985

この記事へのトラックバック一覧です: Carraraでレンダリング5:

« Carraraでレンダリング4 | トップページ | 服の裏地を作る »