2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Carraraでレンダリング5 | トップページ | RenderosityでBundleセール、MODO 701 »

服の裏地を作る

次の服を現在作っておりますが、裏地の作り方をメモしておきます。

現在作っている服は、俗に言うフィールドジャケットと呼ばれるものです。
これは、米軍で使われた野戦用ジャケットを指しているようで、M-65などが有名ですね。

さて、今回も、MarvelousDesigner2で作成しました。
ところが、なかなかこれが簡単ではありません。
型紙がないので、自分でパターンを作成しましたが、V4の胸が大きいこともあり、なかなか皺がとれない・・・。weep
あちこち直したり、形を簡略化したりして、なんとか、こんな風に作りました。
なお、胸が大きいため、胸ポケットはダミーです。wobbly

201304241

この状態から少し腕を上げて、エクスポートして、modeで、V4デフォルトポーズにフィットさせました。

2013042411

MD2では、服の厚みをエクスポートできないので、modo上ではペラペラです。
ダイナミッククロスにする場合は、このままにするのですが、今回のコートは、布地に厚みがあるため、コンフォームにします。

ということで、服の裏地を作り、服に厚みをつけます。
modoでも、厚みを付けることができますが、UVが一部つながってしまって、面倒なので、BlenderのモディファイヤーSolidfyを使います。

OBJをBlenderに持っていき、Solidifyで、服の厚みをつけます。

201304242

これで、厚みがつきましたが、UVは表と裏で重なって作成されます。
特に裏地を意識することがない場合は、これでOKです。
しかし、裏地を別マテリアルにするには、UVマップを表裏で分離しなければなりません。

201304243

いろいろ考えてみたのですが、やはり、表裏のポリゴンを分離するしかなさそうです。
まず、表裏の境界ポリゴンをループ選択します。
この際、「メニュー 選択>選択セットの編集」で、セットを作っておくと便利ですね。

201304244

次に、このedgeポリゴンを切り取り、いったん別メッシュにします。
その後、裏ポリゴンをダブルクリックで全選択して、UV編集で移動して分離します。

201304245

そして、edgeポリゴンを元に戻して、「メニュー 形状>頂点>結合」で、頂点結合を行います。これは、メタセコでは、「近接する頂点をくっつける」ですね。happy01

201304246

これで、UVの表裏が分離できました。
こんな感じになり、裏地に別テクスチャーをつけることができます。confident

201304247

今回の服の厚みですが、UVマップ上では、ラインのイメージですが、厚みが少ないので、それなりに表示されるようです。
あまり分厚くするとおかしな表示になるかもしれないので、要注意です。coldsweats01

« Carraraでレンダリング5 | トップページ | RenderosityでBundleセール、MODO 701 »

Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/57238329

この記事へのトラックバック一覧です: 服の裏地を作る:

« Carraraでレンダリング5 | トップページ | RenderosityでBundleセール、MODO 701 »