« 3D-COATを使ってみた1 | トップページ | 3D-COATを使ってみた3 »

3D-COATを使ってみた2

作成中のフィールド・ジャケットですが、テクスチャーを作りながらモデルの修正を行っています。
実際、テクスチャーを貼ってみると、予期しないポリゴンの乱れがみつかり、モデルやUVを修正することも多いからです。

モデルの細かな修正は、最近は、modo701のスカルプティングで行います。
オブジェクトにテクスチャーを貼った状態で、移動ツールを使って、テクスチャーを見ながら、手でこねるようにモデルを修正できるので、楽です。delicious

201305011

PoserPro2012に持ち込んで、レンダリングしてみた結果がこれです。
フィールド・ジャケットのヨレヨレ感や小じわが表現されてません。
ここから、3D-COATを使って、ノーマルマップを追加してみます。

実は、4月末までに3D-COATを買うと、バージョン4に無料アップグレードできるというので、ついつい買っちゃいました。coldsweats01
なので、現在使用の3D-COATは、バージョン3正規版です。

201305012

まずは、ジャケットをインポートします。
皺付けに関係ないボタンやジッパー等は、取り外しておきます。
ノーマルマップ作成が目的ですので、ピクセルペイントのインポートを選択します。

201305013

インポートの設定では、テクスチャーの大きさを1024×1024pixに設定しました。
以前は大きなサイズにしていましたが、今回は、これでも十分だと思います。
ちなみに、このサイズはビデオカードのメモリ容量に関係するのだそうです。
オンボードRAM256M以下なら、テクスチャーサイズは2000を越えないほうがよいそうです。
UVはあらかじめ作成しており、変更したくないので、特にオプションをチェックしません。


201305014

3D-COATのツール・アイコンは、マウスを上に乗せると説明が見れるので便利です。
矢印のところに、ライトの調整や、ズーム、回転、パンなどのアイコンがあり、直感的でわかりやすいです。

201305015

では、皺を塗っていきます。
左のアイコンでペンを選び、上矢印のところで、ペンの半径や深さ、減衰度などを設定し、右のアイコンでペン先を選び、塗っていきます。
今回は、皺ということで、筆圧はあまり関係ないので、マウスでポンポンとスタンプしました。

201305016

間違った場合は、左矢印の消しゴムで消せます。
また、右矢印のところにレイヤーがありますが、これは、Photoshopなどのレイヤーと同じようなもので、カラーやディスプレイスメントを合成することができます。
現在の皺は、レイヤー1に塗っています。

201305017

ひととおり塗りましたので、エクスポートします。
エクスポートでは、OBJファイルと、ノーマルマップの出力を指定します。

201305019

PoserPro2012に作成したノーマルマップを追加して、レンダリングしました。
モデリングやテクスチャーでは表現が難しい皺が、うまく表現できたように思います。happy01

« 3D-COATを使ってみた1 | トップページ | 3D-COATを使ってみた3 »

3D-COAT」カテゴリの記事

コメント

3とベータの4を使用できると思いますので、
動作が怪しくなければ、ベータを使用しても良いかもですね。

ペイントなら Ptex を使用しても良いかもですね。
http://www.youtube.com/watch?v=VgbGTkxjK74
(modo に Ptex が付いて欲しいのですけれどw)

なまものさん、こんにちは。happy01
3D-COATのベータ4は試してみましたが、一度も落ちることなく快適でした。現在は、日本語マニュアルがV3版なのと、せっかく買ったので、正規版を使っています。
PTexは、まだよくわかっていませんが、よいところがあるのでしょうね。また、機会があれば試してみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/57285873

この記事へのトラックバック一覧です: 3D-COATを使ってみた2:

« 3D-COATを使ってみた1 | トップページ | 3D-COATを使ってみた3 »