« ジャケットを手直し | トップページ | ジャケットの前開きモーフを作りました »

3D-COATを使ってみた4

前回記事で、ジャケットを半開きから閉じた形に変更したと書きました。
オブジェクトの形は変更しましたが、UVについては、変更しておりません。
実際には、modoで、UV編集画面で、背景に前回UV画像を貼り付けて、UVの位置と大きさを合わせたのですが・・・。

3D-COATで作成していたノーマルマップは、ピクセル・ペイントで作成しているので、UVが同じであれば、オブジェクトが変更されても、大丈夫です。
3D-COATのデータも引き継ぐことができます。

201305111

こちらが、前を開いた状態です。

201305112

メニューから、ジオメトリの置き換えを選択します。
前を閉じた状態のオブジェクトを指定して読み込みます。
次に出るダイアログでは、特に変更なければ、そのまま進みます。

201305113

このように、ジオメトリの置き換えができました。
レイヤーなども引き続き使えるので、オジェクトが変更されても、皺などの修正ができますね。

201305114

修正後、ノーマルマップだけをエクスポートするには、このようにすればよいです。

|

« ジャケットを手直し | トップページ | ジャケットの前開きモーフを作りました »

3D-COAT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3D-COATを使ってみた4:

« ジャケットを手直し | トップページ | ジャケットの前開きモーフを作りました »