2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フィールド・ジャケットをアップロード | トップページ | PoserPro2014 Fitting Room を使ってみた2 »

PoserPro2014 Fitting Room を使ってみた

本日は、PoserPro2014をインストールして、新機能Fitting Roomを使ってみました。

リファレンスマニュアルを読みながら、いろいろ試してみましたが、割とうまくいった例を書いておきます。
マニュアルにも書いてありましたが、基本的には、複雑なつくりをした服や、ボタンや飾りなどが付いた服、エキストラボーン付きの服をうまくフィットさせるのは、難しいです。coldsweats01

ということで、無難なところでSummer casual for V4A4Tube-topと、Short pantsMiki4にフィットさせてみます。

201305251

まず、Miki4をロードして、ZeroFigureにしておきます。

201305252

Tube-topをロードして、移動、回転、拡大を使って、Miki4にフィットさせます。
少々破けていてもかまいません。

201305253

Fitting タブで、Fitting Roomに移動します。
Fitting SessionsでNewをクリックします。
ダイアログでは、上図のように、ObjectにTube-top、GoalにMiki4 Zero Figureを指定します。

201305254_2

Fitting Simulation Methodsは、いくつか種類があり、選べるようになってます。
少し複雑で、まだよくわからないところもあります。
今回は、もっともシンプルなTightenで行います。
要するに、タイトにフィットさせるということですね。

次にPokethrough Marginに、Figureと服の隙間の値を指定します。
ここでは、デフォルトでは少し開きすぎな感じでしたので、0.002をセットしました。

ここで、Fitボタンを何度か押して試してみて、Iterationsに、一番いい感じのシミュレーション回数を指定します。
よければ、シミュレーションを終わります。

201305255

シミュレーションが終わったら、Create Figureをクリックして、名前をつけます。

201305256_2

Transfer Figureでは、適用したいパーツにチェックを入れます。
ここは、ボーンとグループ設定と思われますので、必要なボーンのみにチェックします。

また、Transfer morphsとZero Rotationsにチェックを入れました。
Transfer morphsは、Miki4のモーフが自動的に移送されます。
オブジェクトの形や頂点数におかまいなくモーフが自動作成されます。
便利ではありますが、品質は、それなりですね。confident

2013052571

Pose Roomに戻ると、新しくFigureが追加されています。
最初にロードしたV4用フィギュアも残っているので、削除し、Miki4用Tube-topをMiki4にコンフォームします。

一応これで、フィットは終わりですが、実際には、JP(ウェイト・マップ)を少し調整しないと、通常使用できません。
このあたりの調整は、以前のTipsに書いておりますが、服を作ったことがない人にはちょっとつらいかも・・・。bearing

201305257

次に、ショート・パンツもフイットさせます。
同様にロードして、移動、回転、拡大でおおまかにフィットさせます。
特にパンツの場合、パンツのThighのSide-sideを調整する必要がありました。
マニュアルでは、V4用の服の上腕を回転させてフィットさせる例が書いてありました。

201305258

途中省略しますが、パンツもフィットが終わり、Pose Roomでコンフォームさせました。
実際には、ここから、モーフ・パテで少し破けを修正したり、JPやウェイト・マップの調整を行うところです。

Fitting Roomには、スムースフィット、プレフィットやリジッドの指定などいろんな機能がありますが、なかなか完璧にフィットさせるのは、難しいように思います。

私の服などは、縁を盛り上げたり布を重ねたり、ボタンやポケットを重ねたりしてますので、これらの機能をもってしても、うまく変換できないものも多いです。shock

しかしながら、シンプルな服をフィットさせるには、オブジェクトのフィットからボーンの組み込みまで、簡単にできるので、便利ですね。

最後にできた服でテストレンダです。
Miki4キャラのMioです。happy01

201305259

« フィールド・ジャケットをアップロード | トップページ | PoserPro2014 Fitting Room を使ってみた2 »

PoserPro2014」カテゴリの記事

コメント

やっぱり難しいんですねw(/TДT)/アー!
簡単に出来るんだったら、気に入ってる服全部TY2用に変えたかったんだけど。
簡単でも全部変えるのには、数年かかるだろうけど。
 
この機能には、とても興味があったんですが・・・
情報量が少なく、バージョンアップを躊躇してます。
本当は、あまり遊ばなくなったからだったりしてw
 
貴重なTips、ありがとう御座います♪ペコリ(o_ _)o))

rdourakuさん、こんにちは。happy01
今回は、Miki4の例を記事にしましたが、ウェイト・マップフィギュアであるため、変換後の調整が面倒でした。
TY2だと、CR2がよくできているので、変換した後のJPなどの調整もあまりいらないかと思います。
Fitting Roomは、まだよくわからないところもありますので、また、ご紹介しますね。coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/57457988

この記事へのトラックバック一覧です: PoserPro2014 Fitting Room を使ってみた:

« フィールド・ジャケットをアップロード | トップページ | PoserPro2014 Fitting Room を使ってみた2 »