2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« PoserPro2014 Fitting Room を使ってみた2 | トップページ | Addon V4FJ texture setをアップロード »

V4FJ jacket for V4A4 リリース

昨日、レンダロで、無事、V4FJ jacket for V4A4 がリリースされました。
例によりまして、英文リドミーの内容を書いておきます。

■注意
Magnetize Clothingを適用してください。
すべてのポーズに対応するものでは、ありません。
Poser8以上を推奨します。

■システム環境
Poser6以上、PC/MAC、DAZ Studio4.6
本製品はノーマル・マップを使用するため、Poser8以上を推奨します。

■Tipsまたは制限
このジャケットは立襟であるため、頭と首の動きに制限があります。

FBMおよびPBMは、フィギュアに連動しません。
Bodyのダイヤルを使ってください。
JCMを動作させるため、服をロードする前に、V4A4を選択しておいてください。

ジャケットの裾は、Thigh、Shinに連動しません。追加ボーンやモーフを使用してください。
操作については、マウスより、オブジェクト・プロパティのダイヤルを動かすとよいでしょう。
ジャケットの裾全体を動かす場合、centerポインタを使用し、その後他のポインタで調整するとよいでしょう。

ジャケットは、頭と首の動きに連動しません、以下のモーフを使用してください。

 NeckSideR/L
  NeckBack

座るポーズでは、SitPose、CrossLegモーフを使うとよいでしょう。

FrontOpenのモーフを使用する場合、胸や腹部の動きに影響を受けるため、よい結果が得られない場合があります、各数値を調整してください。

FrontOpenまたは、FrontCloseを使用する場合、以下のアジャストモーフを使うとよいでしょう。

AdjustBreastR/L
BreastsSize

インナーを着る場合、AdjustBack, AdjustCollar, そして AdjustBreast モーフを使用するとよいでしょう。

このジャケットには裏地がついてます。
このため、マテリアルルームでは、ノーマル前にチェックを入れてください。
デフォルトでチェックが入ってます。
さらに、レンダリング時には、Remove backfacing polys および Smooth polygons にチェックを入れてください。

Zipper100は、ジッパーの変形を抑制するモーフです。
常に設定値1で使用してください。
ジッパの位置は、AdjustNeckZipper および AdjustMainZipperで、若干調整できます。

FireFly rendererを使用してください。

DAZ Studioで使用するには、For DAZ Studio・Poseフォルダの中身を、インストールした同じPoseフォルダに追加してください。DAZ Studioでは、ジャケットに対して、MAT Poseを適用してください。それにより、DAZ Studio用のマテリアルが適用されます。

DAZ Studioでは、FBM、PBMは、フィギュアに連動します。

製品ページは、こちらです。

20130527

レンダロのプロモでは、Pretty3DさんのHot Uniforms Soldier by Pretty3D(DAZ)を使用していますが、レビューに、服のテクスチャーを上下で揃えるとよいと、書かれてしまいました。
やっぱりそうですよね・・・。
マーチャントリソースのテクスチャーを使用するので、有料になってしまうのですが、作ろうかなあ・・・。coldsweats02

« PoserPro2014 Fitting Room を使ってみた2 | トップページ | Addon V4FJ texture setをアップロード »

POSER 服」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/57468778

この記事へのトラックバック一覧です: V4FJ jacket for V4A4 リリース:

« PoserPro2014 Fitting Room を使ってみた2 | トップページ | Addon V4FJ texture setをアップロード »