2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Marvelous Designer 3 Beta | トップページ | ウェイトマップフィギュア用のパンプス作成 »

ウェイトマップフィギュア用ドレスの作成1

現在作成している、ウェイトマップフィギュア用のドレス作成について、メモしておきます。

用意したオブジェクトは、前回記事のワンピです。
これを某フィギュア用にフィギュア化します。

201307261

このドレスは、以前のようにモデラー側でパーツ分けをしていません。
ポリゴングループを作成しておいてもよいのですが、今回はPoserPro2014で自動的に行います。
また、エクストラ・ボーン用のポインタを追加してあります。

201307262

セットアップ・ルームに移動します。
読み込んだオブジェクトにライブラリのベースフィギュアをドラッグ・アンド・ドロップします。
TransferFigureが開きますので、ドレスに必要なボーンにチェックを入れます。
今回のドレスは、肩までしかないので、一つ下の腕までボーンをつけます。

ドレスの裾は、これまでどおり6本のエキストラ・ボーンでコントロールします。
この某フィギュアは、hipの配下にPelvisが存在しますが、一応Pelvisまでボーンを追加しておきます。
Auto groupにチェックを入れて、ポリゴングループを自動的に作ります。

201307263a

処理が終わったら、ポリゴングループエディタで修正を行います。
このように、hipの下がすべてpelvisグループとなっています。

このグループをポインタを除き、hipにAdd(追加)します。
つまり、pelvisは、ボーンは存在しますが、ポリゴングループはない状態になります。
その他、不要なグループを削除したりして、調整します。

201307264

6本のエクストラ・ボーンはこれまで通り、hipの配下に追加します。
各ボーンについて位置、長さ、回転などを調整します。
右半分だけ調整して、フィギュアのシンメトリー機能で左半分に反映させるとよいです。

ここで、気がついたのですが、この某フィギュアの場合、フィギュア・シンメトリー機能を使うと、左肩のボーンの位置がずれてしまうようです。
問題はなさそうなのですが、ベースフィギュアにコンフォームした状態で行うと、おかしくなりません。coldsweats01

201307265

各エクストラ・ボーンの調整を行います。
これまでと同様、まずSphere Zoneを追加して、球状影響範囲を設定していきます。
調整が終わりましたら、Merge Zones to Weight Mapで、ウェイト・マップに変換します。

201307266

ちなみに、ポリゴングループのないpelvisですが、このようにちゃんと動作します。
エクストラボーンの追加と調整まで、完了しました。つづく・・・happy01

« Marvelous Designer 3 Beta | トップページ | ウェイトマップフィギュア用のパンプス作成 »

Tips」カテゴリの記事

コメント

財布 miu miu

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/57867096

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイトマップフィギュア用ドレスの作成1:

« Marvelous Designer 3 Beta | トップページ | ウェイトマップフィギュア用のパンプス作成 »