2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Zbrushを使って服を作る その2 | トップページ | Zbrushを使って服を作る その4 »

Zbrushを使って服を作る その3

今回は、Zbrushのメイン機能スカルプティングを使って、服にしわを追加します。
まず、ブラシなんですが、Webで有名な、しわ用ブラシを入手しました。
こちらから、ダウンロードできます。

http://www.selwy.com/2009/zbrush-clothes-tutorial/

これらのブラシは、ZBrush 4R6>ZStartup>BrushPresets に入れておくと、読み込まれます。

201407261x

Zbrushに服を読み込んで、Geometryで、Divideを何度かクリックして、SDiv5にします。
パジャマの画像をお手本にして、しわを試行錯誤で描いてみました。
しわの作成については、ソフトの機能もありますが、やはりセンスと技術が・・・。(汗

201407262x

上にあるメニューのRenderでFastを指定すると、しわの状態がよく見えるように思います。
一通りしわを入れたので、これからノーマルマップを作成します。
この手順は、とあるWebに解説されたとおりのものです。
今の時点で、各機能を十分に理解できてませんので・・。(汗

201407263x

GeometryでSDivを1に戻します。

201407264x

UV Mapのサイズで4096を指定します。

201407265x

Normal MapでCreate NormalMapをクリックします。

201407266x

青いノーマルマップが作成されましたので、Clone NMをクリックします。

201407267x

上部メニューのTextureで、FlipVでノーマルマップの上下を反転して、Exportで保存します。
これでノーマルマップが保存されました。

これを試しに、DAZ Studioに持ち込んでレンダリングしてみました。
元オブジェクトは5000ポリゴンほどしかなく、カクカクしていましたので、modo701でサブディビジョンレベル1をかけて、約21000ポリゴンに変換しています。

DAZ Studioでのレンダリングですが、なかなか忠実に、再現できてるように思います。
服のしわ、ノーマルマップの作成は、modoに比べると格段に簡単です。smile

201407268

« Zbrushを使って服を作る その2 | トップページ | Zbrushを使って服を作る その4 »

Zbrush」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/60046052

この記事へのトラックバック一覧です: Zbrushを使って服を作る その3:

« Zbrushを使って服を作る その2 | トップページ | Zbrushを使って服を作る その4 »