2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Zbrushを使って服を作る その6 | トップページ | Zbrushを使って服を作る その8 »

Zbrushを使って服を作る その7

DAZ Studioと、Zbrushといえば、やはりGozですよね。
Gozは、2つのアプリケーションで適切にデータをやりとりする仕組みとのことです。
私が使用しているmodoともデータをやりとりできるらしい・・・。

Gozについては、Youtubeや記事が結構ありますので、よくご存じと思いますが、ここでは、服のモーフを作成してみたいと思います。coldsweats01

・・・いろいろ試行錯誤してみました。
データーのやりとりは確かにスムーズにできますが、問題は、服のEditです。
たとえば、裏地をつけた服のフチや、ポケットのついた胸など、スカルプティングで修正するのは、なかなか難しい。weep

そこで、ごく簡単な襟のモーフ作成をやってみることにしました。

20140731_1_2

Genesis2にシャツとパンツを着用し、Send to Zbrush をクリックします。

20140731_2

このダイアログでは、2か所にチェックつけときました。
このあたり、まだ、よく検証できておりません。coldsweats01

20140731_3x

自動的にZbrushが起動して、Zbrushの Tool としてオブジェクトが読み込まれます。
この時、Genesis2とシャツ、パンツがサブツールにまとめられます。
サブツールでは、各々のオブジェクトの表示・非表示の切り替えや、アクティブなオブジェクトのみ編集することができますので、使いやすいです。

実は、まとまる場合と、シャツだけとかになる場合があります。
このあたり、なぜそうなるかまだよく判明していません。
とりあえずDAZ Studioで、オブジェクトを選択しておくと、よいのかも・・・。
うまくサブツールにまとまらなかった場合は、Zbrush側でAppendすればよいです。

20140731_4x

さて、移動ブラシなどを使って、襟を広げてみました。
モーフを作成するシャツを選択しておいて、Gozをクリックします。

20140731_5

DAZ Studioに戻り、モーフ作成ダイアログが自動的に開きます。
ここで、モーフの名前をつけたり、FBMやERCの設定ができます。
ちなみに、モーフではなく、オブジェクトそのものの修正もできます。
これは便利かも・・。happy01

20140731_6

ということで、襟のモーフができました。
大変便利でよいのですが、モーフを作るスカルプティングの腕次第ですね。coldsweats01

« Zbrushを使って服を作る その6 | トップページ | Zbrushを使って服を作る その8 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/60072127

この記事へのトラックバック一覧です: Zbrushを使って服を作る その7:

« Zbrushを使って服を作る その6 | トップページ | Zbrushを使って服を作る その8 »