2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Zbrushを使って服を作る その4 | トップページ | Zbrushを使って服を作る その6 »

Zbrushを使って服を作る その5

前回作成したズボンを、DAZ Studioに持ち込んで、フィギュアにします。
今回は、Zbrushは、でてきません。coldsweats01

20140728_1a

DAZ Studioで、Genesis2をロードして、ズボンのオブジェクトをインポートします。
Transfer Utilityを起動して、pantsを選び、フィギュアにします。
以前、記事を書いた時から、Transfer Utilityのメニューとか位置がずいぶん変わってるようで、少しまごついたり・・・・。happy02

20140728_2a

自動で組み込まれたボーンでは、足首以下がついています。
このままだと、足首を曲げたときに、ズボンが追随してしまうので、foot以下を削除します。

20140728_3a

Footボーンに関連付けされていたfootのFaceを、shinにAssignします。
Tool setthingsタブに表示されているfootも削除しておきます。

20140728_4a

一応、これでフィギュア完成です。(はやっ!)
これを、保存するのですが、サポート・アセットに登録せよとのメッセージが出ました。
そこで、上のようにサポート・アセットを登録します。

20140728_5a

サポート・アセットの登録内容です。
この情報により、DAZ StudioのDataフォルダーに新たなフォルダが作られますので、要注意です。coldsweats01

20140728_6a

これで、コンテント・ライブラリに登録できるように、なりました。

20140728_7a

Genesis2に着用して、テストレンダしました。
Foot以下のボーンを削除しているので、ポーズによって、ズボンが足に食い込みます。
これは、モーフにより対応することになります。catface
(つづく)

« Zbrushを使って服を作る その4 | トップページ | Zbrushを使って服を作る その6 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/60058997

この記事へのトラックバック一覧です: Zbrushを使って服を作る その5:

« Zbrushを使って服を作る その4 | トップページ | Zbrushを使って服を作る その6 »