2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« DAZ Studio4.8 Irayレンダラー | トップページ | V4FR outfit for V4A4 リリース »

DAZ Studio Irayでポートレート

今日は、DAZ Studio 4.8 ProのIrayで、ポートレートを作ってみました。

素材として用意したのは、マイキャラと現在作成中の服、背景用にCanal Cityをレンダロで買ってきました。confident
Canal Cityは、正式にはDAZ Studioに対応してないようですが、DAZ StudioにSceneをインポートすればとりあえず使えました。
Canal CityにもDomeが付属していますが、非表示にしておきます。

201507031

この背景にV4を配置して、カメラ・アングルを決めます。
Perspective Viewを使うと、楽です。happy01

201507032

Irayの設定は、基本的にDefaultを使います。
いろいろ数値を変更した場合、Defaultボタンを使うと初期値に戻ります。
General では、レンダリング解像度を指定します。

201507033

Render Modeは、Photoreal を指定します。
Interactiveでは、お試しレンダリングができます。

201507034

次に、Environmentの設定をします。
IBLと、ヘッドランプを使用したいので、Dome and Scene を使用します。
この組み合わせは、プレビューとレンダリングイメージが近い感じになるので、お手軽です。
Draw Domeは、ONにします。

201507035

背景をぼかしたいので、新たにカメラを作成します。
Perspective Viewをコピーして作成するとアングルが変わりません。

201507036

カメラのパラメーターを変更します。
Focal Lengthを100mm、Depth of Field をONにします。

201507037

IrayのアドバンスタブのPhotoreal Device でGPUを指定します。
ちなみに、この画像ではノートパソコンなのでGeForce GT640Mですが、どうやらこのGPUではレンダリングできないようです。crying
CPUを指定するとレンダリング時間は、2時間を軽く超えてしまいました。coldsweats02

そこで、デスクトップパソコンで、レンダリングしました。
GPUは、GTX 750Tiです。
レンダリング時間は、約8分でした。bleah

201507038

こちらがレンダリング結果です。
少し、ぼやけた感じと、青みがかった感じなので、これをPhotoshopで修正しました。

201507039

細かな設定をしようとすると、ハードルが高いのですが、ほとんどデフォルト設定で、しかも短時間で、フォトリアルなポートレートができるのは、とてもうれしいです。happy01
Poserにも、ぜひIrayを搭載してほしいですね。catface

DAZ Studio Irayの詳しい説明については、操・活・解さんのサイトがおすすめです。confident

« DAZ Studio4.8 Irayレンダラー | トップページ | V4FR outfit for V4A4 リリース »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/61832408

この記事へのトラックバック一覧です: DAZ Studio Irayでポートレート:

« DAZ Studio4.8 Irayレンダラー | トップページ | V4FR outfit for V4A4 リリース »