2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« V4FR outfit for V4A4 リリース | トップページ | 次は、夏のパンツに »

毎日暑いのでプールでも

ここ数日、暑い日が続いてますので、プール絵を作りました。
プールのpropには、hideoutさんのA_Poolを使わせていただきました。
リアルで欲しくなるような素敵なプールで(無理!)、モデリングも素晴らしいです。happy01

今回は、DAZ Studio のIrayを使いたかったのですが、A_PoolにはDAZ Studio用マテリアルがなくて、水面をどう設定するかでいろいろ試行錯誤しておりました。
DAZ StudioにもWaterというプリセットがあるのですが、鏡のようにきれいな水面すぎて・・。

そうこうしてるうちに、pixivで、とうふさんがA_Pool用のマテリアルを配布されてたのを見つけたので、早速使わせていただきました。
大変素晴らしいマテリアルで、大感謝です。happy01

絵の作成過程を簡単にメモしておきます。
まず、DAZ StudioにA_Poolをロードして、とうふさんのマテリアルを適用します。
ライトを配置してみてプレビューしつつ、適宜調整します。

IrayのSun-Sky only もよいのですが、人物ポートレートだと、イメージどおりライティングするのが、なかなかむずかしいので、Dome and Scene を使いました。
その他のIrayの設定は、デフォルトです。

201507121

次に、人物を配置しました。
モデルは、Genesis2のマイキャラです。
背景を非表示にして、ポーズやカメラアングル、ライトを試行錯誤しました。
顔もIray用に微調整・・・。coldsweats01

201507122

結局、ライトは、UberEnviroment2 と、DistantLight、SpotLight1です。
次に、背景を表示して、建物の壁などで、光の加減が変わるので、ライトを調整します。
ポートレートなので、カメラもいつものように、Focal Lengthを100mm、Depth of Field をONにします。

201507123

とうことで、最初に低解像度でお試しレンダリングしてみて、最後に大きな画像でレンダリングしました。
使用したデスクトップPCのGPUは、GTX 750Tiです。
レンダリング所要時間は、1600pix ×1600pix で約1時間20分でした。
ライトを複数設置したせいか、時間かかってしまいました。

Photoshopで自動コントラスト調整して、解像度を減らしてとりあえず完成です。
なかなかフォトリアルなイメージができました。
背景のリアルさが、フィギュアに勝ってる気もしますが・・・。coldsweats01
とりあえず涼しい感じがしました~♪。coldsweats01

201507124

« V4FR outfit for V4A4 リリース | トップページ | 次は、夏のパンツに »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

kobamaxさん こんばんは^^

勉強になります!m(_ _)m

Fujikoさん、こんにちは~。
レンダロへの投稿や車のレンダリング拝見いたしました。もう完璧にマスターされてますね~。happy01
PoserのシーンをDAZ Studioにインポートできるので、Poserメインの人も、DAZ Studioをレンダラーとして使うのは、ありですよね~。confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/61876146

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日暑いのでプールでも:

« V4FR outfit for V4A4 リリース | トップページ | 次は、夏のパンツに »