2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Mami for V7 アップロードしましたが・・・。 | トップページ | Poser11Pro来ました »

Skyler用の服をつくる

現在作成中のフリルドレスをSkyler用にする方法を書いておきます。

201511161

最初に、ShapeタブでSkylerを100%にして、自動的に変形します。
すると、胸のあたりがSkylerは平たんなので、でこぼこになったり、テクスチャーが相当歪んでしまいます。

2015111621

そこで、胸の凸凹をZbrushでなめらかにします。
modoでもやってみましたが、Zbrushの方がうまくいきました。confident

Zbrushには、DAZ Studioから Gozを使って自動的に転送しています。
フィギュアと服を同時に選択して転送すると、うまくSubToolで分けて編集できます。
これをGozでDAZ Studioに戻し、モーフ作成して、objでエクスポートします。

201511163

問題のテクスチャーの歪みですが、別UVで対応します。
modoのUVリラックス機能を使って、UVの輪郭を変えずに、UV再展開します。
これで、テクスチャーの歪みがなんとかおさまります。
今回は、modoでやったんですが、これってZbrushでもできそう・・・ですよね。coldsweats01

201511164

DAZ Studioに戻り、作成した服のモーフをMorph Loader Proで読み込み、Skyler用のモーフを上書きします。
この時、以前書きましたが、Reverse Deformations:yes、Preserve Exsisting Deltas:Yes を設定します。

2015111641

さらに、Skyler用のUVをDAZ Studioにロードします。
これは、服を選択して、以下のメニューからロードします。
作成するUVの名前をつけて進めば、新たなUVが追加されます。
これで、サーフェスタブのUV SetでUVの切り替えができるようになります。

201511165_2

これを、File>Support Asset>UV Asset(s)...で登録すれば完成です。

うーむ、専用UVを使うことで、なんとかSkyler用の服ができましたが、通常の作り方ができればいいんですけどね。gawk

作ったのでお試しレンダしました。

201511166

靴、ソックス、リボンは何もしなくても使えました。
ただし、リボンはpropなので、縮小して位置調整してます。

Skyler、かわいいですね・・・。heart04

« Mami for V7 アップロードしましたが・・・。 | トップページ | Poser11Pro来ました »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/62689775

この記事へのトラックバック一覧です: Skyler用の服をつくる:

« Mami for V7 アップロードしましたが・・・。 | トップページ | Poser11Pro来ました »