2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Miu2 for G3F リリース | トップページ | Miu2 for G2Fへの道その2 »

Miu2 for G2Fへの道その1

お先日コメントがありました、Gensis2 用のMiu2、早速試してみました。coldsweats01

Genesis2は、Poserで使えるDAZの最新フィギュアです。
できたら、Gensis2をVictoria4の後継として、Poserで使えればよいなあと思ったり・・・。

とりあえず、Aiko6まで持っていながら、あまり使ってない(泣)Genesis2をPoserで使ってみることにしました。

試すに当たっては、素材として、Miu2 for G2Fを用意いたしました。
テクスチャーは、Miu2 for G3Fを作成途中にできた、V4用変換テクスチャーを使いました。
なお、Bumpマップなどは、一切省略してます。coldsweats01

私は、Victoria 4 for Genesis 2 Femaleを持っているので、Gensis2にV4用テクスチャーを使えます。服などの変換にも必要なので、たいていの人が持ってるのかも・・・。

Genesis2とGensis3はの顔は少し違ってますが、モーフの種類などかなり似ています。
したがってMiu2のパラメータ値を適用して少し調整するだけで、似た顔が作れました。
ちなみに、カスタムモーフについては、Genesis2用に再度作りました。
並べてみると、こんな感じです。

201603295

若干、微調整が必要ですが、かなりそっくり・・・。happy01

さて、今回は、Miu2 for G2FをDSでキャラクターとして登録し、Poser Companionを作りました。

201603291

このCreate Poser Companion Filesの実行で、Poser側から読み込めるようになります。
なお、Poser側には、あらかじめDSON Importer for Poserをインストールしておきます。

ちなみに、ここでつまづいたのですが、DSON Importerは、最新バージョンでないと、Poseがうまく適用できないなど、トラブリます。crying

(追記 20160410)
PoserPro2014では、最新バージョン1.2.0.12が必要ですが、Poser11Proでは、Betaバージョン1.1.3.49がよいです。

Genesis3読み込みには、Betaバージョンがよいとのことですが、G2Fに関しては、最新が必要でした。

201603292

PoserPro2014で読み込んだイメージです。
いろいろ指摘されているように、確かに重いです。
DSではスムーズに動くのですが、腕の上げ下げひとつもカクカクしてしまいます。weep

少しでも軽くするために、ScriptメニューでサブディビジョンをOFFにしてみました。
テクスチャー表示も場合によってはなしにするなど・・・。coldsweats01
サブディビジョン設定は、必要に応じてレンダ前に再設定・・・。

201603293

プレビュー設定も、極力軽くするように設定しました。
テクスチャーサイズも256に下げたりして・・・。
これらで、少しは軽くなったように思います。despair

201603294

Genesis2で保有している数少ない服です。coldsweats01
これで、あとはレンダリングするだけですが、せっかくなので、重い背景を追加して、さらにSuperflyにチャレンジしてみます。

201603296

Genesis2をPoser11Proに持ってきて、背景にCanalCityを追加しました。
Poser11Proでは、サブディビジョンをOffにすると、テクスチャーがおかしくなりました。
ひょっとしてUVがGenesis2 Femaleに戻ってしまったり?!
Poser11では、DAZおよびSmithMicroどちらかに、まだ不具合あるのかも・・・。weep
動きは、やはりもっさり・・・。

お試しレンダすると、こんな風にドレスやパンプスが真っ黒に・・・。wobbly

201603297

Poser11のエラー表示によると、Superflyでは、シェーダーツリーのClayとか、Ambient Ocuulussionとかは、読み込めないみたいですね。

やむなく、マテリアルを手動で調整しました。
Superflyでは、とにかくこの作業が発生し、トライアンドエラーを繰り返さなくてはなりません。weep

ライトの位置も調整して、レンダリングした結果がこちらです。
レンダリング設定は、プリセットのGPU Medium で、約8分少々です。
なかなか早いし、綺麗です。

201603298

V4のようにサクサク動きませんが、なかなかよいかも・・・。confident

« Miu2 for G3F リリース | トップページ | Miu2 for G2Fへの道その2 »

POSER Character」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/63411809

この記事へのトラックバック一覧です: Miu2 for G2Fへの道その1:

« Miu2 for G3F リリース | トップページ | Miu2 for G2Fへの道その2 »