2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Miu2 for G2F リリース | トップページ | Superflyでレタッチポートレート »

Poser11 Superfly のテスト(HDRI)

GeForce GTX 960を購入したので、Superflyのレンダリングをテストしてみました。
レンダリングするイメージは、前回の学校制服のイメージで解像度は1000pix×1000pixです。
以前の記事に書いた、EnvSphereにPoser標準添付のHDRVFX_pond_01_v_002.hdrを貼りつけて、ライトなしでHDRIを使っています。

201604280a

最初に、CPUレンダリングです。
当方のCPUは、懐かしのAMD Phenom Ⅱ X4 940です。
ちなみに、Geekbench3のスコアは、Multi-Core 5463です。crying

201604281a

CPU Very Fast Preview レンダリング時間:25秒

201604282a

CPU Midium Quality レンダリング時間:256秒(4分)

201604283a

CPU High Quality レンダリング時間:2058秒(約34分)

この設定でも、ざらつきが収まらないので、使えないですね。coldsweats02
そこで、ざらつきを抑えるため、サンプル数を上げるんですが、プリセットをさらに上げると、いつ終わるか予想がつかないくらい遅いです。shock
このため、Default設定をベースにして、ピクセルサンプルだけ35に上げてみました。
ピクセルサンプル35というのは、Urtra Qualityの設定値です。

201604284a

CPU Default ピクセルサンプル35 レンダリング時間:7760s(129分)

きれいなレンダリングになりましたが、この解像度で129分はきついですね。weep
CPUレンダリングでは、ざらつきを抑える効果もあるBranched Path Tracingを使用しています。このため、ピクセルサンプルが少ない値でもざらつきが少ないようです。

この設定をGeForce GTX960でやってみました。
前のGTX750Tiでは、Branched Path Tracingにチェックを入れると、レンダリングできなかったのですが、GTX960では使用できました。happy01
レンダリング時間は、4875s(81分)で、かなり早くなりました。wink
最近の8コアCPUを使うと、劇的に早くなるんでしょうね・・・・。wobbly

次にGPUレンダリングしてみました。
プリセットのGPUレンダリングは、基本的にBranched Path Tracing を使用しない設定になってます。

201604285a

GPU High Quality レンダリング時間:341s(5分)

201604286a

GPU Extreme High Quality レンダリング時間:1444s(24分)Causticsの設定なし

この設定では、ピクセルサンプルが50になってます。
先ほどのCPU Default ピクセルサンプル35 に比べると、若干ざらつきがありますが、レンダリング時間を考えると、まあ使えるレベルかも・・・。confident

ざらつきを抑えてレンダリング時間は早くするために、こんな設定してみました。

201604287a

GPU Mideum Quality ピクセルサンプル70 レンダリング時間:1380s(23分)

QualityをMediumに落としてるんですが、あまり変わらない気が・・・。
ざらつきを抑えてレンダリング時間も節約できたような・・・。coldsweats01
用途に応じて、うまく設定を使い分けするとよいですね。happy01

« Miu2 for G2F リリース | トップページ | Superflyでレタッチポートレート »

POSER」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/63552847

この記事へのトラックバック一覧です: Poser11 Superfly のテスト(HDRI):

« Miu2 for G2F リリース | トップページ | Superflyでレタッチポートレート »