2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« iClone 6 Proで物理演算スカート | トップページ | Genesis3 をiClone6proにインポートする »

iClone 6 でPoserの小道具を使いました

iClone 6 Proで、Poserの小道具を使ってみました。
選んだ素材は、せっかくなので、動画も作ってみたいHideoutさんのプールです。happy01

201609261
 
DAZ Studioで読み込んだら、こんな感じです。
この小道具は、Poser用なので、マテリアルが、再現できていないところがあります。
壁や床は、PoserマテリアルのUVのタイルがうまくDSに反映できていませんでした。
その他、植木の茎の色とかが白くなっていました。
 
Poserの小道具をiCloneで使うには、Wavefront.objでエクスポートし、テクスチャーもまとめてフォル同じフォルダに入れておくのがよい、とのことです。(こちらのブログで教えていただきました。感謝。)
 
201609262
 
3DXchange6 で、読み込むと、すんなり読み込めました。
ただし、先ほど書いた、床、壁、植木の茎などは、DAZ Studioでの結果と同じ状態でしたので、3DXchange6上で直しました。
実は、iclone上でも直せると、思ってたんですが、なぜかうまくいきませんでした。crying
 
201609263
 
動画を作るため、Miu2 for G2Fに水着を着せてiCloneに持ち込みました。
今回は、まばたきがうまくいくように、表情エディタで、閉じ加減を調整しておきました。
 
201609264
 
プールをiClone6 に読み込んで、人物を配置してみたところ、大きさもばっちりでした。happy01
このあたり、うまくできてますね。happy02
 
201609265
 
さて、問題のプールの水面なんですが、iClone6Proには、標準で水プロップなるものが、用意されています。
これ、水面のきらきらなどの動きを再現してくれるスグレモノです。
 
少し特殊な小道具のようで、位置を動かすことはできません。
高さ、大きさと水平回転の調整はできますので、うまくプールを動かして、調整しました。
水面の波の大きさなど、水の流れなど、細かく調整できるようです。
 
201609266
 
背景に空を配置して、ライトを追加すると、こんな感じになりました。
なお、水面は、リアルタイムレンダーオプション「高」でこのようになります。
 
今回の動画には、購入したバンドルに入っていたMixMoves Communication 200: 連続自動モーション素材パックを使いました。
表情や動きなど、改善できそうなところが満載ですが・・・。coldsweats01
 

« iClone 6 Proで物理演算スカート | トップページ | Genesis3 をiClone6proにインポートする »

iClone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/64262848

この記事へのトラックバック一覧です: iClone 6 でPoserの小道具を使いました:

« iClone 6 Proで物理演算スカート | トップページ | Genesis3 をiClone6proにインポートする »