2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« iClone 6 Proで日本語を話す | トップページ | iClone 6 でPoserの小道具を使いました »

iClone 6 Proで物理演算スカート

今回は、iClone 6 Pro で、念願の物理演算スカートを試してみました。

Marvelous Designerでは、おなじみの機能ですが、DAZ Studioにはなし、PoserにはBulletがあるものの、うまく使えませんでした。weep
ちなみに、iClone 6 Proでは、物理演算エンジンは、nVidia社のPhysXです。

 
試行錯誤の結果、用意したのは、以前V3用に作ったドレスです。
 
201609251
 
DAZ Studio4.9Pro Betaでfbxファイルを作ります。
髪は、Jewel Hairです。
 
201609252
 
まず、キャラクターの物理演算設定をします。
キャラクター衝突形状エディタを開いて、ドレスと衝突する部位を設定します。
iClone 6 pro では、衝突の判定は、キャラのBodyではなく、それにかぶせたカプセルなどの衝突形状(リジッドボディ)で行います。
 
これが、リアルタイムで物理演算する仕掛けなんですね。confident
上図のキャラの右足に見える赤い部分がそれです。
この形状は、形を変えたり追加することもできます。
 
201609253
 
次に、ドレスの物理設定をします。
該当のマテリアルを選択して、UVマップを元にウェイトマップを作り、読み込ませます。
上図の白い部分が物理演算の対象になります。
このため、あらかじめウェイトマップを作りやすいUVにすることが必要になります。
私が最近作ってる、型紙を使ったUVでは、難しいとか、使いにくいことが多いです。shock
テストしてみて、何度かウェイトマップを作り直しました。bearing
 
201609254
 
リアルタイムでの演算は、さすがに厳しいらしく、画面表示をクイックモードにして、フレーム単位で少しゆっくり計算して、その結果を保持することもできます。
それでも、Poserのクロスシミュレーションより、はるかに速く、ほとんどリアルタイムです。
 
iClone 6 Proに付属している、お馴染みのダンスをスローにしてムービーを作りました。
動きがゆっくりのため、あまり物理演算らしくなくなりましたが・・・。coldsweats01
面白い効果のLightがあったので、使いました。
 
 
今回参考になるマニュアルおよびビデオはこちら

« iClone 6 Proで日本語を話す | トップページ | iClone 6 でPoserの小道具を使いました »

iClone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/64255704

この記事へのトラックバック一覧です: iClone 6 Proで物理演算スカート:

« iClone 6 Proで日本語を話す | トップページ | iClone 6 でPoserの小道具を使いました »