2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« レースクイーン用の服 その2 | トップページ | Mayu2 を和風に »

レースクイーン用の服 その3

今回は、ブーツの皺を入れました。

ノーマルマップも使ってみたのですが、疑似的な皺なので、どうしても立体感に欠けてしまいます。
このため、Zbrushを使って皺を入れることにしました。
 
201703311a
 
以前のV4用ブーツをリトポしたものがこれです。
約14,000ポリゴンのローポリです。
 
201703312a  
 
Sdiv5に上げて、ペンタブレットで皺をつけたものがこちらです。
かなり、それらしくなりました。ポリゴン数は、約300万くらいです。coldsweats02
今回は、デジタル原型師 SAKAKI Workshopさんが配布されているブラシの中から主にSK_Clothを使わせていただきました。(感謝)
 
201703313a
 
このままでは、ポリゴン数が多すぎるため、リトポするのですが、その前に、現在のUVからポリゴングループを作っておきます。
 
201703314a
 
リトポは、ZRemeshserで行います。ポリゴングループをキープする設定とし、ターゲットポリゴン数を約14,000くらいにしました。
ZRemesherの説明は、こちらのYoutube解説が、大変わかりやすいです。
実行した結果、ポリゴン数は、約30,000くらいになりました。wink
 
201703315a
 
ZRemeshser実行後、UV Masterを使って、Unwrapして自動展開します。
その後、modoやメタセコなどで、若干手直しをしました。
 
201703316
 
DAZ Studioにアップロードすると、こんな感じになりました。
Zbrush、すごい・・・。happy02
今年は、すごい機能があるのに、あまり使っていなかったZbrushを勉強してみようかなと、思っています。happy01

« レースクイーン用の服 その2 | トップページ | Mayu2 を和風に »

DAZ Studio」カテゴリの記事

Zbrush」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184317/65091626

この記事へのトラックバック一覧です: レースクイーン用の服 その3:

« レースクイーン用の服 その2 | トップページ | Mayu2 を和風に »