2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 次のMMDダンス | トップページ | iClone7でMMDダンス その3 »

2018年3月29日 (木)

dForce G8F Suit for G8F リリース

Renderosityにて、dForce G8F Suit が、無事リリースされました。
いつものように、リドミーの内容をメモしておきます。
 
■コンテンツ
G8F Jacket_Close(dForce)
G8F Jacket_Open(dForce)
G8F Inner(conform figure)
G8F Skirt(dForce)
 
ジャケットは、前ボタンをとめたタイプと、開けるタイプの2種類あります。
前ボタンをとめたものは、dForce Modifier Weight Node がペアレントされており、ボタン周辺がシミュレーションの影響を受けない設定になってます。
 
前が開くタイプは、シミュレーション前に、FrontOpenモーフを適用することで、スムースに前が開くようになってます。
 
ちなみに、いろいろ試行錯誤したんですが、ボタンを非表示にしてシミュレーションすることをオススメします。
 
■モーフ
FBM/PBMは、記載してあるもの以外は、DAZ StudioのAutoFollowによります。
このため、期待した結果にならないものもあるかもしれません。
 
シミュレーション結果で、服が破けたりする場合には、各種アジャストモーフを用意していますので。お試しください。
ちなみに、FC-で始まるモーフは、Fit Controlモーフです。
 
■注意
dForceを使用できるパソコンを使ってください。
すべてのポーズに対応しておりません。
破けが発生することもあるので、Smoothing Modifireを使用してください。

シミュレーション結果によっては、Smoothing Modifireを解除した方がよい場合もあります。 
 
■インストール
 スマートコンテントに表示されない場合は、Content DB Maintenance.のRe-Import Metadataを実行してください。 
 
■Tips
MiniSkirtモーフを適用した場合、MiniSkirt用UVに変更可能です。
シミュレーションについては、Animatedを強く推奨します。
レントフレームでも動きますが、爆発などを避けるために、こまかく時間設定やポーズ設定が使えるAnimatedがよいです。
なお、シミュレーション例を同梱していますので、参照ください。
レンダロのページは、こちらです。
 
201803291

« 次のMMDダンス | トップページ | iClone7でMMDダンス その3 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: dForce G8F Suit for G8F リリース:

« 次のMMDダンス | トップページ | iClone7でMMDダンス その3 »