2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« MMD用の衣装を作ってみる3 | トップページ | MMD用の衣装を作ってみる5 »

2018年12月 8日 (土)

MMD用の衣装を作ってみる4

MMD物理スカートの作り方の初心者用の覚書です。
はじめてだと、なかなかうまくいきません。
 
物理スカート作成には、有名な神プラグイン「曲面自動設定プラグイン」を使います。(感謝)
というか、これがないと不可能に近い・・・と思います。
 
1812081
 
今回作成したスカートの例です。
objを読み込んで、わかりやすいようにテクスチャーを貼りました。
前と後ろの長さが違うロングテールスカートです。
 
1812082
 
絞り込み表示(マスキング)でスカートだけ表示して、全頂点を選択しておきます。
図のように曲面自動設定プラグインを起動します。
ポリゴンの並びのため、少しメッシュが細かくなってます・・・。
 
なお、この例では、スカート丸ごと曲面設定自動プラグインを使います。
事前にウェイトを付与してません。
 
1812083
 
スカートの全頂点を選択した状態で、PMXモデルを選択、選択頂点・モデルの取得をクリックします。
 
1812084
 
基本・詳細設定を行います。
分割数は、横方向に8、縦方向に8としました。
スカート接続は、通常通り下半身です。
ヘッダーは自動で表示されます。
 
スカート接続は、今回チェックしませんでした。
付けると、作成される一番上より上は、下半身に追随して動くようになるそうです。
事前にスカートにウェイトを付けてないので、チェック付きの方がいいかもですね。
 
18120851
 
詳細設定タブでは、曲面を筒状に閉じるにチェックします。
板状に開くは、マントのようなものにするときですね。
今回は、これで設定終わりとし、基本・詳細設定適用ボタンをクリックします。
 
1812086_2
 
スカートの選択を解除して、矢印のジョイントをクリックして、制御点編集に入ります。
黄色い□が制御点です。これを動かしてスカートの形状に合わせていきます。
 
1812087
 
一般的な筒状のスカートだとわかりやすいのですが、今回のような変形スカートの場合、制御点の置き方は、一度やってみて結果を見ると、わかりやすいです。
今回は、このように制御点を置いてみました。
 
1812088_2    
 
正面から見るとこんな感じです。
左側だけスカートに合わせて、メニューから鏡面処理をすれば、右側を合わせることができます。
終了後は、制御点編集完了ボタンをクリックします。
 
1812089
 
最後にパラメータ設定を行います。
非常に細かく設定できるのですが、はじめてなので、用意された標準データを読み込んで、パラメータ設定適用を押します。
これで、処理は完了しました。作成されたジョイントが見えます。
 
18120810
 
下の剛体ボタンをクリックして絞り込み表示でスカートの剛体を表示させてみます。
こんな感じでスカートに沿って剛体が作成されています。
こんなの手動じゃ無理に等しいです。
この他にボーンとウェイトも自動的に作られています。すごすぎます。
 
18120811
 
うまく動くかどうかテストしてみます。
最初に剛体の非衝突グループを設定します。
例えば、足とスカートが非衝突に設定されていると、スカートは動きません。
 
最初、これがわからなくて、どうやってもスカートが動いてくれず、右往左往・・・。
この例では、足などはG2、スカートはG1なので、このように設定しました。
G1にチェックを入れないと、スカートの剛体同士がぶつかってぷるぷるふるえます。
また、足の方の設定も確認しておきます。
 
18120812
 
右上のTボタンを押すと、TransformViewが開きます。
これで、動作確認をすることができます。足には、IKが入っているので、解除して、足を動かしてみました。TransformViewの物を押して、「モード>リアルタイム更新」を設定すれば物理演算を実行できます。
 
このように少し破けていますが、うまく動いているようです。
破けた原因については、TransformViewの「表示>絞り込み表示」 で、該当箇所の剛体を表示するとわかりやすいです。
つまり、スカートの剛体の位置を内側に移動すればよいということですね。
 
剛体の移動は、このViewではなく、PmxViewで行います。
 
18120813
 
腰のあたりがおかしいので、見ると、このように下半身などの剛体とスカート最上部の剛体
かなり干渉してました。
 
18120814
 
スカートの剛体の後ろ側を後ろに動かして干渉を調整します。
この結果は、TransformViewの「編集>更新」などで反映できます。
なお、リアルタイム更新中は、移動編集できません。
 
こんな感じで、とりあえず物理スカートが動くようになりました。
しかし、実はここからが、長い長い調整の始まりです。
いろんなポーズでうまく動くように調整するのが、職人技に近い感じです。
 
完成動画は、こちら
つづく・・・。

« MMD用の衣装を作ってみる3 | トップページ | MMD用の衣装を作ってみる5 »

MMD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MMD用の衣装を作ってみる4:

« MMD用の衣装を作ってみる3 | トップページ | MMD用の衣装を作ってみる5 »