2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« Maki for La Femme がリリースされました | トップページ | LaFemmeさんのフリー服 »

2019年4月10日 (水)

PoserPro11が使えなくなりました

昨日、突然、PoserPro11英語版が使えなくなりました。
こんなメッセージです。

The grace oeriod for activating this product has expired......

これまで使てたのになぜ??

実は以前もこんなことがあり、その時はパソコンの調子が悪くなって、新パソコンにPoserを移した時に、Smith Maicroのサイトで間違ってパーマネント・アクティベーションpermanent activation )に変えてしまったのが大きなミスでした。

そもそも、サブスクリプションと恒久ライセンスというのが一般的だと思うのですが、このPoserのパーマネント・アクティベーションというのは、なんのためにあるのか理解できません。

Poserのパーマネント・アクティベーションは、ソフト上で登録解除しないといけない制約があるのだそうで・・・・。
今回、どうやってもPoserを起動できないので、登録解除ができません。

Smith Microのサポートに連絡したのですが、「すべてのシステムをデアクティブにしたら、一度だけ直すことができます」の1点張り・・・。
デアクティブにできないからサポートに連絡してるのに・・・。
そもそも、パーマネント・アクティベーションなのに、なぜ突然つかえなくなるのか・・・。

Poserのサポートは、親身になってユーザーを助けてはくれないようです。
数万円も出して買ったのに、結局使えなくなりました。
ということで、Poserのライセンスとサポートにはお気を付けください。

« Maki for La Femme がリリースされました | トップページ | LaFemmeさんのフリー服 »

POSER」カテゴリの記事

コメント

ようは3台目まで同時起動を許す代わりにオンライン接続を要求するオンライン認証かオンライン認証をしなくても使い続けられるパーマネント認証かどちらか選ぶことができるということではないでしょうか?パーマネント認証は外部からはリセットできないので認証を壊してしまうともうひとつ新しいライセンスを発行することになります。Windowsでいうとライセンスキーが印刷された紙を紛失したのと同じ状態ですね。永遠にあげるわけにはいかないので最初から一度に限りもうひとつライセンスをくれるということでしょうね。そうでないと悪用すればPoserのライセンスを無限に増やしたり販売したりできますからね。今回はソフト的なバグで壊れたのですがそれを証明する方法が双方にないのが問題ですね。
ソースネクストで2,980円のセールの時に購入されるのをお勧めします。

どなたか存じませんが、詳しくかつ親切なコメントありがとうございます。ライセンスが使えなくなったのと、サポートが不親切なので、もやもやしていたのが、少しすっきりしました。

英語サポートということで、ニュアンスが伝わりにくいということもあるかと思います。

今回の原因は、4月初めにあったWimdows10のアップデートで、とあるソフトに不具合があったので、システムの復元をしたのがまずかったのではと思っています。
Character Createrも起動しなくなりましたので・・。
Character Createrは、サポート対応で回復できました。

Poserの新しいライセンスキーは、まだ一度ももらってないので、そうしてほしい希望を伝えましたが、返答がありません。Smith Microサポートの対応には、失望しました。
それから、ソースネクスト情報ありがとうございます。^^

ライセンス回復が1回きりとはずいぶん厳しいですね。
わたしが今まで使ってきたソフトは2回目以降は有償対応とか、最後のライセンス回復から半年経つまでは再回復出来ないといった感じでした。

ソースネクストのPoser11Proは画面を見る限り日本語版みたいなのでベンダーさんにとっては互換性が気になりますね。

Ps.
レンダロでセールだったのでベビードールとコートを買っちゃいました^^
コートはフィギュアが選択されていない状態でFillter By ContextがオンだとSmartContentに表示されないんですね。
他の服と表示条件が異なるので一瞬焦りました^^;

dejimuさん、コメントありがとうございました。
おかげさまで、また少し元気がでてきました。^^;

最近のソフトはオンライン認証が必須なものがほとんどで、Windows自体オンライン更新なので、今となってはオフライン認証は、必要ないように思います。
オフライン認証するなら、トラブルサポート対応を十分にやってもらいたいものです。

実は、MACでの動作確認用にPoserPro11日本語版をすでに持っているのですが、いわれるように互換性が気になってました。
試しにライブラリに何か保存してみたのですが、昔のようにCR2の中に日本語が混ざるとかいうことはないようです。

多分、まにほにさんがしっかりテスト・監督をされている賜物だと思います。(感謝)
 
レンダロのセールでお買い上げありがとうございます。
コートのSmartContentなんですが、いつもと同様にメタデータを登録したらどうしても表示されませんでした。

これまで表示されたり、しなかったりで、DSのソフトも仕様がいろいろ変わってるのかなと思ってました。
いまだ謎です。
なるほど、Fillter By Contextですか、勉強になりました。

ちなみにRenderosityではメタデータまではチェックしないようで、メタデータなしの商品も結構あるみたいです。(;'∀')

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Maki for La Femme がリリースされました | トップページ | LaFemmeさんのフリー服 »