« G8FT Skirt for G8F アップしました | トップページ | G8FT Skirt for G8F リリース »

2019年9月19日 (木)

dForce Hair を使ってみました

先日、DAZでアーティスト40%オフセールというのがあったので、Lancy Character with Hair を購入しました。
ロングヘアで軽いdForce Hair が欲しかったのですが、実はこれ、dForce Stand Hair という新しいヘアでした。(;^_^A

dForce Stand Hairとは、DAZ Studioの新しいヘア機能で、ヘアガイドから髪を生成するというヘアです。
最初、それに気づかず、Irayプレビューで髪が表示されなくて、悩みました。(笑

1909191a

dForceヘアを読み込むと、こんな感じで白く表示されます。
このままだと、Irayプレビューでは表示されません。

1909192

表示させるためには、パラメータのVewport Line Tessellation Sidesを2に上げる必要があります。
ただ、このままでは動きがすごく重くなるので、要注意です。

DAZ Forumの説明によると、ヘアスタイルカーブのみ表示して、レンダ時にポリゴン生成(テッセレーション)するのだそうで・・。
詳しくはこちらで。

1909193

この髪には、Lancy Hair Face Sheild というアイテムがついてます。
表示させてみるとこんな感じで襟巻トカゲみたいな・・・。
これはたぶん、シミュレーション時に髪と顔の干渉を防止するためなのでしょうね。(いろいろ大変なんだ・・・)

その他、Front Dynamics On/Off これは、前髪のシミュレーションのオンオフです。
Less Hair/More Hair は、髪の量を増やしたりできます。
Fast/Slow はシミュレーションの速度?とか、Zero 上半身をゼロポーズにしたりする、などあります。

シミュレーションの速度は、これ単体でBase/Betterであれば、割と速いですが、設定を上げると時間がかかります。
dForce服と合わせると、すごく時間がかかりそうで怖い・・・・です。

この髪のマテリアルは、プロモのようなシルバーみたいな色がとてもよく合うように思います。
一般的な黒髪やブラウンの髪もありますので、試しにMayumiさんでポートレートを作ってみました。

1909197

背景は、いつものPakutasoさんです。
髪のコントロールが難しいですし、髪の終端にもう少し柔らかさが欲しい気がしますが、見た目はなかなかのものです。
この髪、メインのキャラクターもすごく綺麗ですし、これまでどおりの髪も付属してるので、dForceが動きにくいパソコンでも使えます。

しかし、DAZ Studioのアプリはどんどん進化してますね。(;^_^A
ついていくのが大変・・・。

 

« G8FT Skirt for G8F アップしました | トップページ | G8FT Skirt for G8F リリース »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

こんちわ。私もセールでKayHairというdForceな髪を買ったのですが、iRayで表示されず悩んでおりました。
Vewport Line Tessellation Sidesのパラメータ調整で表示されるようになりました。助かりました(^^;)
dForceな髪でレンダするまで仔細がわからないのは辛いですからねえ。

airstoneさん、こんにちは~。
この髪、見た目がよいのに、あまり使う人を見かけないので、どうして?って思ってました。
リドミーに使い方を書いてほしいですよねー。(;^_^A

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« G8FT Skirt for G8F アップしました | トップページ | G8FT Skirt for G8F リリース »