« PEキャラ作成中 その3 | トップページ | PEキャラ作成中 その5 INJポーズの作成方法 »

2019年10月16日 (水)

PEキャラ作成中 その4 モーフの作成方法

PoserPro11でのキャラづくりに必要なモーフの作り方です。
使用するソフトは、ちょっと高価なZbrushですが、随分簡単になってます。

1910161

モデルは作成中のPEキャラのMoaさんです。
選択してメニューから「Export Object mesh to GOZ」をクリックします。

1910162

こんなダイアログが出ます。Poseをつけたままの場合はチェックですね。
あと出力をポリゴングループかマテリアルかを選択します。
これは、Zbrushで作業に便利な方を選択します。

1910163

Zbrushが起動しますので、読み込みました。
お試しに耳をエルフにしてみました。
終わったら「GOZ」ボタンをクリックします。

1910164

Continueをクリックします。

1910165

PoserPro11に戻り、ダイアログが表示されます。
ここに作成したモーフ名を入力します。

1910166

右下のプロパティに「Elf-Ear」というスライダーができました。
値を1にすると、モーフが適用されます。

すでに多くのモーフが適用されたMoaさんのお顔のままでも、自動的に差分を計算してモーフを作ってくれるようです。
DAZ StudioでいうReverse Defomationですね。
また、この方法だと、自動的にフルボディ・モーフとして作成されます。これは便利!

次回は、次のステップに進みます。

今回のエルフ耳でテストレンダをしました。
DAZ Studioのマウイ島とNeneHairを使っています。
うーん、やはりこのままではRenderosityでキッズ認定されてしまう・・。(-_-;)

1910167

 

« PEキャラ作成中 その3 | トップページ | PEキャラ作成中 その5 INJポーズの作成方法 »

POSER Character」カテゴリの記事

Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PEキャラ作成中 その3 | トップページ | PEキャラ作成中 その5 INJポーズの作成方法 »