2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« iClone7でストロベリー☆ | トップページ | 冬物ハーフコートを作ってます »

2019年11月12日 (火)

Convert iMotion for G8 Female

Youtubeで、iClone のモーションのG8F用への変換について、質問がありました。
そこで、私の最近の変換方法についての動画を作成して、アップしました。

以前は、こんなにうまくいかなかったような気がします。
多分、iCloneとDAZとの連携強化で改善されたのかもしれませんね。

iClone7のフィギュアとG8Fとの相違点は、初期ポーズと、あとShoulderとThighのボーンです。
これをうまく変換するアイデアを説明してあります。

こちらです。

この方法で、iCloneを介すれば、DAZのG3アニメのG8変換や、MMDモーションのG8F変換ができるということになります。

1911121a

なお、エクスポートしたBVHをDSにインポートする際に、リターゲッティングをする必要はありません。
DSで自動的に割り当てられます。

1911121

さて、DAZ Studio1.12では、アニメーション機能の強化が図られています。
上図のように標準で従来のKeymateとGraphmateの機能が使えるようになってます。

グラフについては、ちょうどiClone7のCurve Editorみたいな感じです。
iCloneやMMDのモーションを変換しても、やはりフィギュアの違いから修正する必要がでてきます。
この際に、PoserにあってDSにない、アニメーション・レイヤー機能が追加されると大変使いやすくなりますね。

最近のDAZ Studioの機能強化は、DSになかったPoserの機能を追加してるようにも思えます。(;^_^A

 

« iClone7でストロベリー☆ | トップページ | 冬物ハーフコートを作ってます »

DAZ Studio」カテゴリの記事

iClone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iClone7でストロベリー☆ | トップページ | 冬物ハーフコートを作ってます »