2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« MarvelousDesignerでのGenesis8 Femaleのサイズ | トップページ | Unreal4を始めてみた »

2020年2月24日 (月)

またレザージャケット作ってます2

レザージャケットのその後です。
デザインとか、いろいろ見直しをしました。
形が気に入らない場合、MarvelousDesignerに戻ってお直しです。

dForceの服の場合、シミュレーションを行うので服のポリゴンは、シンプルにしてます。
このため、ふちの盛り上がりなど服のディテールは、ディスプレイスメントで行っています。

ボタンやジッパーは、PropをRigid Follow Nodeにペアレントします。
このジャンパーは、首のボタンがいわゆるスナップボタンになってますが、これもPropにしてます。
パチンと止めるボタンですね。^^
あと、両サイドのポケットのジッパーもPropです。これは開きません。(;^ω^)

問題が、フロントのジッパーです。
シミュレーションで開くので、テクスチャーが分かれてしまうという問題があります。
これは、別途マテリアルを用意する案もありそうですが・・・。
次にジッパー自体の上下移動なんですが、Rigid Follow Nodeの移動はたぶん無理・・・です。(-_-;)

考えたのが、ジャンパー自体を閉めた状態、途中の状態、開いた状態の3種類用意することです。
まあ、あとでジッパーの位置を調整すればすべての位置に対応できますが・・・。

2002241

こちらが前を閉じた状態で、ジッパーが一番上にあります。
デフォルトの状態です。
2002242

途中まで開いたモーフを適用した状態で、ジッパーが中間にあります。

2002243

最後が前を開いたモーフでの状態です。
モーフ適用前の位置にジッパーをペアレントしてます。
モーフ適用やシミュレーションに追随してジッパーも動きます。

このジッパー、右側に付けるか左側につけるか、悩みました。
日本では一般に自分から見て左側につくようですが、米国では右が多いのだそうです。
ヨーロッパは日本と同じだとか・・・。
まあ、慣れた左にしときました。(;^_^A

dForceは、大変よくできた仕組みだと思いますが、ジッパーの対応があるのかなあ。(;^ω^)
ひょっとすると、スクリプトでできるのかなあ・・・・。う~む。

なんとかここまで来たので、次はFBM作成などの作業に取り掛かれそうです。

そういえば、DAZで新しいGenesis8 Female ベースフィギュアのNida 8が出ました。
テニスウェアを着た画像もありましたが、これって日本の大〇選手をイメージしてるのかも?。
以前にYuzuru8もでましたし、最近Renderosityでは、Yujiなんてキャラも出てます。
そんなに、日本ではDAZ関連製品が売れるのかなあ・・・。(笑

 

« MarvelousDesignerでのGenesis8 Femaleのサイズ | トップページ | Unreal4を始めてみた »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MarvelousDesignerでのGenesis8 Femaleのサイズ | トップページ | Unreal4を始めてみた »