2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« レザー・ジャケットをアップしました | トップページ | ファンタジー・ゲーム風キャラを作ってみた »

2020年3月24日 (火)

レザー・ジャケットがリリースされました

本日、Renderosityにて、「dForce G8FS Jacket for G8F」がリリースされました。
「Spring Cleaning SALE」に組み込まれています。

今回、実はRenderosityのテスターさんから、ご指摘があり、FBMを21個、修正しました。
自分では、なかなか気づかないところを第三者のテスターさんはチェックしてくれるので助かります。

ということで、リドミーの内容を書いておきます。

 ■対応しているFBM/PBMはリストのとおりです。
その他は、Auto Followに依存しますので、期待した形状にならないこともあります。

基本的には、Fitモーフを用意してますので、それを使用してください。

■ご注意
この製品は、dForce専用です。dForceが使用できるパソコンでお使いください。
すべてのポーズを対応しているわけではありません。
Auto Followに依存しますので、期待した形状にならないこともあります。

■インストールおよび制限
Zipを解凍して、My LibraryまたはMy DAZ 3D Libraryにコピペしてください。
Content DB Maintenance.で「G8FS Jacket」を指定してRe-Importしてください。

■使い方と制限
基本的にシミュレーションではAnimatedを強く推奨します。
dForceでは、基本的にSmoothing Modifierは使用しません。

同梱のシミュレーションのExampleを参照してください。

もし、追加テクスチャーセットを作成する場合、G8FS_Jacket_dsp.jpgをそのまま、または修正してマーチャント・リソースとして、使用できます。

HeadのFBMのせいでジャケットのネックが変形する場合、FBMのAuto Followのチェックをはずすとよい場合があります。
ポージングに際しては、Neck Lowerの回転を最低限に抑えるとよいです。

Renderosityのページはこちらです。

2003241

Wearable Presetは、Front CloseとFront Openと、Half Openの3種類入っています。
上のイメージはHalf Openです。
3種類それぞれ、ジッパーのテクスチャーが異なります。

« レザー・ジャケットをアップしました | トップページ | ファンタジー・ゲーム風キャラを作ってみた »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レザー・ジャケットをアップしました | トップページ | ファンタジー・ゲーム風キャラを作ってみた »