2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« Mieさん、リリース待ちになりました | トップページ | Mie for G8F リリースされました »

2020年5月 6日 (水)

3D-Coatで Genesis8 Female のシーム消し

Genesis 8 Femaleなどのキャラクター作成において発生するシームを、3D-COATで修正する方法の覚書です。

最初にGenesis8 FemaleのUVについてですが、Blenderで読み込んでUVを表示するとこうなります。

2005060
 
左側にずらっと7つのUVセットが並んで表示されます。
Genesis 8にUDIM(あるいはマルチUV)が使われているためと思われます。
このBlender2.82は、UDIMが使えるのですが、まだ完全ではないのかも・・・。(;・∀・)

さて、UDIMに対応していない3Dペイントソフトでは、一番左端のUVセットしか塗ることができません。
例えば、左端のFaceと左から2番目のTorsoのつなぎ目を、またいで塗ることはできません。

UDIMの異なるUVセットをまたいで塗れるソフトは、現時点ではMARIとかだそうで・・・。
どうやらSubstance Painterもまだできないらしいです。(開発中?)
私のmodo701も、UDIMに対応しておらず、塗れません。(上位バージョンは対応してるらしい)
ZbrushもUDIMには対応してますが、UVセットをまたいで塗る方法はよくわかりません。(・_・;)
あとでご紹介する予定です。(^_^;)

ということで、私の持ってるソフトでUDIMに対応している、3D-COATを使う方法です。(^o^)

2005061

最初にDSでエクスポートしたGenesis 8 Femaleのobjを読み込みます。
DSエクスポートは、High Resolutionで書き出します。(Baseよりも表示がきれい)
ピクセルペイント用モデルの読み込みを使い、テクスチャーも同時に読み込みます。

2005062

3D-Coatでは、このように複数UVセットとテクスチャーを一度に読み込みできます。
ここで、注意ですが、すべてのテクスチャーを元のピクセルで読み込むと、ビデオメモリ不足?とかでものすごく重くなります。
このため、編集するテクスチャーのみ4096ピクセルにして、他は64ピクセルに落として読み込みます。
編集しないテクスチャーはあらかじめはずしておくほうがよいですね。

2005063


読み込んだ状態がこちらです。右側のレイヤーを見ると、UVセットがレイヤーとして読み込まれてるのがわかります。
レイヤー0と1が追加されています。レイヤー0は透明度に関するもので、使用しません。

2005064

今回、修正するのは、上図のFaceの耳とTorsoとの間のシームです。
これは、わざと目立つようにシームをつけたものです。
Renderosityのテスターさんは、このぐらい拡大してわずかに見えるかな?程度のシームを指摘されます。(厳しい)
ペイント作業するにあたり、上部のアイコンで、テクスチャーのみペイントする設定にしておきます。

2005065

例えば、UVセット内の修正では、スタンプツールが使用できます。
これは、Photoshopのスタンプ・ツールを3D上で使うイメージです。
左クリックでコピー元を指定してペイントできます。

2005066
スタンプ・ツールは、異なるUVセットをまたいで使用できないので、レイヤー1を使って塗ります。
レイヤー1は、異なるUVセットをまたいで塗れるレイヤーです。
このようにTorsoUVとFaceUVをシームレスに塗ることができます。

2005067

単一色のブラシで塗るのでは、リアルさに欠けますので、それ用のブラシを作ります。
最初にコピー/貼り付けツールで、Faceのテクスチャーの一部(シームに近い場所)をCTRL+SHIFT+Cでコピーしてブラシを作ります。

2005068

レイヤー1をFaceとTorsoの上に移動して、選択します。
Phtoshopと同様、上位のレイヤーが優先して表示されます。

次に左側でブラシ・ツールを選択して、右上の先程作成したブラシを選択します。
左上の白い四角形はブラシの色なので、この場合は真っ白にしておきます。
このブラシで、透明度を調整しながら耳の後ろのシームを塗っていきます。

2005069

うまく塗れたらレイヤー1を複製します。

20050610

レイヤー1およびコピーとFace、Torsoをそれぞれ合成します。
これで、修正したテクスチャーが完成です。

20050611

テクスチャーをエクスポートする前に、環境設定でパディング(余白)を設定しておきます。
この例では10としました。

20050612

エクスポートしたいレイヤーを選択して、このようにエクスポートします。

20050613

書き出すUVをセットを指定してエクスポートします。
このあとに書き出す形式(PSDとかpng、jpgとか)を指定できます。

これで完了ですが、ソフトを介した圧縮など、元テクスチャーと比べて、変わってしまう問題も起こります。
このため、Photoshopなどで、元テクスチャーにシーム部分のみ合成するなどの作業をした方がよいでしょう。

3DーCOATは、プロ版が379ドルと安価なのに、スカルプからペイントまで対応した良いソフトだと思います。
持ってて良かったです。(^o^)

« Mieさん、リリース待ちになりました | トップページ | Mie for G8F リリースされました »

DAZ Studio」カテゴリの記事

3D-COAT」カテゴリの記事

コメント

ちょうど昨日UDIMを跨いでペイントしたくてソフトを探してました。
Substance Painterは去年からクローズドベータをしているみたいですが、まだリリースされてませんね。
MARIは以前Indie版が有ったけど今は無いみたいですね。
ZBrushは頂点ペイントなので塗るときはUDIMを気にしなくて良いのですが、テクスチャの読み込みがちょっと面倒ですね。
3D-Coatは持っているのですがさっぱり分かりません^^;

dejimuさん、こんにちは~。コメントありがとうございます。

DAZ Studioをやってると、結構UDIMをまたいでペイントすることが多いですよね。(^_^;)
MARIがすごいのはわかりますが、さすがにお値段もすごすぎて・・・。
結局リーズナブルなソフトで使えるものを探すことになります。

Zbrushは、頂点ペイントですので、ポリペイントしてしまえば、OKということで、試しにやってみたら、できました。(^_^;)
dejimuさんのいわれるように、準備作業が少し面倒ですね。
以前の記事に書いたXtractor Brashで、どのくらいできるか、やってみます。

3D-CoatもZbrushのポリペイントのように、マイクロ頂点ペイントを使うことができますが、ピクセルペイントは、別の仕組みのようで2D的に塗れるらしいです。どちらにも一長一短あるようですが・・・。

dejimuさん、3D-Coatもお持ちとは・・・。(^_^;)
私は、スカルプが流行った時期にZbrushが高かったので、先に3D-COAT買ってしまいました。
その後、Zbrushも買ってそちらを主に使っていましたが、せっかく持ってるので、有効活用したいです。(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Mieさん、リリース待ちになりました | トップページ | Mie for G8F リリースされました »