2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ゴスロリ厚底ブーツを作る5 | トップページ | 着物ドレスを作ってみた4 »

2020年7月13日 (月)

着物ドレスを作ってみた3

とりあえずブーツが形になったので、着物ドレスの作成に戻ります。
MD8で作成した着物ドレスを手直しして、DAZ Studioにインポートしてフィギュア化しました。

2007121

以前の記事に書きましたが、袖をきれいにシミュレーションできるように、後ろに袖を配置しました。

2007122

袖の長い着物などをTransfer Utilityでフィギュア化した場合に問題になるのが、これです。
Tool Setting>Geometry Editorで見ると、例えば、hipが袖にも配置されてしまっています。
その他、abdomenやchestなども配置されています。
これを直していきます。

2007123

右袖に設定されたhipをrShoulderに直してみます。
最初にhipを選択します。Select by Face group>Hipで指定します。

2007124

選択した中から袖以外のSurfaceをDeselectしていきます。

2007125

選択が袖のみになったらAssign To Face GroupでrShoulderにアサインします。

2007126

その他、直接ポリゴンをマウスでドラッグして、その範囲をFace Groupにアサインすることもできます。
細かいところは、こちらの方法がお手軽です。

2007127

Face Groupを直しても、腕を上げると、こんな風になります。
そこで、ウェイトマップを修正します。

2007128

Tool Setting>Node Weight Map Brush にして作業します。
上図では、左袖を修正しています。
最初に右クリックでGeometry Selection>Select By>Surface で左袖のみを選択します。
こういう作業があるので、あらかじめ右袖、左袖でSurfaceを分けてあります。

2007129

選択した箇所を、Invert Selectionで反転します。

20071210

Geometry Lockingで、誤ってウェイトペイントしないようにロックしました。(^_^;)
Visible/hideでうまくいくかは、よくわかりません。

20071211

lShoulderをペイントしていきます。ペイント途中は、非常に気持ち悪い・・・・。(・_・;)
すでに設定されているlForearmをなるべく避けて塗ります。

20071212

境界部分は。スムースブラシで適当にぼかすとよいですね。
セカンドライフでウェイトペイントを結構練習したのが、役に立ってます。^_^

20071213

ウェイトマップの修正も一応終わったので、腕を動かしてみているところです。
この着物ドレスは、dForce専用にするので、ウェイトマップの修正をしなくてもなんとかなるのですが、シミュレーション前のポーズを付けたりするので、基本的な調整をしておきます。(^_^;)

DAZ StudioのTransfer Utilityで付けられるウェイトは、大変優秀なので、このような着物以外では脇を少し手直しするくらいです。
dForceの服の場合、どのくらいまでやればよいのか、DAZ社さんに聞いてみたい気もしますが・・・。(^_^;)

つづきます。^_^

« ゴスロリ厚底ブーツを作る5 | トップページ | 着物ドレスを作ってみた4 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴスロリ厚底ブーツを作る5 | トップページ | 着物ドレスを作ってみた4 »