2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« サブマシンの復旧 | トップページ | DAZキャラを作成する2 »

2020年9月24日 (木)

Face Mojoを使ってみた2

前回記事のコメントで、iFacialMocapが使えそうというお話がありました。
早速、980円で購入してやってみました。\(^o^)/

結果は、コメントにもあったとおり、iPhoneでの動作が少し重いですが、無事DAZ Studioに取り込むことができました。
こちらがYoutubeにアップしたものです。

こちらは、正規版なので、時間制限なく、約400コマ録画しました。
これをIrayでレンダすること3時間・・・・かかりました。(画面解像度は720✕406に落としてます)
若干、動きがはやかったので、Vegasでスローにしてますが、結果はなかなか良いと思います。

ちなみに、このアプリ、本家Mojoさんはサポート対象外かもしれませんので、使用する場合、自己責任でお願いします。

このアプリ、本来は、Maya、Unity、BlenderとWifiでつなぎ、リアルタイムで動かすことができるようです。
iPhone単体でも録画でき、FBXに変換してメールでパソコンに送れます。

DAZ StudioのBlender BridgeでGenesis8を取り込み、動くかどうかやってみたい気もします。
できたら、BlenderのEeveeでレンダリングできるんですが・・・。

« サブマシンの復旧 | トップページ | DAZキャラを作成する2 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サブマシンの復旧 | トップページ | DAZキャラを作成する2 »