2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« Face Mojoを使ってみた | トップページ | サブマシンの復旧 »

2020年9月23日 (水)

DAZキャラを作成する1

DAZにdForce Pretty Kimonoをアップしてから、少し時間が取れたので、新しいキャラを作ってました。

いつもいうことですが、普通に作ると、どうしても同じような顔になってしまうのは、仕方のないことです。(;・∀・)
まあ、DAZでは最初で最後のG8Fキャラということで、作りました。( ー`дー´)キリッ

今後、キャラ職人をやりたい方の参考になればと思い、DAZ Studioでキャラを作って登録する方法をまとめておこうと思います。
ひょっとして、日本人のキャラ職人って、私と月川さんくらいしかいないのかも・・・。
ただ、DAZにキャラ職人は結構いらっしゃるようで、キャラだけでDAZのPAになるのは、なかなか難しいらしいですが・・・。

2009231

今回は、テクスチャーは置いといて、Shapeを登録するお話です。
あらかじめ、Zbrushやマーチャント・リソースのモーフを使ってお顔と体を作ります。
ちなみに、もし、作成したキャラを販売する場合、使用するモーフは、必ずマーチャント・リソースでないといけません。
リドミーなどをよく確認してください。

DAZキャラの場合、お顔のモーフ(FHM・・・)とボディモーフ(FBM・・・)を作り、それをERCで連動させてCTRLモーフを作ります。
Shapeタブにあるアイコンがそれですね。

最初にお顔の登録ですが、顔だけ変形させて、まつげを非表示にしてResolution Level をBaseにしてobjをエクスポートします。

2009232

Genesis8をデフォルトに戻して、Edit>Morph Loader Proを起動します。

2009233

お顔のモーフobjを読み込んで、名前をFHM+キャラの名前「FHMManami」としました。
これでお顔のモーフが作成されます。

2009234
作成されたモーフのParameter Settingsを開いて、中身をこのように修正します。
LabelやPathなどDAZの規則に沿ったものにします。
また、Limitは0から100とします。
ちなみに、Cardにサムネイル画像を用意すれば、Shapeタブに表示されます。
サムネイル画像の作り方および格納場所は、DAZの他のキャラを見ればわかります。

2009235

次は、Bodyのみ変形させて、Bodyモーフを作ります。
Headと同様に、まつげを非表示、解像度をBaseにして、objをエクスポートします。

(注意)
DAZのお約束として、NippleおよびNavel(へそ)はOFFで作ります。

2009236

同様に、Bodyモーフターゲットを読み込みます。
モーフの名前はFBM+キャラの名前+Bodyというようにします。
この例では、FBMManamiBodyですね。

2009237

同様にParameter Settingsを編集します。
Label、Path、Typeなど入力します。

20092371

このままでは、モーフが保存されないので、モーフを図のようにして保存します。

20092372

Save Optionsで、Vender NameとProduct Nameを入力して、HeadモーフとBodyモーフにチェックをつけて保存します。

2009238

次に、HeadモーフとBodyモーフを連動させるCTRLモーフを作ります。
両方のモーフを適用して、ParameterタブをEditモードにします。

2009239

HeadかBodyのどちらかの項目上で右クリックしてERC Freezeをクリックします。

20092310

ERC Freeze Optionsが開きますので、右上のCreate Newをクリックします。

20092311

Create New PropertyでName(CTRL+名前)、Labelを入力してCreateをクリックします。

20092312

作成したCTRLモーフのParameter Settingsを上のように編集します。
Sub_ComponentsにERCが表示されていればOKです。
これも同様にCardにサムネイル画像を用意すれば、Shapeタブで表示されます。
パラメータの編集が終わったら、Head、Bodyと同様の方法でモーフを保存します。

20092313

これで、図のようにキャラクターのモーフが作成できました。\(^o^)/

で、新キャラのManamiさんは、Mayumiさんの姉妹みたいな感じです。
笑い方もよく似てしまってます。(作り方が同じ・・・(^_^;))

20092314

使用した髪は、Neve hairです。
この髪は、見た目重くなりがちなので、私の場合、必ず前髪をこのように分けます。(^_^;)

« Face Mojoを使ってみた | トップページ | サブマシンの復旧 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

DAZ Character」カテゴリの記事

コメント

新キャラのManamiさん、清楚で可憐で、とても可愛いです。
日本人のキャラ職人では、Sakura 8やMinamiちゃんの作者のRareStoneさん(https://www.daz3d.com/rarestone)が有名ですね 。服や小道具などもたくさん作っておられます。
それから、Renderosityで活躍されている7-Koさん(https://www.daz3d.com/7-ko)が、今年の7月28日にDAZでも販売を開始されました。
話は変わりますが、RenderosityのAngelwingsさん(https://www.daz3d.com/angelwings)が、G3FでDAZ デビューされたのには驚きました。G8以前のキャラクターでも、いいものなら商品化されるのですね。


コメントありがとうございます。

RareStoneさんには、貴重な髪や靴などをたくさん使わせていただいてます。(感謝)
どうでもよいのですが、なんとなく韓国の方かな~と。^^

7-koさん、いつのまにDAZに出されてたのですね。
名前とキャラが被らないように気をつけないと・・・。
情報ありがとうございました。

AngelwingさあんのG3Fキッズキャラは、多分GrowingUpSkinが、G3F専用だからかなと思います。

ということで、日本人キャラづくり、がんばりましょう!(^^)/

3年近く前にRareStoneさんがDAZデビューされた時に、ネットで検索したら、pixivのプロフィール欄で、北海道在住の25才の女性アーティストとなっていたので、日本人だと思っていました。今、ネットで検索したら、トリセル(RareStone)という名前の人がpixivにおられて、プロフィール欄を見ると、「二人チーム Rare Stone」となっていて、「絵: トリセル」と書いてありました。性別は男性で、ハングル語で「2人のチームRare Stoneです」とも書いてありました。男性は、韓国の方かもしれませんね。
RareStoneさんの方は、今も日本在住の女性となっています。RareStoneさんの国籍は分かりませんが、日本人ばかりではなく、韓国人風の名前のキャラクターも作っておられるので、国にこだわらず、東洋人のキャラクターつくりを目指しておられるのかもしれませんね。
私は日本人キャラ作りを目指しているわけではないのですが、日本人なので、日本人風のキャラクターしか作れないような気もします。本当は、妖精さんのような、見たこともないようなキャラクターを作りたいです。
しかし、何分、経験不足の未熟者なので、kobamaxさんの情報発信をありがたくいただいています。
今後ともよろしくお願いいたします。

最初で最後ですか。
なんかPAしか知らない未来を垣間見てしまった気がします^^;

あ、遅ればせながらPAデビューおめでとうございます。

月川さん、情報ありがとうございます。
まあ、この業界でもっとがんばろう!という願いみたいなものです。(^o^)

dejimuさん、コメントありがとうございます。
最初で最後のG8Fキャラという意味は、これまで、4人のG8Fキャラを作ったのですが、ネタ切れということなんです。作ると、おおむね見たようなお顔になってしまいます。(;・∀・)

ひょっとしてG9を気にされているのなら、これはPAの立場では言えないので、ご推察お願いします。(^_^;)
自分としては、V4時代のものは、今でも売れているので、できるだけG8を引っ張っていただきたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Face Mojoを使ってみた | トップページ | サブマシンの復旧 »