2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Face Mojoを使ってみた | トップページ | サブマシンの復旧 »

2020年9月23日 (水)

DAZキャラを作成する1

DAZにdForce Pretty Kimonoをアップしてから、少し時間が取れたので、新しいキャラを作ってました。

いつもいうことですが、普通に作ると、どうしても同じような顔になってしまうのは、仕方のないことです。(;・∀・)
まあ、DAZでは最初で最後のG8Fキャラということで、作りました。( ー`дー´)キリッ

今後、キャラ職人をやりたい方の参考になればと思い、DAZ Studioでキャラを作って登録する方法をまとめておこうと思います。
ひょっとして、日本人のキャラ職人って、私と月川さんくらいしかいないのかも・・・。
ただ、DAZにキャラ職人は結構いらっしゃるようで、キャラだけでDAZのPAになるのは、なかなか難しいらしいですが・・・。

2009231

今回は、テクスチャーは置いといて、Shapeを登録するお話です。
あらかじめ、Zbrushやマーチャント・リソースのモーフを使ってお顔と体を作ります。
ちなみに、もし、作成したキャラを販売する場合、使用するモーフは、必ずマーチャント・リソースでないといけません。
リドミーなどをよく確認してください。

DAZキャラの場合、お顔のモーフ(FHM・・・)とボディモーフ(FBM・・・)を作り、それをERCで連動させてCTRLモーフを作ります。
Shapeタブにあるアイコンがそれですね。

最初にお顔の登録ですが、顔だけ変形させて、まつげを非表示にしてResolution Level をBaseにしてobjをエクスポートします。

2009232

Genesis8をデフォルトに戻して、Edit>Morph Loader Proを起動します。

2009233

お顔のモーフobjを読み込んで、名前をFHM+キャラの名前「FHMManami」としました。
これでお顔のモーフが作成されます。

2009234
作成されたモーフのParameter Settingsを開いて、中身をこのように修正します。
LabelやPathなどDAZの規則に沿ったものにします。
また、Limitは0から100とします。
ちなみに、Cardにサムネイル画像を用意すれば、Shapeタブに表示されます。
サムネイル画像の作り方および格納場所は、DAZの他のキャラを見ればわかります。

2009235

次は、Bodyのみ変形させて、Bodyモーフを作ります。
Headと同様に、まつげを非表示、解像度をBaseにして、objをエクスポートします。

(注意)
DAZのお約束として、NippleおよびNavel(へそ)はOFFで作ります。

2009236

同様に、Bodyモーフターゲットを読み込みます。
モーフの名前はFBM+キャラの名前+Bodyというようにします。
この例では、FBMManamiBodyですね。

2009237

同様にParameter Settingsを編集します。
Label、Path、Typeなど入力します。

20092371

このままでは、モーフが保存されないので、モーフを図のようにして保存します。

20092372

Save Optionsで、Vender NameとProduct Nameを入力して、HeadモーフとBodyモーフにチェックをつけて保存します。

2009238

次に、HeadモーフとBodyモーフを連動させるCTRLモーフを作ります。
両方のモーフを適用して、ParameterタブをEditモードにします。

2009239

HeadかBodyのどちらかの項目上で右クリックしてERC Freezeをクリックします。

20092310

ERC Freeze Optionsが開きますので、右上のCreate Newをクリックします。

20092311

Create New PropertyでName(CTRL+名前)、Labelを入力してCreateをクリックします。

20092312

作成したCTRLモーフのParameter Settingsを上のように編集します。
Sub_ComponentsにERCが表示されていればOKです。
これも同様にCardにサムネイル画像を用意すれば、Shapeタブで表示されます。
パラメータの編集が終わったら、Head、Bodyと同様の方法でモーフを保存します。

20092313

これで、図のようにキャラクターのモーフが作成できました。\(^o^)/

で、新キャラのManamiさんは、Mayumiさんの姉妹みたいな感じです。
笑い方もよく似てしまってます。(作り方が同じ・・・(^_^;))

20092314

使用した髪は、Neve hairです。
この髪は、見た目重くなりがちなので、私の場合、必ず前髪をこのように分けます。(^_^;)

« Face Mojoを使ってみた | トップページ | サブマシンの復旧 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

DAZ Character」カテゴリの記事

コメント

新キャラのManamiさん、清楚で可憐で、とても可愛いです。
日本人のキャラ職人では、Sakura 8やMinamiちゃんの作者のRareStoneさん(https://www.daz3d.com/rarestone)が有名ですね 。服や小道具などもたくさん作っておられます。
それから、Renderosityで活躍されている7-Koさん(https://www.daz3d.com/7-ko)が、今年の7月28日にDAZでも販売を開始されました。
話は変わりますが、RenderosityのAngelwingsさん(https://www.daz3d.com/angelwings)が、G3FでDAZ デビューされたのには驚きました。G8以前のキャラクターでも、いいものなら商品化されるのですね。


コメントありがとうございます。

RareStoneさんには、貴重な髪や靴などをたくさん使わせていただいてます。(感謝)
どうでもよいのですが、なんとなく韓国の方かな~と。^^

7-koさん、いつのまにDAZに出されてたのですね。
名前とキャラが被らないように気をつけないと・・・。
情報ありがとうございました。

AngelwingさあんのG3Fキッズキャラは、多分GrowingUpSkinが、G3F専用だからかなと思います。

ということで、日本人キャラづくり、がんばりましょう!(^^)/

3年近く前にRareStoneさんがDAZデビューされた時に、ネットで検索したら、pixivのプロフィール欄で、北海道在住の25才の女性アーティストとなっていたので、日本人だと思っていました。今、ネットで検索したら、トリセル(RareStone)という名前の人がpixivにおられて、プロフィール欄を見ると、「二人チーム Rare Stone」となっていて、「絵: トリセル」と書いてありました。性別は男性で、ハングル語で「2人のチームRare Stoneです」とも書いてありました。男性は、韓国の方かもしれませんね。
RareStoneさんの方は、今も日本在住の女性となっています。RareStoneさんの国籍は分かりませんが、日本人ばかりではなく、韓国人風の名前のキャラクターも作っておられるので、国にこだわらず、東洋人のキャラクターつくりを目指しておられるのかもしれませんね。
私は日本人キャラ作りを目指しているわけではないのですが、日本人なので、日本人風のキャラクターしか作れないような気もします。本当は、妖精さんのような、見たこともないようなキャラクターを作りたいです。
しかし、何分、経験不足の未熟者なので、kobamaxさんの情報発信をありがたくいただいています。
今後ともよろしくお願いいたします。

最初で最後ですか。
なんかPAしか知らない未来を垣間見てしまった気がします^^;

あ、遅ればせながらPAデビューおめでとうございます。

月川さん、情報ありがとうございます。
まあ、この業界でもっとがんばろう!という願いみたいなものです。(^o^)

dejimuさん、コメントありがとうございます。
最初で最後のG8Fキャラという意味は、これまで、4人のG8Fキャラを作ったのですが、ネタ切れということなんです。作ると、おおむね見たようなお顔になってしまいます。(;・∀・)

ひょっとしてG9を気にされているのなら、これはPAの立場では言えないので、ご推察お願いします。(^_^;)
自分としては、V4時代のものは、今でも売れているので、できるだけG8を引っ張っていただきたいものです。

はじめまして。

Yu2ieyといいます。
初めてコメントさせて頂きます。

POSERやDAZを10年ほどチマチマと弄ってあそんでいる者です。
kobamax様に1点お教えいただくよろしくお願いいたします。

DAZキャラを作成する1

の記事は大変参考になりました。おかげさまでオリキャラを何とかDAZに登録できました。

このあと、販売までできるようになるまで少しずつがんばっていきたいと思っておりますが、実際に販売するときのファイルの作成はどのようにされるのかについて
よろしければご教示をお願いいたします。
(関連した記事がKobamax様のブログの記事にありましたらお教えて下さい)

DAZやRenderosityはとてもハードルが高いのでRenderHubで簡単な顔や体のモーフを
中心に販売できるようになれたらいいなと思っております。

よろしくお願いいたします。

Yu2ieyさん、こんにちは~。

販売用ファイルの作成ということですが、基本的に同じ種類の商品を買ってみて、そのファイル構成とおなじようにするのがわかりやすいです。

具体的には、DAZ 3D Libraryの中から、販売したい自分のデータを抜き出して作成します。
DAZ Studioのファイル構成については、古いですが、こちらの記事が参考になるかもです。

http://enjoy-poser-imaging.air-nifty.com/blog/2011/10/genesis10-30e7.html

ファイルの作り方には、キャラクター、シェイプ、テクスチャー、モーフなど、いろんなバリエーションがあるのですが、どのタイプの商品でしょうか?

kobamax様

早速にお返事いただきましてどうもありがとうございます。

アドバイスを頂きましたように
同じ種類の商品を買ってみて参考にしたいと思います。

また、DAZ Studioのファイル構成につきましてはkobamax様の記事を参考にさせて頂きます。

商品としましてはお顔と体のモーフを考えております。

今後ともよろしくお願いいたします。

kobamax様

追伸です。

kobamax様のManami for Genesis 8 Femaleを購入させて頂きました。

ちょっとぽっちゃり感があって、目もかわいくてとても気に入っています!
顔の表情付きがよいですね。DAZで表情つくるのなかなか難しいので。

ファイル構成も参考にさせて頂きます。

あ、ありがとうございます。
顔と体のモーフなんですね。

モーフの格納場所は、DAZキャラの場合、少しわかりにくいです。

Manamiさんの場合、My DAZ 3D Library>data>DAZ 3D>Genesis 8>Female>Morphs>kobamax>Manami>に作成していますので、data以下の階層フィルダを用意して格納します。


あとは、「DAZキャラを作成する1」の方法でShapeを登録すれば、Shapeタブにスライダーができます。

Shapeを適用するアイコンを用意する場合は、People>Genesis 8 Female>Shape>作成者名>にShaping Presetをつくるということもできます。

kobamax様

いろいろとご教示頂きましてどうもありがとうございました。
頂きましたアドバイスをもとにやってみたいと思います。

全部ご回答できるか、わかりませんが、何かわからないことがあれば、またご質問ください。(^^)/

kobamax様

おかげさまで何とか今日モーフをアップできました。
PIXIVのBOOTHで配布(無料)しています。
また、RenderHubに投稿して目下審査中のようです。
とてもお世話になりました。どうもありがとうございました。

kobamax様

度々で恐縮ながらMachantRecourceについて教えてください。

今回のモーフでは下記のMarchantoResorceを使用しております。

Face Morph Kit for Genesis 8 Female(SF-Design)
Shape Shift for Genesis 8 Female(s)(Zwv0)
200 Plus Head and Face Morphs for Genesis 8 Female(s)(Dogz Zev0)

ダウンロードしたユーザーはこれらのソフトを購入してインストールしている必要があるのでしょうか。

お手数ですがよろしくお願いいたします。

製品化お疲れ様でした。

さて、ご質問の件です。

Face Morph Kitは、DAZのDetailに明確に「Marchant Resorce」であると、明示してあり、このモーフを使用してカスタム顔モーフを作成してもよいともあります。
これは、このモーフや他のリソースを組み合わせて(マージして)、一つの顔モーフを作って良いということでしょう。
ただし、それは商用の製品についてのみで、無料配布はできないということのようです。

ただ、この製品の説明に、ReadmeのMarchant Resorce usage Termsを見て、と書いてあり、困ったことにReadmeが見当たりません。DAZまたは作者に問い合わせするのが確実なんですが・・・。

ちなみに、私の場合は、不確実な場合は使用しないようにしています。
過去に、解釈が違っていて、製品を作り直した経験があるので。(苦笑

次に、Zev0さんの2つの製品ですが、これらZev0さんの製品は、Marchant Resourceではありません。
このため、このモーフと他のモーフを使って、一つの顔モーフなどを作って売ることはできません。
Zero0さんの製品は、大抵リソースではないので、注意が必要です。

この場合は、Yu2jeyさんの製品の必要製品にZero0さんの製品を明示するとよいでしょう。

購入した人は、Zero0さんの製品をインストールする必要があります。
そうしないと、モーフがないというエラーが出るということです。

Kobamax様

詳細にご回答頂きどうもありがとうございます。

Merchant Resouceはよく確認しないといけないことがよくわかりました。

Zev0さんの製品の使用には注意が必要なことがわかりました。
また、Face Morph Kitは作者さんに問い合わせをしてみようと思います。

RenderHubのほうですが、投稿しましたが 以下の内容でDeclined Resubmitとなり、
ボツになりました。

Package file corrupt
poor quality/below standard

Packageファイルの破損はよくわからないです。zipは解凍できるはずですが正しく動作しなかったのか、
Zev0さんのソフトが入っていなかったので動作しなかったということかもしれません。

poor以下はまだまだ修行が足りないということですね。。。

もう一度一から見直したいと思います。

Yu2jeyさん、コメントありがとうございます。

商品となると、権利関係などいろんなところに気を使うのは、仕方がないですね。
RenderHubは、残念でしたね。
しかしながら、何事も最初からうまくいくとは限りません。
またチャレンジしてみてください。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Face Mojoを使ってみた | トップページ | サブマシンの復旧 »