2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« G8F用のアニメーションを配布しています | トップページ | Genesis 8.1 が出ました »

2021年1月17日 (日)

ダッフルコートを作っています

この前までものすごい寒波に見舞われてました。
そこで、定番のダッフルコートを作っていました。

ダッフルコートは、すでにKaosさんのコートが定番になってますね。
したがって、こちらは、海外向け販売用?ということで・・・。(^_^;)

ダッフルコートは、厚手の布なので、KaosさんのアイデアであるGeometry Shellを使わせていただきました。(感謝)
DAZで販売されれば、あまり例のない製品になるのかなと思います。

現在、テクスチャー作成の途中ですが、こんな感じです。

202101171

Geometry Shellは、服の厚みと裏地を表現するのに最適な方法だと思います。
他のソフトに持ち込めないのが弱点ではありますが・・・・。
シミュレーションに負担をかけないのも良い点ですね~。

これから、追加テクスチャーおよびFBMの作成を進めます。(^^)

« G8F用のアニメーションを配布しています | トップページ | Genesis 8.1 が出ました »

DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

とてもお洒落なダッフルコートですね!
布の厚みと裏地の表現もすごくいいです。
kobamaxさんの水準の高さが眩しいです~
私は自作のワンピースの襟と袖ぐりをZBrushの押し出しやエッジループのパネルループで厚みをつけたのですが、最終的に布がグチャグチャになる不具合があって、ワンピースをiCloneで上手く揺らせることができなかったです。
なので、今のところ襟と袖ぐりの厚み付けはペンディングです。
ZBrushで布に厚みをつけると、iCloneに持ってくると揺らせないように感じるのですが、単に私の技術が未熟なだけなのでしょうか?
この厚手のダッフルコートは、iCloneに持ってきても揺らせるのでしょうか?

月川さん、コメントありがとうございます。
iCloneでの物理シミュレーションは、リアルタイムですので、基本的に厚みのない布を使うとよいです。

DAZのdForceでもそうですが、物理シミュレーションは布と布の衝突を検知するので、厚みがあると問題が発生しやすいと思われます。
そこで、私は、ディスプレイスメントやノーマルマップを使用して、見た目に厚みをつける方法を使ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« G8F用のアニメーションを配布しています | トップページ | Genesis 8.1 が出ました »