2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« XGenを使ってみた1 | トップページ | Pretty KimonoのdForce使用例です »

2021年4月22日 (木)

XGenを使ってみた2

前回記事に引き続き、XGenを使って髪を作成します。
今回は、ポリゴンを生成して、最終的にDAZ Studioに持ち込んでみます。

2104221

髪のポリゴンを作成するには、最初にリニアワイヤーといわれるガイドを作成します。
リニアワイヤーモディファイアを追加します。

2104222

アトリビュートエディタのlineaWireタブで作成を実行します。
髪の表示を消すと、このようになります。

2104223

ガイドが少ないらしいので、inCuide_baseタブで密度乗数を2倍にしました。

2104224

インタラクティブグルーミングツールから幅広ブラシを選択して、塗り潰しをクリックします。
これで、ポリゴンの元データになったとのことです。

2104225

塗りつぶした状態では、ポリゴンがカメラを向いているそうなので、カメラに正対のチェックをはずします。

2104226

次にツイストブラシを選択して、サーフェスに位置合わせにチェックして、塗り潰しをクリックします。
これで、ポリゴンが頭皮に沿うようになります。
これはとてもよい機能ですね。手作業でやろうと思ったら、気が遠くなります。(・_・;)

2104227

これで準備完了なので、インタラクティブグルーミングをポリゴンに変換を実行します。
いろんなオプションが選べます。
Youtube公式ガイドでは、UVレイアウトタイプ2X2でしたが、今回は、単純に指定なしにしました。

2104228

髪の短冊ポリゴンがこのようにできました。
確かに、これを手作業でやるとなると、大変ですが、XGenでは、数分でできます。

2104229

できた短冊ポリゴンのUVは、このようになっています。
つまり、1種類の短冊ポリゴンのみで、髪全体を作っているということです。

これは、軽いゲーム用の髪を作るのに向いた作り方だと思われます。
DAZで実際に使用する髪を作る場合には、髪の場所、長さなどに応じて、何種類かパートを分けて作る必要があるでしょう。

21042210

オブジェクトをエクスポートして、ヘアベースを別途作成したものが、こちらになります。
ヘアベースは、最初にマテリアル分けしておいたものを切り出して、少し拡大して、UV展開したものを使いました。

21042211

DAZ Studioにインポートしたものがこちらです。

21042212

Outoftouchさんの「OOT IrayPair Hair Shaders」でShaderと髪のColorなどを適用してみました。
トランスマップだけは、MAYA公式ガイドにあった、Maya同梱の髪のマップを切り出して、使用しました。

プレビューレンダリングでは、こんな感じになります。
お手軽に作成した髪ですが、結構使えそうです。(^_^;)

21042213

最後に、フィギュア化して、Aiko8に被せて、テストレンダしてみました。
本格的な髪を作成するには、もっと細部まで作り込まないとダメですが、原理はわかりました。
かなりの強力な作成ツールですね。(^^)

« XGenを使ってみた1 | トップページ | Pretty KimonoのdForce使用例です »

DAZ Studio」カテゴリの記事

Maya」カテゴリの記事

コメント

これは素晴らしいツールですね 😍😍😍
私は、縦ロールやウエーブヘアなんかも作りたいと思っているのですが、ヘア作りは難しいですね。
ZBrushでもファイバーヘアーとかありますね。
また、ZBrushがアップデートされてThe curve flat や The curve flat snapといった平面短冊を作れるIMMブラシが使えるようになるというお知らせもきたので、楽しみにしています。

月川さん、コメントありがとうございます。
ヘアづくりは難しくて、これまで手をつけていませんでした。

私もiCloneユーザーでもあり、軽い短冊ヘアが大好きです。(笑
Zbrush情報ありがとうございます。
アップデートしたら、試してみるかもです。

いま短冊ヘアーのテクスチャ生成に特化したFiberShopというソフトに興味津々です^^

dejimuさん、情報ありがとうございます。

XGenで短冊ヘアを作ったとして、問題がテクスチャーですよね。
Substance Painterで作る方法もあるそうですが、どうしたものかと思っておりました。

FiberShopは、良さげだし、無料版もあるようなので、試してみようと思います。\(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« XGenを使ってみた1 | トップページ | Pretty KimonoのdForce使用例です »