2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« DAZ To Mayaを使う 6 | トップページ | DAZ To Mayaを使う 8 »

2021年10月26日 (火)

DAZ To Mayaを使う 7

動画作成の続きです。

2110261

作成>カメラ>カメラで、カメラを追加します。

2110262

カメラも小さいので、アトリビュート エディタで大きくして、位置を調整しました。
なお、ビューをカメラに切り替えるには、パネル>Camera1にします。

2110263

DAZ To MayaでSubdivision Level 0にしてるので、ボディがすこしカクカクしています。
このオプション、まだうまく動かないようなので、Level 0にしてます。
Maya上でなめらかに見せるには、スムーズメッシュプレビューにチェックするとよいです。
ショートカットキーは「3」です。
これは、メッシュを細分化することなく、スムーズに見せてくれます。
メモリが不足とかでるんですが、よくわかりません、とりあえずレンダリングもできてます。(^_^;)

2110264

レンダー設定を開きます。

2110265

Arnold Rendererの設定をします。
元々Arnold Rendererは、CPUレンダだったそうですが、今ではGPUにも対応してます。
ということで、Systemタブで、GPUを選択し、うちの古いGTX 960を指定しました。(^_^;)

2110266

Arnold Rendererタブでは、デフォルトのままにしてます。

2110267

共通タブで、ファイル名、フォーマット、フレーム/アニメーションで「名前.*」を指定しました。
アニメーションをレンダリングするんですが、直接ムービーファイルをつくれないようです。
あと、Frame Rangeでレンダリング範囲、イメージサイズをHD_720を選択しました。

2110268

閉じて、Open Arnold RenderViewを開きます。

2110269

右のPostからDenoiser Optixを選択します。
これは、nVidia製のデノイザーで、実はアニメーションに使用すると、ちらつきが出るらしいです。
しかし、レンダリング時間が短くなるので、このまま使いました。(^_^;)
このぐらいの画像だと、うちの非力なGTX960でも、1フレーム10~16秒くらいでレンダリングできちゃいます。
Arnoldには、他にNoiseとかいうポストデノイザーがあるんですが、現在、使い方がよくわかってないです。(^_^;)

21102610

レンダリングの実行は、レンダー>シーケンス レンダーを使用します。
右端の□をクリックしてオプションを表示します。

21102611

現在のカメラを選択し、代替出力ファイルの場所を指定して、実行します。

21102612

このように、レンダービューが開いて、レンダリングが開始されます。

完成した動画は、こちらになります。

Arnoldレンダリングですが、なかなか雰囲気があります。
足元が滑っているのは、DAZ Srudioが簡易なIKだからですね。
とりあえず、動画まで作成できました。(^^)

« DAZ To Mayaを使う 6 | トップページ | DAZ To Mayaを使う 8 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

Maya」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAZ To Mayaを使う 6 | トップページ | DAZ To Mayaを使う 8 »