2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« Unreal4でマイキャラをしゃべらせてみた | トップページ | Unreal4 Engine でHDRIを使う »

2021年10月11日 (月)

iClone7 で踊り子

すでに作成した動画をニコニコ動画にアップしてますが、その記事を書きます。

Renderosityにて、Yukatanさんのダンサー衣装を入手したので、踊り子の動画を作りました。

2110111

背景セットは、Reallusion MarketplaceのOld Dungeon です。
いわゆる牢屋で、外から見るとこんな感じです。
FF14の踊り子が踊る市場のようなセットを探していたのですが、適当なものがないので・・・。(^_^;)

2110112

Yukatanさんの衣装は、DAZ StudioでFBXをエクスポートする際に、若干工夫がいります。
というのは、DAZとCharacter Creatorのポーズの違いなどで、ボトムの布が綺麗にコンバートされないためです。
そこで、DAZ Studioで足のポーズに布が反応しないように、上図のようにpelvisを塗っておきました。

iClone用の衣装をつかうのではなく、コンバートなので、どうしてもいろんな対応が必要になってきます。
iCloneの敷居が高くなるのも、仕方ないとこがあります。

2110113

CC3+標準体型ではフィットしますが、Mayumiさんのシェイプにするとかポーズによって、あちこち破けたりするので、修正が必要です。
iClone7のModify の Edit Mesh、Skin Weight などのツールで修正します。
モデラーを使用できるなら、ZbrushのGozを使ったり、Blenderを使うと強力です。
また、変換後に、iClone7向けにマテリアルを調整し直す必要があります。

2110114

モーションは、Mixamo のこちらのモーションをFBXでダウンロードして使用しました。

2110115

このように、3DXchangeで、難しい操作なくワンクリックでコンバートできます。
このあたりは、iClone側で、しっかり対応してくれてます。

2110116

iClone7でのシーンがこんな感じになってます。
ライティングやカメラの設定に時間をかけています。

Yukatanさんのこの衣装のポイントは、ボトムの布の物理設定ですね。
綺麗に動かすには、なかなか難しいところがありました。
動画用途には、もう少しローポリがよいかも。

ニコニコ動画にアップした動画は、こちらです。

次回、Unreal4 Engineを使用した記事を書きます。

« Unreal4でマイキャラをしゃべらせてみた | トップページ | Unreal4 Engine でHDRIを使う »

DAZ Studio」カテゴリの記事

iClone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Unreal4でマイキャラをしゃべらせてみた | トップページ | Unreal4 Engine でHDRIを使う »