2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« MayaとRedshiftでHDRIを使う | トップページ | Maya Redshiftマテリアルに変更する その2 »

2022年3月 5日 (土)

Maya Redshiftマテリアルに変更する その1

DAZ To Mayaでインポートした直後は、Mayaマテリアルなので、これをRedshiftに変更します。

22030512

最初に、DAZマウイ島のHDRIでは逆光で顔が暗いので、ライトを追加します。
Redshift Physical Lightを追加しました。
そのままだと、小さすぎるので、拡大して図のような位置に配置しました。

22030513a

IPRレンダリングしてみると、こんな感じです。
顔のマテリアルを変更していきます。
矢印のアイコンをクリックして、ハイパーシェードを開きます。

22030514

ハイパーシェードのMayaマテリアル「Face」上で右クリックして、マテルアルからオブジェクトを選択をクリックします。
これで、ビューでFaceが選択されます。

22030515

ビューの選択されたところで右クリックして、新しいマテリアルの割り当てをクリックします。
基本的には、この方法でRedshift用のマテリアルに変更していきます。

22030516

新しいマテリアル「RedshiftMaterial」を選択して割り当てます。

22030517

追加されたマテリアル上で右クリックして、グラフネットワークをクリックします。
これで、グラフを表示できます。

22030518

右の新しいマテリアルのプロパティにて、テクスチャーやパラメータを設定していきます。
最初は、Diffuseテクスチャですが、Colorの右側のアイコンをクリックします。
次にレンダーノードの設定でファイルをクリックします。

22030519_20220305195801

右のFile Attributes、イメージの名前のアイコンをクリックします。

22030520

Faceのテクスチャーを指定しました。右上のマテリアルビューアで、プレビューを見ることができます。
また、グラフにノードが追加されていくのが、確認できます。

22030521

次は、スペキュラマップを追加します。
ReflectionのWeightの右アイコンをクリックします。

22030522

該当のスペキュラマップを選択しました。
Manamiさんのスペキュラマップは、DAZではモノクロなので、Color SpaceをRawにしました。

22030523

レンダリングしてみて、ReflectionのRoughnessを0.500に設定、BRDFは、リアルな反射?なGGXとしました。
このあたりは、Webでどういうものか調べて見るとよいかもです。

22030524

次は、バンプマップを登録します。
OverallのBump Mapのアイコンをクリックします。

22030525

GeneralのInputの右アイコンをクリックします。

22030526_20220305201201

File Attributesのイメージの名前のアイコンでバンプマップを指定します。

22030527

レンダリングしてみて、バンプのかかり具合を調整します。
GeneralのHeight Scaleを0.100としました。
ちなみに、Input Map Typeを変更してノーマルマップを登録できます。

22030528

バンプマップはモノクロなので、Color SpaceをRawにしました。

22030529

レンダリングしてみると、こんな感じになりました。バンプマップも効いています。

22030530

とりあえずFaceのマテリアルを登録したので、右クリックのメニューで名前を変更しておきます。

22030531

名前を「rsFace」としました。先頭にrsをつけるのは、Redshiftのお約束のようです。

22030532

これをすべてのマテリアルで行っていきますが、複製して作成する方法があります。
編集>複製>シェーディングネットワークで複製できます。

22030533

とりあえず、FaceとEars、Torso、Armについて、複製して設定してみました。
レンダリングするとこのようになります。
最初のMayaマテリアルとあまり代わり映えしませんが、Redshiftの機能をフルに使うには、変換が必要なのですね。

今回はここまでです。

 

« MayaとRedshiftでHDRIを使う | トップページ | Maya Redshiftマテリアルに変更する その2 »

DAZ Studio」カテゴリの記事

Maya」カテゴリの記事

Redshift」カテゴリの記事

コメント

テクスチャーをUDIMに対応したファイル名に変えると、マテリアルを複製しないで1つのマテリアルにまとめられますよん。
DAZでいうところのSkinサーフェスくらいは1つにまとめられるかと思います。
調整も1つで済むので楽ちんです。
Mayaのビューポートでどう見えるかは分かりませんけど^^;
Houdiniのビューポートはサードパーティーのレンダラーだと弱々なので、もうビューポートなんて飾りです!

おお、dejimuさん、アドバイスありがとうございます。
マテリアル変更、面倒なので、なにかよい方法はないものか、悩んでおりました。

ちょっとぐぐってみます。\(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MayaとRedshiftでHDRIを使う | トップページ | Maya Redshiftマテリアルに変更する その2 »