2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Unreal

2020年3月31日 (火)

外部ドライブにDAZ ContentとUE4

うちのPCは、DAZ Studio、PoserPro、Unreal4、その他多くのCG関連ソフトが同居してます。
このため、500GBのCドライブはすぐに不足気味になります。
いっぱいいっぱい使うと、読み書きが遅くなるため、使用量を半分以下にしておきたいところです。

これまで、PoserProのRuntimeを外付けハードディスクに追い出していました。
今回、DAZ StudioとUnreal4も追い出すことができました。

DAZ Studioを別ドライブに移す方法ですが、メイン・プログラムはCドライブ、My DAZ 3D Libraryのみ移動する方法です。
ただ、現時点の状態で移動しても、コンテンツは、Install Managerで管理されているため、うまく管理ができません。
そこで、やむなくクリーン・インストールしました。(・_・;)

方法は、まず、Install ManagerでDAZ Studioをアン・インストールして、以下のDAZ関連フォルダをすべて削除します。

パブリック>Documents>My DAZ 3D Library
ユーザー名>ドキュメント>DAZ 3D(My Libralyがあるフォルダ)
Program Files>DAZ 3D

次にInstall Manager自体もアン・インストールして、以下のフォルダも削除します。

ユーザー名>ドキュメント>DAZ 3D(Install Managerがあるフォルダ)

これで、クリーンになりましたので、再度Install Managerをインストールします。
そして、外部ドライブにMy DAZ 3D Libraryフォルダを作成しておきます。

Install Managerを起動して、右上の歯車マークアイコンからAdvanced Settingを開き、以下のようにMy DAZ 3D Libraryを設定します。

3003311

Acceptして、DAZ Studioのインストールに進みます。
これで、すべてのコンテンツが外部ドライブに作成されます。

これで、以降、コンテンツは、すべて外部ドライブにインストールされます。
多分、これでうまくいくと思いますが、使ってみて不具合あれば、また記事にします。^^;

この良い点は、このドライブをサブPCに繋げば、コンテント・ライブラリーとして使用できることです。
ただし、Install Managerで管理するという点から、メインPCのみからコンテンツをインストールしなければなりません。^^;

次に、Unreal4 Engineです。
こちらは、一つのバージョンが20GB超えという大きなシステムですので、外部に追い出す必要がありました。
最初に、すでにインストールされていたエンジンをアン・インストールしました。

3003312a

次に再度、エンジンをインストールします。
こちらは、上のようにエンジンをインストールする際に、外部ドライブを指定すればOKです。
これで、複数バージョンのUnreal4 Engineを使うこともできるようになりました。(^o^)

今は、自分のデータが少ないので、Cドライブは191GBになり、もたついていた起動が素早くなりました。
よかった~!(^o^)

2020年3月30日 (月)

UE4での髪

Unreal4 Engineで、前から気になってたのが、髪です。
なんだかトランス・マップの抜けが悪いというか汚いです。

Webで解決策を探したのですが、これといった策が見つかりません。
確かにテクスチャーの解像度が1024pixelと小さいのですが、iClone7ではそれなりに表示されています。

2003301

試しに2048pixelに上げてみたのですが、ほとんど変わりません。
UE4の無料アセットをダウンロードして見ても、髪はあまり綺麗ではありませんでした。

まあ、ゲーム作成が目的ということからして、あまり期待できないのかもしれませんね。

2003302

服装とかスキンはそれなりに綺麗なので、問題は髪だけ・・・。
UE4でもそれなりに見えるような髪を選ぶ必要があるかもですね。

ちなみに、その他にWebで見つけたのは、UE4のバージョン24から実装されているHear Groomです。
非常に綺麗な髪質表現ができるらしいですが、重くなりそう。
また、現行では、Alembicでオブジェクトをインポートする必要があるらしく、iClone7 Unreal Live Linkでは対応してないようです。

背景とかレンダリングが綺麗なのですが、これではポートレート用途では使えないですね。
まあ、私の知識不足なのかもしれませんが・・・。(・_・;)

ぼちぼち、勉強をしていこうと思っています。

 

2020年3月28日 (土)

UE4でマイキャラを動かしてみた

Unreal4には、あらかじめ用意されているテンプレ(Blueprint)があります。
この中には、ゲームのファースト・パーソンやサード・パーソンなどがあります。
例えばUnreal1は、ファースト・パーソンでしたし、大好きなTomb Raiderはサード・パーソンゲームでした。

iClone7のUnreal Live Linkで、Unreal上にマイキャラをインポートできたので、サード・パーソンテンプレで動かしてみました。
やり方は、さっぱりわからなかったのですが、こちらのサイトを見つけました。

このサイトでは、自作キャラとアニメでサード・パーソンのプレイヤーを入れ替えてました。
Live Linkでインポートしたマイキャラは、同じヒューマンですので、特にアニメを変更しなくても動くのではないかと思い、少し手順を省略しましたが、なんとかうまく動きました。

この様子がこちらです。

Unreal4は、巨大なシステムであり、勉強するのも大変ですが、好きなことからやってみるとよいとのことです。(^o^)

2020年2月27日 (木)

Unreal4を始めてみた 3

続きです。iClone7のマイキャラをインポートしてみます。

2002279

最初に上のツールバーからCreate Live Link Originをクリックします。
これは、iClone7でのデフォルト位置(X,Y,Xオールゼロ)を決める操作です。

20022710

こんなiClone7のアイコンがついた表示が作成されます。この時位置を調整するとよいでしょう。

20022711

iClone7を起動して、マイキャラのMayumiさんを読み込みました。
メニュー>Plugins>Unreal Live Linkから左のUnreal Live Linkタブが現れます。

Unrealに送りたいアイテム(例ではCharacterとカメラ)にチェックを入れて下部の「Transfer Files」をクリックします。

20022712

黒い窓が開いて、転送処理が始まります。
オブジェクトやボーン、テクスチャーなどを転送するので結構時間がかかります。

20022713

転送が終わると、Unrealのビューにマイキャラとカメラが現れました。
何故か右向きなのは、お約束なのかな。(;^_^A
下部のコンテンツブラウザを開いて見ると、大変な量のアイテムが転送されたのが確認できます。

20022714

ここから、iClone7とUnrealとのリンクを設定する操作となります。
メニュー>ウィンドウ>Live Linkをクリックして、右下のLive Linkタブを開きます。

20022715

右下の操作でOKをクリックします。
見た感じは、iclone7とUnreal4の通信?の設定のようです。

20022716

メニュー>Editor Performanceを開いてCPUで検索し、チェックを外します。
iClone7とUnreal4を同時に使うためかもですね。

20022717

iClone7にもどり、Linkタブで、リンクするキャラを●にします。
この例では、キャラクターとカメラです。
下部の「Link Activate」をクリックします。
このボタンが押されている間、リンクするということのようです。

20022718

うまくリンクできたら、Unreal4のLive Linkタブにキャラ名とカメラ名が表示されます。
次にiClone7のプレビューカメラとUnreal4のカメラを連携させます。
右のアウトライナーのカメラを右クリックして、「'EditorActiveCamera'をパイロット」をクリックします。

20022719

この操作で、iClone7でのカメラワークとUnreal4のカメラが連動します。
これは便利ですね~。(^^)/

20022720

キャラをアニメーションさせるには、iClone7で通常どおりアニメーションを読み込んで動かします。
これでUnreal上でもアニメーションが動きます。

リアルタイム・レンダリングですが、やはり重くなるので、Unreal4が遅れたりします。
iCLone7側のレンダリング設定を軽くするのも一つの方法ですね。

あと、マルチディスプレイだと、とても見やすく操作が容易になると思います。
実は私も最近は、2ディスプレイになりました。(;^_^A

以前、Unityにマイキャラをインポートしたことがありますが、それに比べると格段に簡単です。
とりあえず、Unreal4でマイキャラがNyanyanyanyanyanyanya! を踊ることができました。(^^♪

先は長そうですが、のんびり進めます。^^

Unreal4を始めてみた 2

Unreal4を始めてみたの続きです。
前回、簡単な画面の操作方法を覚えたので、今回はiClone7との連携をやってみました。

iClone7とUnreal4との連携については、こちらに動画のチュートリアルがあります。
チュートリアルは英語なので、自分のメモとしてこちらに記録しておきます。
参考になるとよいのですが。

最初は準備です。

2002271

Unreal4をインストールすると、こんなランチャーができます。
ここからUnrealエンジンを起動するのですが、Unityと同様、複数バージョンをインストールして使い分けできます。
で、私の使用してるバージョンは、4.22.3です。
実は最新4.24でやってみたんですが、icloneのプラグインを入れたら保存時にクラッシュしてしまいました。

まあ、よくあるお話なので、チュートリアルと同じバージョンに落としました。
ちなみにエンジンは、4.22.3で24.6GBありますので、複数インストールすると、厳しいです。(;´Д`)

2002272

最初に新規プロジェクトを作ります。
なんでもよいのですが、簡単なブランクでかつスターターコンテンツ無しにしました。
スターターコンテンツありにすると、最初に練習したイスとかライトとか壁とかが付いてきます。

2002273

新規プロジェクトは、こんな感じです。Unityとも似てますね。^^
ここでは、すべて保存して終了します。

2002274

一度プロジェクトを終了するのは、UnrealプロジェクトのディレクトリにLive Linkのフォルダをコピペする必要があるからのようです。
作成したプロジェクト上で右クリックして、フォルダで開きます。

2002275

該当のUnreal4エンジンのバージョンに合った以下のフォルダをコピペします。

Program Files>Reallusion>Shared Plugins/Auto Setup/Unreal/バージョン/
のContentおよびPluginsフォルダ

Program Files>Reallusion>Shared Plugins/iClone Live Link for Unreal/バージョン/
のPluginsフォルダ

終わったら、プロジェクトを開きます。

2002276

こんな風にツールバーに、CC Setupとiclone Live Linkのアイコンが表示されます。
右下にメッセージが出てますが、わからないので、無視しました。(;^_^A

2002277

メニュー>編集>プラグインを開いて、上図のようにプラグインの有効を確認します。

2002278

Built-Inで、Live Linkの有効を確認します。
以上で、準備は終わりです。

あとにつづきます。('◇')ゞ

 

2020年2月24日 (月)

Unreal4を始めてみた

Twitterを見てたら、iCloneの開発元Reallusionのお知らせを見つけました。
ちなみに、Twitterは、見るだけでまったくつぶやいてません。(笑

UnrealとiCloneなどを連携するUnreal Live Linkをフリーで配布しますというもの。
Unrealがゲームエンジンで、とても画質が綺麗なのは知ってましたが、Unreal Live Linkのライセンスが高くて(セットで20万超え?)なので、あきらめてました。(-_-;)

Reallusionの発表では、iClone7と3DXchange Pipelineを持ってるインディ・ユーザーに無料提供というものです。
私はたまたま両方のソフト持ってるので、お試しもかねて申し込みしました。
まあ、ゲームを作る気力はありませんが、Unreal Engineで動画を作ってみたかったし・・・。(;^_^A

ところでUnrealですが、大昔パソコンゲームにはまってた頃、私もUnreal1というゲームをやりました。
画質がよく、また素晴らしく恐ろしいゲームだったのが印象的です。(;・∀・)
こちらがUnreal1のオープニングです。

さて、今日はじめてUnreal4 Engineをインストールして触ってみました。
まず最初、私のマシンで動くのか・・・。
Unreal4開発元の推奨スペックが高すぎです。
64GB RAMとか2TB SSD、12~16コアCPUとか・・・。(◎_◎;)

とりあえずダウンロードしてみたら、ファイルは軽く10GB超えです。(;^_^A
私のマシンは、Core i-5(4コア)で、24GB RAM、SSDなし・・・。

なんとか起動してクイックスタートをやってみました。
とりあえず、ここまではなんとか動きました。

2002244

確かにリアルタイム・レンダリングが非常に美しいです。
インターフェイスは、Unityよりわかりやすいかも・・・。
のんびり使ってみます。((+_+))

そういえば、最近3DCGの勉強を兼ねて(笑)、このゲームを始めてみました。
UnrealとDAZフィギュアで、こんな感じの動画を作ってみたいかも。(;^ω^)

2002245