DAW

ギターのライン録音

久しぶりにエレキギターのライン録音をやってみたら、なかなかうまくいかず・・・。
やっと音が出たと思ったらプチプチノイズが・・・。

毎回悩むのも困るので、設定方法などを備忘録として書いておきます。

使用機材は、懐かしのZoomのマルチエフェクターG2Nuです。
これは、エフェクターやアンプシミュレータでオーディオ・インターフェイス内蔵です。
ギターのシールドをこれに接続して、USBにてパソコンに接続します。

パソコンの録音ソフトは、Vocaloid4に付属していたCubaseAiです。

1906291

画面はこんな感じで、Cubaseでシンセドラムやベース、ピアノなどを鳴らしながら、ギターを録音します。
ZoomG2Nuのエフェクターは画像のようにパソコン上のソフトで調整・切り替え可能です。

つないだだけでは音はでません。Cubaseの設定がなかなかわかりずらい・・・。
上の画像では、E.Guitarの左側のタブでStereo in とStereo Outが指定されてることがポイントです。
これは、Cubaseのオーディオ・コネクションと一致してなければなりません。

1906292

Cubaseのスタジオ設定を開き、VSTオーディオシステムをGeneric Low Latency ASIO Driverにします。
これは、パソコンで音を鳴らす場合です。
Zoomを指定すると、Zoom本体のヘッドホン出力から音がでます。
 
左側にコントロールパネルを開いて、出力ポートと入力ポートを設定します。
出力は、スピーカー、入力は、USB接続のZoom Recording Mixerにします。

この名称は、パソコンのサウンド設定と同じですので、次に確認します。

1906293

パソコンのタスクバーのスピーカマークを右クリックしてサウンドをクリックします。
こんな画面が表示されます。
録音がZoom Recording Mixerになってること、プロパティも開いて中を確認・調整します。

1906294

再生がスピーカーになってることを確認し、同様にプロパティも開いて確認・調整します。
こちらのWindows側の設定がまずくても、うまく音が出ないので困ります。(-_-;)

1906296

最後にZoom本体の設定です。
GLOBALメニューのレベルおよびUSBのGainを調整します。
録音レベルが小さいので、+6dBにしてみました。

この設定で、うまく録音ができました。
さて、冒頭に書きましたが、プチプチと雑音が出てしまう原因です。
ZoomG2Nuが古いせいかと思って、新製品を買おうかと思いましたが、別パソコンで試すと音は正常・・・。

そこで、パソコンのサウンド関連ドライバーをマザーボード提供のものに戻してみました。
Realtekのドライバは自分でよくアップデートしてたので、マザーとの相性が合わないのかもしれません。

結果、ドライバー削除、旧ドライバーのインストールで、ノイズがでなくなりました。(^^)/
デバイスマネージャーの状況を記録しておきます。ドライバーも保存しとかないと・・・。

1906295

やっと録音ができるようになったので、のんびりいろいろやってみます。(;^_^A

| | コメント (0)

Vocaloid5でオフトゥン

例によって、前回記事の傘村トータ様の「オフトゥン」のボーカルをVocaloidに変えてみました。
今回使用したのは、CEVIOのささらさんではなく、Vocaloid5で、VY1V4です。

1906091

原曲が初音ミクさんということもあり、VY1V4の方が、なじみやすく感じました。
柔らかな歌声ということで、VY1V4 Soft、Vocaloid5のスタイル To the Starsを選択しています。

曲をエクスポートして、動画に合わせてみると、少し口パクがずれてました。
少し歌いまわしが原曲と違うせいでした。(;^_^A

そこで、iClone7の表情を少し調整しました。
実は、iClone7では、LiveFaceなどで取り込んだ表情の細かな調整ができません。
このため、うまく切り取りしたりして、なんとか調整しています。

表情のモーキャプは、失敗したり思い通りならないことも多いので、後で修正ができるといいんですが・・・。(;^_^A

アップしたyoutubeは、こちらです。

 

 

| | コメント (2)

iClone7で、MMDスリラーつづき

前回、YoutubeにMMDモーションのiClone7への変換についてアップしました。
そこで、今回は、ニコニコ動画にもアップしました。

1904252  

ただし、ニコニコ動画の場合は、残りのダンスを一応最後まで踊りました。
Cubaseでの打ち込みも、ダンスの終わり部分まで作りました。
問題だったのが、マイケルのボーカルです。

当然、英語なので、V1YV4やささらさんが使えません。
そこで、Vocaloid5に付属のAmyさんやChrissさんを使いました。

なんとか英語の歌詞を打ち込みまでしたのですが、どうも、この曲にしっくりきません。
やはり、マイケルのイメージが強すぎ・・・です。

結局、Vocaloid5の使用はあきらめ、インストに変更しております。
もう少しがんばれば、最初から最後までのカラオケもできそうですが、また機会があればやってみたいなと思います。

さて、iClone7のほうですが、以前ニコニコ動画にMayumiさんが踊るNyanCatをアップしたのですが、不気味で怖いと地味に再生数が上がっております。(;^_^A

それなら、Thriller踊ればもっと怖いかも・・・と思って作りました。
見る人によっては恐ろしいビデオになったかも・・・。(;^_^A

たくさん、並べたかったのですが、うちのマシンでは、さすがにMayumiさん6体が限界のようでした。

1904251

怖いのが大丈夫な方、こちらからどうぞ。(;^_^A

 

| | コメント (2)

CevioとVocaloid5で、好き!雪!本気マジック

前回記事のiClone7で「好き!雪!本気マジック」を、CevioとVocaloid5でカバーしました。
 
1902021
 
Cevioは、前にiCloneで邦画を作ったときに導入したもので、今回はソング機能を使いました。すずきつづみさんは、歌えなかった(汗)ので、さとうささらさんに歌ってもらってます。
 
CevioとVocaloidでは、随分使い方が違うんですね。
ささらさんは、あの特徴ある歌い方を大きく変えることは難しいですが、あまり手をかけずとも、自然に歌ってくれます。
 
しかし、本曲の英語トークは、非常に難しいです。
Cevioに英語トークのモジュールはないので、うまく話してくれません。
 
そもそも、初音ミクさんが、あんなに流暢に英語を話すこと自体、驚きです。
 
1902022
 
仕方ないので、英語ソングライブラリを持ってるVocaloid5を使いました。
ただし、こちらもトーク機能はないので、ロボットボイスでなんとか・・・。
 
Cevio単体では、エフェクトがかけれないので、Wavでエクスポートして、Cubase Aiにインポートしてミックスダウンしています。
 
今回の楽曲は、原作者さんがインターネット公開を許可しているカラオケを使用させていただきました。
 
ボカロ楽曲の場合、原作者さんがカラオケを公開されていることが多いのですが、GARNiDELiAさんの場合、非公開です。
このため、Youtubeでは、ガードがかかってしまいます。
カラオケのインターネット公開を認めてくれるとうれしいのですが・・・。
 
今回は、1080PでYoutubeにアップしました。こちらです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vocaloid5で、恋愛カフェテリア

ランジェリーは、現在、FBMをせっせと作っております。
息抜きに、Vocaloid5で、以前作成したダンス動画のボーカルを作りました。
 
1811031
 
Vocaloid5の標準は、Kaoriさんですが、Kaoriさんは、ソウフフルな感じなので、今回は、曲に合ったアイドルぽいVY1V4を使っています。
 
上の画面のように、VY1V4のnormalを選択して、Singing SkillをPop Idol、Voice ColorのCharacter Cuteを10に設定しました。
あとは、ギターエフェクターみたいなAudio Effectを追加することができます。
ところどころにビブラートを入れるだけで、かなり自然な感じに仕上がります。
 
Youtubeにアップしたのは、こちらです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iClone7で、FREELY TOMORROW

今度は、リアル系のMayumiさんで、ボカロの有名な楽曲「FREELY TOMIORROW」を踊ってもらいました。
 
実は、ボカロの調教をなんとかしたいと思い、ぼかりすを購入する予定でした。
ところが、購入しようとWebを見ていたら、なんと、ぼかりすは販売中止に・・・!
 
代わりに、Vocaloid5が発表されてました。
仕方がないので、Vocaloid5を購入して、ただいま勉強中です。
 
1807232
 
勉強するのに、よい楽曲はないか探してたところ、「FREELY TOMORROW」を発見。
この曲を少し、打ち込んで試してみています。
 
映像の方は、iClone7で作成しました。
MMDモーションは、Lamb.でも使わせていただいた、yurie様です。
リアル系フィギュアが踊っても、まったく違和感のない神モーションです。
 
1807231
 
トレースって、元は2次元の動きなのに、3次元をきれいに再現してあるのは、ほんとに素晴らしいです。
今回は、背景は、IBL画像で、iClone7付属のパーティクルをつけています。
 
ニコニコ動画は、こちらです。
楽曲、ボーカルは、本家様バージョンです。
 
Vocaloid5で、カバーしたものは、Youtubeのこちらにアップしました。
 
本家の超すごい調教には、遠く及びませんが、素人でも、ビブラートやしゃくりなどが、プリセットで簡単につけられるのは、よいですね。
初音ミクさんは、持っていませんが、Vocaloid5のKaoriさんでも声色を調整すれば、こんな感じにも変更できます。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vocaloidで、気まぐれメルシィを歌ってみた

作成した動画について、YAMAHA VY1V4で、「気まぐれメルシィ」を歌ってみました。
 
Vocaloid Editorには、いろんな調整パラメータがあるのですが、なかなか思うように調整するのは、難しいです。
下手に調整すると、デフォルトより、悪くなることもしばしば・・・。(涙
なので、主に、音符の長さや音程を調整するにとどまっています。
  
今回の曲では、「抱きしめてよね~」というところで、語尾の音程を下げるのに、ピッチ調整をしたぐらいです。
 
その他は、今回はケロケロボイスを使用せず、フリーのエキサイター「La Petite Excite」を使用しました。
このエキサイターは、バスドラムやベースに使用すると、太い音がつくれます。
 
180708s
 
作成した動画は、こちらのYoutubeにアップしました。
ボーカロイドは、奥が深い・・・・。(汗
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vocaloidでyoutubeにアップ

作成した動画を、Vocaloidカバーに変更して、youtubeにアップしました。

 
Ss1_renai
 
ひとつめは、今回作成した「iClone7で恋愛デコレート」です。
 
原作者の「あんさん」が、オフボーカルを出していらっしゃいますので、使わせていただいてます。
楽譜はありませんので、耳コピしてMIDIキーボードでリアルタイム入力してます。
その後、シンプルにVocaloid エディターを使って修正しています。
まだ、Vocaloid エディターが使いこなせてなく、音符の長さやベロシティを少し調整しただけを、ケロケロボイスにしたのみです。(汗
 
Youtube動画は、こちらです。
 
 
Ss2_girls
 
もうひとつは、「Girls」です。
 
こちらも、原作者の「EasyPop」さんが、オフボーカルを出されてます。
同じく、Vocalの楽譜はないので、耳コピで、キーボード入力です。
有名なピッチ調整ソフト「Melodyne」が、30日間お試しができるので、使ってみました。
 
全体的にピッチモジュレーションをかけると、少し自然になったように思います。
使い方はおおむねわかったのですが、思ったように直すには、経験とスキルが必要のようです。(汗
ボカロを直すには、最低でも「assistantエディション」が必要で、249US$しますので、先にVocaloid Editorを勉強してからにしようと思います。(涙
 
動画にカメラを追加してYoutubeにアップしたものが、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛デコレートを踊ってみた

だんだん蒸し暑くなってきました。

さて、今回は、MMDダンス「恋愛デコレート」をDAZキャラと、iClone7でやってみました。
最初に、DAZですが、キャラはいつものMayumiさんです。

衣装は、可愛い系ということで、「Siefuku for Genesis2」、アドオンテクスチャーセット「Seifuku Outfit Textures」を選びました。
 
201806041s
 
この衣装は、Genesis2用なので、Genesis8用に変換が必要になります。

AutoFitでGenesis2用の服を着てみましたが、ほぼきれいに着れました。
問題のハイヒールも、ちゃんと履けてます。

201806042s
 
若干、ジャンパースカートの前部分に変なしわが入りました。

そこで、これをエクスポートして、Blenderで修正しました。
スカルプツールでなでるだけで、簡単に直ります。
これをエクスポートして、DAZ StudioのEdit>Geometry>Update Base GepmetryでインポートすればOKです。
Blenderは、フリーの高機能ソフトなので、オススメです。

詳しくは、以前の記事にかいてあります。

201806044s

Genesis2用の服を使う場合に、もう1つ修正した方がよいのは、脇のウェイトです。
これは、Genesis2がTポーズなのに対して、Genesis8がAポーズなので、発生する問題です。
腕を45度上げてTポーズにしてスムース・ブラシでなでればOKです。

201806045s

お気に入りのアドオンテクスチャーを適用してみました。
ダンスということで、ハイヒールをTentmanさんのローヒールに変更しました。
超ミニなので、見えちゃうのですが、カメラワークが難しいので、無視です。(汗

201806046s

背景セットは、いろいろ悩んだ結果、前から持っていた「Canal City」にしました。
このセットは、少し古いPoser用ですが、ポリゴン数が15万くらいで、動画に使いやすいです。

実は、DAZの「Dream Home」も買ってみたのですが、こちらは、パーツ販売なので、たくさん買わなければならず、ポリゴン数も多くて、断念しました。
せっかく買ったので、いつか使おうと思います。(涙

201806047s

iCloneにインポートしたものがこちらです。
水面は、iClone7のものに差し替えています。
今回も、たくさんカメラを切り替えました。

Mayumiさんには、橋の上で踊ってもらいます。

201806048s

MMDモーションの取り込みは、Tda式ミクさんでPMX2FBXを使ってFBXにコンバートし、それをmodo701で読み込み、FBXをエクスポートします。
それを3DXchange7でiclone7にインポートします。
今回の恋愛デコレートは、とにかく動きが多く、手を腰にあてるポーズが多いです。
腕の長さがMMDと違うのと、変換で関節がおかしくなったりで、修正が大変でした。
おかしいところは、DAZ Studioに持ち込んで、直しました。

201806049s

DAZ Studioで直しても、iCloneに持ち込むとき、再度変換がかかるので、iCloneで再度調整が必要になります。
今回は、Curve Editorを使って直してます。
以前の記事にも書きましたが、18000フレームくらいあるMMDモーションでは、Curve Editorは、動作が重くて使い物になりません。
そこで、iCloneで、モーションを分割しています。

2つに分割するのに、1時間以上かかるのが難点です。(涙
3000フレームくらいに分割しても、まだ重いですが、なんとか直しました。
直し切れてないところも若干ありますが・・・。(汗

今回は、自分で歌った音声をiCloneに読み込んで、口パクを自動生成しています。
正直、あまりうまくいってないのですが、アニメの修正に時間がかかったため、力尽きました。(涙

20180604_10

録音に使ったのは、なぜか持ってるプロ用のSHUREのマイクです。
ダイナミックマイクなので、ギター用のオーディオインターフェイス(G2Nu)に接続してパソコンにつないでます。
ギター用エフェクターですが、エフェクトを選べば、使えます。
録音ソフトは、Cubase Aiで、思いがけず役に立ちました。(笑

しかし、歌ってみると、この歌、大変難しかったです。
早口言葉みたいだし、息継ぎ場所が少なくて・・・。(汗

なんとかできたので、ニコニコ動画にアップロードしました。
動画は、こちらです。^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボカキューで桃源恋歌

先日買ったボカキュー4で、大好きな曲「桃源恋歌」をカバーしてみました。
この曲は、ネット上に少し楽譜がありましたが、スコアなどは皆無なので、聞き取れないところは、適当です。
もっと簡単な曲にすればよかったのですが・・・。
 
Cubaseai
 
Cubaseは、LE5をもっていたのですが、Ai9.5は、進歩してますねー。
ネット上に解説がたくさんあるので、随分助かりました。

「桃源恋歌」という曲は、中華風ということもあり、二胡などの中国の楽器が使われてます。
Cubase Aiには、付属してないため、フリーVSTをたくさんGetして使ってます。
この世界には、数多くのフリー音源などがあることにびっくり!

一方、ボカロのVY1V4は素のままでも、結構聞けました。
これも、ボカロが出た頃からみると随分進歩してるようです。
若干、ベロシティなど調整して、ケロケロVSTを使わせていただきました。

ちなみに、本格的にボーカルを歌わせるには、ピッチ調整ソフトが必要のようです。
CubaseだとProバージョンのVariaudio、その他ソフトだとMelodyneなどが有名です。
結構高価なソフトなので、なかなか買えません。

チープなカラオケ風ですが、なんとか最後まで作りましたので、ニコニコ動画にアップしています。

ついでに、前に作ったMayumiさんのダンスのBGMにして、Youtubeにもアップしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)