2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

DAW

2019年8月31日 (土)

iClone7とVocaloid5でStarDuster

先日ニコニコ動画にアップした「Starduster」を、Vocaloid5でカバーして、Youtubeにアップいたしました。

その前の「glow」が、Youtubeでブロックされたので、今回は慎重に事前にアップできるか確認してました。(;^_^A
Youtubeやニコニコ動画にアップする場合の、著作権などの注意点をメモしておきます。

詳しいWeb解説は、こちらにありましたので、勉強させていただきました。(感謝)

私が、楽曲を探す場合、ニコニコ動画から探します。
作者さんがニコニコ動画にアップされている場合、その作品を親作品として登録すれば、作者さんに収益がいくようになってるそうです。

次に、作者さんが、オフボーカルを公開されているかを見ます。
オフボーカルをニコニコ動画で公開されている場合、公開範囲がニコニコ動画だけか、インターネットまでかを確認します。

Piaproで公開されている場合も、公開範囲を確認します。
歌ってみたなどをYoutubeにアップするためには、インターネットまでの公開許可が必要です。
私の場合、自分で打ち込んだ「ボーカロイドで歌ってみた」ですので、オフボーカルでの公開範囲の確認が必要です。

一般に、商業ベースの歌謡曲などは、レコード会社がガチガチに規制してるので、Youtubeでの公開はほとんど不可能です。
このため、あまり興味がありませんし、ほとんど聴きません。(笑

歌ってみたなどをYoutubeにアップできるのは、JARACなど著作権団体がYoutubeと包括契約を結んでるためです。
ただし、使用する楽曲がJASRACに登録されて管理されていることが条件となります。
先日ブロックされた「glow」は、管理曲でなかったのかもしれません。(推測です。判定はなかなか難解です)

さて、今回のVocalodですが、「オフトゥン」でも使用したVY1V4 Soft To the Starsを使いました。
VY1V4のこれは、あまり手がかからず(苦笑)、キャラに合ってるようなので、Mayumiさんには、これでいくことにします。(^^♪

この曲には、途中「愛を~♪」がやまびこのように聞こえる箇所があります。
そこで、この部分だけ別パートにして、Delayを調整しました。
Vocaloid5のデフォルトで左右に分かれて聞こえるようになりました。(^^)/

1908311

Youtubeにアップした動画は、こちらです。

2019年7月25日 (木)

iClone7でハイファイレイヴァーYoutubeにアップ

iClone7でハイファイレイヴァーですが、ボーカルをVocaloid5に変更して、Youtubeにアップしました。
Vocaloid5は、YAMAHA VY1V4のNatural、Styleは、To the starsを使用しました。
なお、エフェクトは、Vocaloid5およびCubaseで、いろいろ弄ってあります。

動画の方も、ニコニコ動画バージョンはR-18でしたので、少しカメラワークなどを見直しています。

1907250

さて、VEGAS Proでのニコニコ動画やYoutubeへのアップロード方法のメモです。
レンダリングの種類が多すぎて、結構悩みました。(;^_^A

使用したのは、MAGIX AVC/AAC MP4、インターネット HD 1080P 59.94fpsです。

MAGIXは、このソフトの開発元です。
AVC/AAC MP4は、どうやら普及しているビデオ・音声の圧縮方法のようです。
最近ではさらに進化したHEVCが使用できるとのことです。
詳しくは、こちらのページが参考になります。

ニコニコ動画やYoutube側で圧縮がかかるため、iClone7では30fpsで書き出ししてますが、59.94fpsを指定しています。
また、可変ビットレートではなく、あえて一定ビットレート28,000,000を使いました。

Youtubeで見たら、なんとかうまく表示できてるようです。(^^♪

1907251

 

2019年6月29日 (土)

ギターのライン録音

久しぶりにエレキギターのライン録音をやってみたら、なかなかうまくいかず・・・。
やっと音が出たと思ったらプチプチノイズが・・・。

毎回悩むのも困るので、設定方法などを備忘録として書いておきます。

使用機材は、懐かしのZoomのマルチエフェクターG2Nuです。
これは、エフェクターやアンプシミュレータでオーディオ・インターフェイス内蔵です。
ギターのシールドをこれに接続して、USBにてパソコンに接続します。

パソコンの録音ソフトは、Vocaloid4に付属していたCubaseAiです。

1906291

画面はこんな感じで、Cubaseでシンセドラムやベース、ピアノなどを鳴らしながら、ギターを録音します。
ZoomG2Nuのエフェクターは画像のようにパソコン上のソフトで調整・切り替え可能です。

つないだだけでは音はでません。Cubaseの設定がなかなかわかりずらい・・・。
上の画像では、E.Guitarの左側のタブでStereo in とStereo Outが指定されてることがポイントです。
これは、Cubaseのオーディオ・コネクションと一致してなければなりません。

1906292

Cubaseのスタジオ設定を開き、VSTオーディオシステムをGeneric Low Latency ASIO Driverにします。
これは、パソコンで音を鳴らす場合です。
Zoomを指定すると、Zoom本体のヘッドホン出力から音がでます。
 
左側にコントロールパネルを開いて、出力ポートと入力ポートを設定します。
出力は、スピーカー、入力は、USB接続のZoom Recording Mixerにします。

この名称は、パソコンのサウンド設定と同じですので、次に確認します。

1906293

パソコンのタスクバーのスピーカマークを右クリックしてサウンドをクリックします。
こんな画面が表示されます。
録音がZoom Recording Mixerになってること、プロパティも開いて中を確認・調整します。

1906294

再生がスピーカーになってることを確認し、同様にプロパティも開いて確認・調整します。
こちらのWindows側の設定がまずくても、うまく音が出ないので困ります。(-_-;)

1906296

最後にZoom本体の設定です。
GLOBALメニューのレベルおよびUSBのGainを調整します。
録音レベルが小さいので、+6dBにしてみました。

この設定で、うまく録音ができました。
さて、冒頭に書きましたが、プチプチと雑音が出てしまう原因です。
ZoomG2Nuが古いせいかと思って、新製品を買おうかと思いましたが、別パソコンで試すと音は正常・・・。

そこで、パソコンのサウンド関連ドライバーをマザーボード提供のものに戻してみました。
Realtekのドライバは自分でよくアップデートしてたので、マザーとの相性が合わないのかもしれません。

結果、ドライバー削除、旧ドライバーのインストールで、ノイズがでなくなりました。(^^)/
デバイスマネージャーの状況を記録しておきます。ドライバーも保存しとかないと・・・。

1906295

やっと録音ができるようになったので、のんびりいろいろやってみます。(;^_^A

2019年6月 9日 (日)

Vocaloid5でオフトゥン

例によって、前回記事の傘村トータ様の「オフトゥン」のボーカルをVocaloidに変えてみました。
今回使用したのは、CEVIOのささらさんではなく、Vocaloid5で、VY1V4です。

1906091

原曲が初音ミクさんということもあり、VY1V4の方が、なじみやすく感じました。
柔らかな歌声ということで、VY1V4 Soft、Vocaloid5のスタイル To the Starsを選択しています。

曲をエクスポートして、動画に合わせてみると、少し口パクがずれてました。
少し歌いまわしが原曲と違うせいでした。(;^_^A

そこで、iClone7の表情を少し調整しました。
実は、iClone7では、LiveFaceなどで取り込んだ表情の細かな調整ができません。
このため、うまく切り取りしたりして、なんとか調整しています。

表情のモーキャプは、失敗したり思い通りならないことも多いので、後で修正ができるといいんですが・・・。(;^_^A

アップしたyoutubeは、こちらです。

 

 

2019年4月25日 (木)

iClone7で、MMDスリラーつづき

前回、YoutubeにMMDモーションのiClone7への変換についてアップしました。
そこで、今回は、ニコニコ動画にもアップしました。

1904252  

ただし、ニコニコ動画の場合は、残りのダンスを一応最後まで踊りました。
Cubaseでの打ち込みも、ダンスの終わり部分まで作りました。
問題だったのが、マイケルのボーカルです。

当然、英語なので、V1YV4やささらさんが使えません。
そこで、Vocaloid5に付属のAmyさんやChrissさんを使いました。

なんとか英語の歌詞を打ち込みまでしたのですが、どうも、この曲にしっくりきません。
やはり、マイケルのイメージが強すぎ・・・です。

結局、Vocaloid5の使用はあきらめ、インストに変更しております。
もう少しがんばれば、最初から最後までのカラオケもできそうですが、また機会があればやってみたいなと思います。

さて、iClone7のほうですが、以前ニコニコ動画にMayumiさんが踊るNyanCatをアップしたのですが、不気味で怖いと地味に再生数が上がっております。(;^_^A

それなら、Thriller踊ればもっと怖いかも・・・と思って作りました。
見る人によっては恐ろしいビデオになったかも・・・。(;^_^A

たくさん、並べたかったのですが、うちのマシンでは、さすがにMayumiさん6体が限界のようでした。

1904251

怖いのが大丈夫な方、こちらからどうぞ。(;^_^A

 

2019年2月 2日 (土)

CevioとVocaloid5で、好き!雪!本気マジック

前回記事のiClone7で「好き!雪!本気マジック」を、CevioとVocaloid5でカバーしました。
 
1902021
 
Cevioは、前にiCloneで邦画を作ったときに導入したもので、今回はソング機能を使いました。すずきつづみさんは、歌えなかった(汗)ので、さとうささらさんに歌ってもらってます。
 
CevioとVocaloidでは、随分使い方が違うんですね。
ささらさんは、あの特徴ある歌い方を大きく変えることは難しいですが、あまり手をかけずとも、自然に歌ってくれます。
 
しかし、本曲の英語トークは、非常に難しいです。
Cevioに英語トークのモジュールはないので、うまく話してくれません。
 
そもそも、初音ミクさんが、あんなに流暢に英語を話すこと自体、驚きです。
 
1902022
 
仕方ないので、英語ソングライブラリを持ってるVocaloid5を使いました。
ただし、こちらもトーク機能はないので、ロボットボイスでなんとか・・・。
 
Cevio単体では、エフェクトがかけれないので、Wavでエクスポートして、Cubase Aiにインポートしてミックスダウンしています。
 
今回の楽曲は、原作者さんがインターネット公開を許可しているカラオケを使用させていただきました。
 
ボカロ楽曲の場合、原作者さんがカラオケを公開されていることが多いのですが、GARNiDELiAさんの場合、非公開です。
このため、Youtubeでは、ガードがかかってしまいます。
カラオケのインターネット公開を認めてくれるとうれしいのですが・・・。
 
今回は、1080PでYoutubeにアップしました。こちらです。
 
 

2018年11月 3日 (土)

Vocaloid5で、恋愛カフェテリア

ランジェリーは、現在、FBMをせっせと作っております。
息抜きに、Vocaloid5で、以前作成したダンス動画のボーカルを作りました。
 
1811031
 
Vocaloid5の標準は、Kaoriさんですが、Kaoriさんは、ソウフフルな感じなので、今回は、曲に合ったアイドルぽいVY1V4を使っています。
 
上の画面のように、VY1V4のnormalを選択して、Singing SkillをPop Idol、Voice ColorのCharacter Cuteを10に設定しました。
あとは、ギターエフェクターみたいなAudio Effectを追加することができます。
ところどころにビブラートを入れるだけで、かなり自然な感じに仕上がります。
 
Youtubeにアップしたのは、こちらです。
 

2018年7月23日 (月)

iClone7で、FREELY TOMORROW

今度は、リアル系のMayumiさんで、ボカロの有名な楽曲「FREELY TOMIORROW」を踊ってもらいました。
 
実は、ボカロの調教をなんとかしたいと思い、ぼかりすを購入する予定でした。
ところが、購入しようとWebを見ていたら、なんと、ぼかりすは販売中止に・・・!
 
代わりに、Vocaloid5が発表されてました。
仕方がないので、Vocaloid5を購入して、ただいま勉強中です。
 
1807232
 
勉強するのに、よい楽曲はないか探してたところ、「FREELY TOMORROW」を発見。
この曲を少し、打ち込んで試してみています。
 
映像の方は、iClone7で作成しました。
MMDモーションは、Lamb.でも使わせていただいた、yurie様です。
リアル系フィギュアが踊っても、まったく違和感のない神モーションです。
 
1807231
 
トレースって、元は2次元の動きなのに、3次元をきれいに再現してあるのは、ほんとに素晴らしいです。
今回は、背景は、IBL画像で、iClone7付属のパーティクルをつけています。
 
ニコニコ動画は、こちらです。
楽曲、ボーカルは、本家様バージョンです。
 
Vocaloid5で、カバーしたものは、Youtubeのこちらにアップしました。
 
本家の超すごい調教には、遠く及びませんが、素人でも、ビブラートやしゃくりなどが、プリセットで簡単につけられるのは、よいですね。
初音ミクさんは、持っていませんが、Vocaloid5のKaoriさんでも声色を調整すれば、こんな感じにも変更できます。^^

2018年7月 8日 (日)

Vocaloidで、気まぐれメルシィを歌ってみた

作成した動画について、YAMAHA VY1V4で、「気まぐれメルシィ」を歌ってみました。
 
Vocaloid Editorには、いろんな調整パラメータがあるのですが、なかなか思うように調整するのは、難しいです。
下手に調整すると、デフォルトより、悪くなることもしばしば・・・。(涙
なので、主に、音符の長さや音程を調整するにとどまっています。
  
今回の曲では、「抱きしめてよね~」というところで、語尾の音程を下げるのに、ピッチ調整をしたぐらいです。
 
その他は、今回はケロケロボイスを使用せず、フリーのエキサイター「La Petite Excite」を使用しました。
このエキサイターは、バスドラムやベースに使用すると、太い音がつくれます。
 
180708s
 
作成した動画は、こちらのYoutubeにアップしました。
ボーカロイドは、奥が深い・・・・。(汗
 

2018年6月11日 (月)

Vocaloidでyoutubeにアップ

作成した動画を、Vocaloidカバーに変更して、youtubeにアップしました。

 
Ss1_renai
 
ひとつめは、今回作成した「iClone7で恋愛デコレート」です。
 
原作者の「あんさん」が、オフボーカルを出していらっしゃいますので、使わせていただいてます。
楽譜はありませんので、耳コピしてMIDIキーボードでリアルタイム入力してます。
その後、シンプルにVocaloid エディターを使って修正しています。
まだ、Vocaloid エディターが使いこなせてなく、音符の長さやベロシティを少し調整しただけを、ケロケロボイスにしたのみです。(汗
 
Youtube動画は、こちらです。
 
 
Ss2_girls
 
もうひとつは、「Girls」です。
 
こちらも、原作者の「EasyPop」さんが、オフボーカルを出されてます。
同じく、Vocalの楽譜はないので、耳コピで、キーボード入力です。
有名なピッチ調整ソフト「Melodyne」が、30日間お試しができるので、使ってみました。
 
全体的にピッチモジュレーションをかけると、少し自然になったように思います。
使い方はおおむねわかったのですが、思ったように直すには、経験とスキルが必要のようです。(汗
ボカロを直すには、最低でも「assistantエディション」が必要で、249US$しますので、先にVocaloid Editorを勉強してからにしようと思います。(涙
 
動画にカメラを追加してYoutubeにアップしたものが、こちらです。

より以前の記事一覧