2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

DAW

2020年11月19日 (木)

DAZ Studio で真夏のレターレインボー

DAZ StudioのFILAMENTでダンス動画を作ってみました。

お題は、鶴田加茂&MOSAIC.TUNEさんの「真夏のレターレインボー」です。
作者さんは、あの、「みんなみくみくにしてあげる」の作者さんです。^_^

Piaproのカラオケを使わせていただき、元気いっぱいの曲なので、Cevioの、さとうささらさんでカバーしました。
ダンス動画はショートバージョンなので、カラオケを少し編集させていただいてます。

2011192

超絶可愛い振付は、いつもの足太ぺんたさんです。(*^^*)
これまた神業のMMDモーションは、iClone7に変換したものをbvhで書き出してDAZ Studioにインポートしています。
iClone7とDAZ Studioの連携が強化されているためか、インポートの精度も上がってるかも・・・。

2011191

ちょうどDAZでSpring Dynamics For Daz Studioがリリースされていたので、これを使って胸を揺らしています。^_^
Kinley Hairも、dForceシミュレーションにとんでもない時間がかかるので、Spring Dynamicsで揺らしています。

今回の曲はショート・バージョンとはいえ、3500フレームあります。
未圧縮aviでエクスポートでも2時間かかりました。
しかし、できたaviが壊れてるとかで、うまく読めません。
結局、500フレーム単位で分割しました。(T_T)
そのせいなのか、DAZ Studioの制約なのかは不明ですが、動画と音声があわなくなることもありました。(・_・;)

また、シーンの保存はできますが、読み込む時にメモリを使い切ってしまい、うまく読めませんでした。
bvhを少し特殊な方法でインポートしてる影響もあるかもしれませんが・・。

このため、直したいけど直せないところも結構ありますが、仕方ありません。(;・∀・)
短めのアニメーションでは、多分問題は起きないのかと・・・・。

Youtubeにアップした動画はこちら・・・。

2020年6月11日 (木)

iClone7とVocaloid5でカイト

趣味全開の記事で恐縮ですが、iClone7とVocaloid5で、米津玄師さん作詞作曲で嵐が歌う「カイト」をカバーしました。

Vocalod5のボイスは、標準のkenを使いました。
ソウルフルな声だと思って敬遠してましたが、スタイル「To the stars」を使用すると、割と自然な感じで歌ってくれました。

つまづいたところは、「溢れ出す♪」の「す」です。
無声子音といわれるもので、これをVocaloid5で表現する場合、特殊な扱いが必要です。
方法は、音素記号の入力モードにして、「sM_0」と入力します。(知らなかったww)

2006111

カラオケは、いつも通りCubaseで作成してますが、原曲がフルオケということで、耳コピに苦労しました。
まあ、雰囲気が出れば良しというところです。

2006112

音源が多いので、CubaseAiのインストゥルメント数16をあっというまに使い切ってしまいました。
原曲では、弦楽器がレガートやスピッカートなどいろんな弾き方をしてるため、弦楽器だけで4種類の音源を使ってます。
String Ensemble1,2、コントラバス、UVIWorkstationのフリースピッカートの4種類、7音源です。

あと、オーケストラのクレッシェンドを表現するのに、Main Volumeをエディットしたり、ピアノのペダルのオン/オフのコントロールにオートメーションを使ってます。

Cubase Elementsにアップグレードすれば、インストゥルメント数24にアップします。
しかし、欲しかったアルペジエータは、Artistsにしないと付属しません。( ノД`)シクシク…
Cubase AiからElementsへのアップグレードは、5,400円、Artistsだと27,200円かかります。
まあ、趣味なので余裕ができたら考えることにします。(^^;

2006113

一方、iClone7では、CC_Maleをベースにし、Headshotを使い、嵐のN君に似せたキャラを作ってみました。
あまり似なかったので、メガネをかけてます。ファンの方、すみませぬ。(^^;

いつものように、FaceLiveを使って口パクと表情をつけ、腕の動きもキャプチャーを元に手直ししてます。

Youtubeにアップしたものは、こちらです。

 

2020年1月16日 (木)

iClone7とVocaloid5で、「世界で一番近くに居るのに」

ニコニコ動画で知った「世界で一番近くに居るのに」という曲をカバーしました。

この曲は、Samfreeさんという方が、2008年にリリースされた初音ミクさんの曲です。
とても素晴らしい曲で、涙なしでは聞けない名曲です。

Samfreeさんは、ニコニコでもとても有名な方だそうで、あの「ルカルカナイトフィーバー」の作者さんでもあります。
残念なことに、2015年31歳の若さでお亡くなりになったそうです。( ;∀;)
ご冥福をお祈り申し上げます。

2001161

ボーカルは、いつものVocaloid5で、VY1V4を使っています。
この曲は、サビでハモリがありますが、ニコニコ動画で耳コピ楽譜が公開されており、大変助かりました。(感謝)
VY1V4の設定は、 Soft To the Stars です。

2001162

iClone7で作った動画は、こんな感じです。
モデルは、いつものMayumiさんで、私のG8FT Skirtを着てもらってます。
今回の動画は、Mayumiさんにマイクを持って歌ってもらうイメージにしています。

個別の曲に合うモーションはないので、作りました。
下半身の動きをiClone7とKinect V2でキャプチャーし、上半身の動きは手付けです。
Kinect1台では、どうしても腕の動きが不自然になってしまうからです。( ;∀;)
大したモーションでもないのに、データのクリーニングや手付けモーションのエディットは結構苦労しました。

モーション・キャプチャーは、体にセンサーを付けないものをいろいろ試しましたが、やはり難しいです。
Kinect2台使用できるipi3がありますが、広い場所が必要だったり、価格がお高いです。
狭い場所でも使える「Perception Neuron」欲しい・・・。
しかし、安くなったとはいえ、20万円以上します。
個人のホビーユースではまだ無理ですね。(-_-;)

ニコニコ動画にアップしたのは、こちらです。


2019年8月31日 (土)

iClone7とVocaloid5でStarDuster

先日ニコニコ動画にアップした「Starduster」を、Vocaloid5でカバーして、Youtubeにアップいたしました。

その前の「glow」が、Youtubeでブロックされたので、今回は慎重に事前にアップできるか確認してました。(;^_^A
Youtubeやニコニコ動画にアップする場合の、著作権などの注意点をメモしておきます。

詳しいWeb解説は、こちらにありましたので、勉強させていただきました。(感謝)

私が、楽曲を探す場合、ニコニコ動画から探します。
作者さんがニコニコ動画にアップされている場合、その作品を親作品として登録すれば、作者さんに収益がいくようになってるそうです。

次に、作者さんが、オフボーカルを公開されているかを見ます。
オフボーカルをニコニコ動画で公開されている場合、公開範囲がニコニコ動画だけか、インターネットまでかを確認します。

Piaproで公開されている場合も、公開範囲を確認します。
歌ってみたなどをYoutubeにアップするためには、インターネットまでの公開許可が必要です。
私の場合、自分で打ち込んだ「ボーカロイドで歌ってみた」ですので、オフボーカルでの公開範囲の確認が必要です。

一般に、商業ベースの歌謡曲などは、レコード会社がガチガチに規制してるので、Youtubeでの公開はほとんど不可能です。
このため、あまり興味がありませんし、ほとんど聴きません。(笑

歌ってみたなどをYoutubeにアップできるのは、JARACなど著作権団体がYoutubeと包括契約を結んでるためです。
ただし、使用する楽曲がJASRACに登録されて管理されていることが条件となります。
先日ブロックされた「glow」は、管理曲でなかったのかもしれません。(推測です。判定はなかなか難解です)

さて、今回のVocalodですが、「オフトゥン」でも使用したVY1V4 Soft To the Starsを使いました。
VY1V4のこれは、あまり手がかからず(苦笑)、キャラに合ってるようなので、Mayumiさんには、これでいくことにします。(^^♪

この曲には、途中「愛を~♪」がやまびこのように聞こえる箇所があります。
そこで、この部分だけ別パートにして、Delayを調整しました。
Vocaloid5のデフォルトで左右に分かれて聞こえるようになりました。(^^)/

1908311

Youtubeにアップした動画は、こちらです。

2019年7月25日 (木)

iClone7でハイファイレイヴァーYoutubeにアップ

iClone7でハイファイレイヴァーですが、ボーカルをVocaloid5に変更して、Youtubeにアップしました。
Vocaloid5は、YAMAHA VY1V4のNatural、Styleは、To the starsを使用しました。
なお、エフェクトは、Vocaloid5およびCubaseで、いろいろ弄ってあります。

動画の方も、ニコニコ動画バージョンはR-18でしたので、少しカメラワークなどを見直しています。

1907250

さて、VEGAS Proでのニコニコ動画やYoutubeへのアップロード方法のメモです。
レンダリングの種類が多すぎて、結構悩みました。(;^_^A

使用したのは、MAGIX AVC/AAC MP4、インターネット HD 1080P 59.94fpsです。

MAGIXは、このソフトの開発元です。
AVC/AAC MP4は、どうやら普及しているビデオ・音声の圧縮方法のようです。
最近ではさらに進化したHEVCが使用できるとのことです。
詳しくは、こちらのページが参考になります。

ニコニコ動画やYoutube側で圧縮がかかるため、iClone7では30fpsで書き出ししてますが、59.94fpsを指定しています。
また、可変ビットレートではなく、あえて一定ビットレート28,000,000を使いました。

Youtubeで見たら、なんとかうまく表示できてるようです。(^^♪

1907251

 

2019年6月29日 (土)

ギターのライン録音

久しぶりにエレキギターのライン録音をやってみたら、なかなかうまくいかず・・・。
やっと音が出たと思ったらプチプチノイズが・・・。

毎回悩むのも困るので、設定方法などを備忘録として書いておきます。

使用機材は、懐かしのZoomのマルチエフェクターG2Nuです。
これは、エフェクターやアンプシミュレータでオーディオ・インターフェイス内蔵です。
ギターのシールドをこれに接続して、USBにてパソコンに接続します。

パソコンの録音ソフトは、Vocaloid4に付属していたCubaseAiです。

1906291

画面はこんな感じで、Cubaseでシンセドラムやベース、ピアノなどを鳴らしながら、ギターを録音します。
ZoomG2Nuのエフェクターは画像のようにパソコン上のソフトで調整・切り替え可能です。

つないだだけでは音はでません。Cubaseの設定がなかなかわかりずらい・・・。
上の画像では、E.Guitarの左側のタブでStereo in とStereo Outが指定されてることがポイントです。
これは、Cubaseのオーディオ・コネクションと一致してなければなりません。

1906292

Cubaseのスタジオ設定を開き、VSTオーディオシステムをGeneric Low Latency ASIO Driverにします。
これは、パソコンで音を鳴らす場合です。
Zoomを指定すると、Zoom本体のヘッドホン出力から音がでます。
 
左側にコントロールパネルを開いて、出力ポートと入力ポートを設定します。
出力は、スピーカー、入力は、USB接続のZoom Recording Mixerにします。

この名称は、パソコンのサウンド設定と同じですので、次に確認します。

1906293

パソコンのタスクバーのスピーカマークを右クリックしてサウンドをクリックします。
こんな画面が表示されます。
録音がZoom Recording Mixerになってること、プロパティも開いて中を確認・調整します。

1906294

再生がスピーカーになってることを確認し、同様にプロパティも開いて確認・調整します。
こちらのWindows側の設定がまずくても、うまく音が出ないので困ります。(-_-;)

1906296

最後にZoom本体の設定です。
GLOBALメニューのレベルおよびUSBのGainを調整します。
録音レベルが小さいので、+6dBにしてみました。

この設定で、うまく録音ができました。
さて、冒頭に書きましたが、プチプチと雑音が出てしまう原因です。
ZoomG2Nuが古いせいかと思って、新製品を買おうかと思いましたが、別パソコンで試すと音は正常・・・。

そこで、パソコンのサウンド関連ドライバーをマザーボード提供のものに戻してみました。
Realtekのドライバは自分でよくアップデートしてたので、マザーとの相性が合わないのかもしれません。

結果、ドライバー削除、旧ドライバーのインストールで、ノイズがでなくなりました。(^^)/
デバイスマネージャーの状況を記録しておきます。ドライバーも保存しとかないと・・・。

1906295

やっと録音ができるようになったので、のんびりいろいろやってみます。(;^_^A

2019年6月 9日 (日)

Vocaloid5でオフトゥン

例によって、前回記事の傘村トータ様の「オフトゥン」のボーカルをVocaloidに変えてみました。
今回使用したのは、CEVIOのささらさんではなく、Vocaloid5で、VY1V4です。

1906091

原曲が初音ミクさんということもあり、VY1V4の方が、なじみやすく感じました。
柔らかな歌声ということで、VY1V4 Soft、Vocaloid5のスタイル To the Starsを選択しています。

曲をエクスポートして、動画に合わせてみると、少し口パクがずれてました。
少し歌いまわしが原曲と違うせいでした。(;^_^A

そこで、iClone7の表情を少し調整しました。
実は、iClone7では、LiveFaceなどで取り込んだ表情の細かな調整ができません。
このため、うまく切り取りしたりして、なんとか調整しています。

表情のモーキャプは、失敗したり思い通りならないことも多いので、後で修正ができるといいんですが・・・。(;^_^A

アップしたyoutubeは、こちらです。

 

 

2019年4月25日 (木)

iClone7で、MMDスリラーつづき

前回、YoutubeにMMDモーションのiClone7への変換についてアップしました。
そこで、今回は、ニコニコ動画にもアップしました。

1904252  

ただし、ニコニコ動画の場合は、残りのダンスを一応最後まで踊りました。
Cubaseでの打ち込みも、ダンスの終わり部分まで作りました。
問題だったのが、マイケルのボーカルです。

当然、英語なので、V1YV4やささらさんが使えません。
そこで、Vocaloid5に付属のAmyさんやChrissさんを使いました。

なんとか英語の歌詞を打ち込みまでしたのですが、どうも、この曲にしっくりきません。
やはり、マイケルのイメージが強すぎ・・・です。

結局、Vocaloid5の使用はあきらめ、インストに変更しております。
もう少しがんばれば、最初から最後までのカラオケもできそうですが、また機会があればやってみたいなと思います。

さて、iClone7のほうですが、以前ニコニコ動画にMayumiさんが踊るNyanCatをアップしたのですが、不気味で怖いと地味に再生数が上がっております。(;^_^A

それなら、Thriller踊ればもっと怖いかも・・・と思って作りました。
見る人によっては恐ろしいビデオになったかも・・・。(;^_^A

たくさん、並べたかったのですが、うちのマシンでは、さすがにMayumiさん6体が限界のようでした。

1904251

怖いのが大丈夫な方、こちらからどうぞ。(;^_^A

 

2019年2月 2日 (土)

CevioとVocaloid5で、好き!雪!本気マジック

前回記事のiClone7で「好き!雪!本気マジック」を、CevioとVocaloid5でカバーしました。
 
1902021
 
Cevioは、前にiCloneで邦画を作ったときに導入したもので、今回はソング機能を使いました。すずきつづみさんは、歌えなかった(汗)ので、さとうささらさんに歌ってもらってます。
 
CevioとVocaloidでは、随分使い方が違うんですね。
ささらさんは、あの特徴ある歌い方を大きく変えることは難しいですが、あまり手をかけずとも、自然に歌ってくれます。
 
しかし、本曲の英語トークは、非常に難しいです。
Cevioに英語トークのモジュールはないので、うまく話してくれません。
 
そもそも、初音ミクさんが、あんなに流暢に英語を話すこと自体、驚きです。
 
1902022
 
仕方ないので、英語ソングライブラリを持ってるVocaloid5を使いました。
ただし、こちらもトーク機能はないので、ロボットボイスでなんとか・・・。
 
Cevio単体では、エフェクトがかけれないので、Wavでエクスポートして、Cubase Aiにインポートしてミックスダウンしています。
 
今回の楽曲は、原作者さんがインターネット公開を許可しているカラオケを使用させていただきました。
 
ボカロ楽曲の場合、原作者さんがカラオケを公開されていることが多いのですが、GARNiDELiAさんの場合、非公開です。
このため、Youtubeでは、ガードがかかってしまいます。
カラオケのインターネット公開を認めてくれるとうれしいのですが・・・。
 
今回は、1080PでYoutubeにアップしました。こちらです。
 
 

2018年11月 3日 (土)

Vocaloid5で、恋愛カフェテリア

ランジェリーは、現在、FBMをせっせと作っております。
息抜きに、Vocaloid5で、以前作成したダンス動画のボーカルを作りました。
 
1811031
 
Vocaloid5の標準は、Kaoriさんですが、Kaoriさんは、ソウフフルな感じなので、今回は、曲に合ったアイドルぽいVY1V4を使っています。
 
上の画面のように、VY1V4のnormalを選択して、Singing SkillをPop Idol、Voice ColorのCharacter Cuteを10に設定しました。
あとは、ギターエフェクターみたいなAudio Effectを追加することができます。
ところどころにビブラートを入れるだけで、かなり自然な感じに仕上がります。
 
Youtubeにアップしたのは、こちらです。