DAZ Studio

G3F Suit for G3Fリリースされました

一昨日、Renderosityにアップロードしていた、G3F Suit for G3Fが、無事リリースされました。
例によりまして、リドミーの内容を書いておきます。

 
この服は、Genesis3 Female用です。
 

■ご注意

すべてのポーズに対応してはおりません。
Smoothing Modifierを適用してください。(デフォルトでONになってます)
リドミーに記載したFBM/PBM以外は、期待した変形をしない可能性があります。

■インストール

zipを解凍し、DAZ StudioのMy LibraryまたはDAZ 3D Libraryにコピーしてください。
Smart Contentに表示されない場合、Content DB Maintenanceで、Re-Importしてください。

■Tipsと制限

座るポーズの場合、SitPoseモーフまたは、Crosslegモーフを使うとよいでしょう。

SkirtLongerモーフを使用する場合、Surfaceタブから、UVセットをSkirtLongerに変更するとよいでしょう。

フィッティングに、以下のモーフを使ってください。

ADJ_BreastsSize(Inner and Jacket)
ADJ_Front(Jacket)
ShoulderPad(Jacket)

FC_Center Depth Smoother.dsf(Inner and Jacket)
FC_Center Depth.dsf(Inner and Jacket)
FC_Under Smoother 2.dsf(Inner and Jacket)

DAZのFit Control for Genesis 3 Female(s)を使用すると、もっと細かな調整ができます。

ChestOpen、FrontCloseのようなモーフは、Shapedeno服の変形に追随できない場合があります。

ジャケットの形を綺麗に見せるため、上半身を動かさない方がよいでしょう。
これは、仕方ないかも・・・・。
crying

以下は、G3FUoutfitを使う場合のTipsです。

G3FUshirtを着用して、ジャケットを着る場合、G3FUshirt_transを適用し、Fit_G3FUoutfitモーフを適用してください。

G3FUskirt_navyを着用する場合、ジャケットと色合いを合わせるため、スカートにG3FUskirt_navy2を適用してください。

G3FU outfitを着用して座る場合、ジャケットのモーフは、SitPoseUモーフまたは、CrosslegUを使ってください。

ジャケットにFit_G3FUoutfitモーフを適用する場合、Surfaceタブから、UVセットをFit_G3FUoutfitに変更するとよいでしょう。

今回のスーツは、スーツとして着用するとともに、G3FUoutfitを使うことで、制服のジャケットとしても使えるように工夫しました。

レンダロのページは、こちらです。

20161001

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

制服のバリエーション

作成中のG3F用スーツなんですが、ボタンを追加したり、襟を直したりで、停滞しております。
スーツなのですが、モーフにより、G3FUoutfitに着用できるようにするのが、ポイントなので、結構、試行錯誤しております。bearing

とりあえず形になったので、制服のバリエーションをレンダリングしてみました。
 
201609131
 
左が基本のスーツ、右から制服バージョンです。
G3F用のこのスーツは、V4用と異なり、2ボタン長袖になりました。
 
201609132
 
G3FUoutfit用のモーフは、丈も長くなっています。
タイやリボンを付け替えることで、バリエーションが増えます。
なかなか楽しい、コレ・・・・。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Genesis3 FemaleのFBM作成

Genesis3 FemaleのFBM作成について、メモしておきます。

Voluptuousを修正する場合に、ターゲットの形状が思ったとおりにならない場合があります。

これは、MTがよくないのではなく、ウェイトマップが関係してることもあります。
 
20160831_1
 
このように、胸下の部分が頂点交差してしまっています。
これは、MTを作り直しても、直りません。
 
20160831_2
 
ウェイトマップを見てみると、このようになってました。
 
20160831_3
 
そこで、スムースブラシで塗り塗り・・・・。
これで滑らかになりました。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

少し涼しくなってきました

8月も終わりに近づき、少し涼しくなってきました。happy01

半袖の季節が終わらないうちに、DAZで購入していたJK服を使いました。
JKということで、MamiのHeightを70に縮小して、HeadもJosieを20%注入いたしました。
髪型については、JKに最強ともいえそうなnene_hairを使わせていただきました。(RedViper様に感謝)
 
ただ、この髪は、V4用Figureなので、少し工夫が必要です。
最初、Genesis2用にコンバートして、さらにGenesis3用にコンバートして使ってみたところ、髪の末端が少し変形してしまったり、頭や首の動きに追随するなど、少し使いにくいところがありました。
 
このため、フィギュアのまま使用することにしました。
つまり、Fitせずに小道具感覚でペアレントだけで使います。
頭の大きさは、Aiko4Headモーフで調整できました。wink
 
もう1点はIray用のマテリアル調整です。
何もしないと、透明度?が強調されて、スカスカな髪になります。shock
 
これについては、DAZのフォーラムに対応策がありました。
最初に髪のSurfaceをIray Uber BaseでIray用にします。
次に、scalpを除いたSurfaceについて、Cutout OpacityのParameter SettingのUse Limitsをはずし、値を上げます。今回は、1.50に直しました。
さらに、変な小さな反射が発生してたので、反射関連の項目の値を0にしました。
 
この方法で、ほとんどのV4用の髪が、Irayで使えるのではないかと思います。happy01
 
201608291
 
某掲示板でいただきましたポーズと、スカートモーフセットを使わせていただいてます。(Kaos様に感謝)happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

G3F用のスーツでも その3

G3F用スーツを、テストレンダしながら、調整しています。
今回も、「ぱくたそ」さんの画像を使って、オフィスのイメージを作ってみました。

背景画像とDAZ Studioのカメラを合わせるのは、なかなか難しい・・・。
そこで、DAZ StudioのBackdropを使うのも、良いと思われます。
Backdropは、以前と異なり、DAZ Studio4.9ではRenderタブにあります。
表示させると、こんな風になります。
 
2016008051
 
このままレンダリングも可能ですが、Photoshopなどで合成した方が綺麗です。
ライトの当たり具合なども、調整するとよいかも・・・。

なかなか背景画像とレンダリングがぴったりというわけには、いきませんが、それらしい画像ができました。

ジャケットの肩パットをより自然に見えるように修正、若干ノーマルマップで皺を追加してみました。
マグカップはレンダロのフリーもの、ネームプレートは、Office outfit for Miki2に付属してたものを使いました。
最近でもこういうネームプレート使ってるのかなあ・・・。coldsweats01
 
2016008052
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

G3F用のスーツでも その2

ただのスーツだと、芸がない・・・ということで・・・。
G3FU outfitと、合わせて着用してみました。
201607241
 
左側が、事務員風、右側がJK風・・・。(笑
前の記事では七分袖でしたが、これも冬でも着れるように長袖に修正しました。
V4suitのようにインナーと、タイトスカートを合わせれば、ちょっと色っぽいオフィススタイルでもOKですね。lovely
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

G3F用のスーツでも

梅雨もあけて、毎日暑い日が続いております。

少し季節感がずれますが、現在、G3F用のスーツを作っております。
スーツといえば、V4 suitをたくさん使っていただいてるのですが、今回のG3F用は、インナーを除き、新規にMarvelous Desingerで作っています。

 
201607211
 
こうしてみると、G3Fの素体は、意外にごつい・・・w。
ボトムは定番のミニスカートです。
 
201607212
 
最近アップしたセカンドライフ用の服と同じく、MD4からローポリでエクスポートしたものを、メタセコイアなどでミラー化やディテールなどを加えています。
 
201607213
 
とりあえずテストなので、ジャケット、インナー、スカートを一体化して、DSに持ち込んでみました。
ローポリのまま持ち込んで、Transfer Utilityでフィギュア化後、Convert to Sub..でサブディビジョンに変換してみました。
これ、なかなかよいかも~。
 
201607214
 
V4用の服などで苦労していたスーツの肩パッドの形状も、G3Fでは、簡単に直すことができました。
JCM不要だし、随分リグなどが、改善されているんだなあ・・・。
happy02
 
201607215
 
ついでに、ボタン、ポケットもローポリで追加して、Irayでレンダしてみました。
ローポリで作って、DS上でサブディビジョン、なかなかいいかも・・・。
ローポリなので、他のゲームにも簡単に持っていけますね。delicious
DS用は、ここから、ウェイト修正や、JCM、FBM対応など、まだまだ先は長いですが・・。
つづく・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

G3FU outfit for G3Fリリース

日曜日にアップしたところ、週末ということもあって、あっというまにレンダロでリリースされてました。coldsweats01
以前の記事に、パンプスを同梱する予定と書いておりますが、よくよく考えると、パンプスはG3FPE dressに添付してました。bearing

リドミーの内容を書いておきます。

この服は、V4U outfit for v4A4と、Addon for V4U outfitをもとに、Genesis3 Female用に作成したものです。

■ご注意
すべてのポーズに対応してはおりません。
ベストを除き、Smoothing Modifierを適用してください。(デフォルトでONになってます)
リドミーに記載したFBM/PBM以外は、期待した変形をしない可能性があります。

ベストの場合、コリジョン対象をシャツにした方がよい場合もあります。
スカートはSmoothing Modifierを使うと、ベルト部分とシャツが干渉することがあります。
なかなか難しいですね。

■インストール
zipを解凍し、DAZ StudioのMy LibraryまたはDAZ 3D Libraryにコピーしてください。
Smart Contentに表示されない場合、Content DB Maintenanceで、Re-Importしてください。

■Tipsと制限
座るポーズの場合、SitPoseモーフまたは、Crosslegモーフを使うとよいでしょう。
BowおよびBow2は、道具扱いですので、ポーズやシェイプに応じて位置や大きさを調整してください。
また、調整に際して、モーフを使用してください。

Bow2は、ボーン入りの小道具です。位置を合わせる場合、Centerボーンの位置を調整するとよいです。

MiniSkirtモーフを使用する場合、Surfaceタブから、UVセットをMiniSkirtに変更するとよいでしょう。

以下のFit-Controlモーフを使用してみてください。
特に、胸まわりのモーフのアジャストに有効です。

FC_Center Depth Smoother.dsf
FC_Center Depth.dsf
FC_Under Smoother 1.dsf
FC_Under Smoother 2.dsf

DAZのFit Control for Genesis 3 Female(s)を使用すると、もっと細かな調整ができます。

レンダロのページはこちらです。

20160628

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

テストレンダ中です

G3FUoutfitのレンダテスト中です。

こちらは、Addon V4U outfitの、学生制服バージョンです。
今回は、スカートの丈をミニにできるようにモーフを追加しました。
念のため、ミニ丈用のUVも付けて、切り替えできるようにしました。

201606101a




モデル:Mami for V7とMiu2 for G3F
背景:「ぱくたそ
学生カバン:niseisyaさんの作品(感謝)

スカートのモーフですが、座った時の形を少し補正できるようにSitPoseというモーフを追加しました。
DAZ StudioでポーズをつけたスカートのOBJをモデラーで修正して、Poserに持ち込んで、クロスシミュレーションをしました。
某所で拝見しました自転車に乗ったポーズも、完全ではないですが、なんとかいけそうです。coldsweats01

201606102

モデル:Mami for V7
自転車:Zippoさん(すごいですね、これ。感謝)
背景:「ぱくたそ

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

G3F用に変更・・・・・

V4U outfitをG2F用に変換していたのですが、G3F用に変更中です・・・。coldsweats01
G2F用は、ほぼできたのですが、やることが多く、Poserでポーズのリミットの外し方がわからないなど、少しくたびれてしまいました。shock

ということで、レンダリングテストを行っています。
いつものように「ぱくたそ」さんから美麗な背景画像をお借りして、OLのお昼という感じで1枚レンダリングしました。happy01

201606081

モデルは、Mamiと、Miu2です。
Mamiの方が背が低かもということで、低く設定しました。

Renderosityでは、Where in The World Sale:Asia が10日まで開催されてます。
参加してますので、ご興味のある方は、どうぞ~。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧