2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

DAZ Studio

2021年11月22日 (月)

DAZ To Blenderを使う6

前回記事に続き、Genesis8Male Genitalia を Blenderにインポートしました。

2111221

記事はこちらになります。

G8Fと同じ追加情報:

DAZ StudioのDAZ To Blenderにあるメニュー Scripts>Bridge>Blender>DAZ To Blender:Genitalを実行すると、Genitalモーフターゲット(obj)が、Users>Documents>BTB>GENに出力されます。

BlenderのDAZ To BlenderのCommandから#get genitalを実行することで、モーフを取り込む仕組みらしいですが、現時点でエラーが出て、うまくいきません。早く直るとよいですね。(-_-;)

 

2021年11月21日 (日)

DAZ To Blenderを使う5

今回は、Genesis 8 Female の GenitaliaをBlenderにインポートしました。

こちらに投稿しました。

2111242

DAZ To Blender G8F Genitalia 1

DAZ To Blender G8F Genitalia 2

追加情報:

DAZ StudioのDAZ To Blenderにあるメニュー Scripts>Bridge>Blender>DAZ To Blender:Genitalを実行すると、Genitalモーフターゲット(obj)が、Users>Documents>BTB>GENに出力されます。

BlenderのDAZ To BlenderのCommandから#get genitalを実行することで、モーフを取り込む仕組みらしいですが、現時点でエラーが出て、うまくいきません。早く直るとよいですね。(-_-;)

 

2021年11月19日 (金)

DAZ To Blenderを使う4

今回は、BlenderでIKを使ってみます。

2111191a

右足のあたりにある四角の箱がrShin_IKです。
これはDAZ To BlenderのRigging Toolsに設定ボタンがあります。
なぜ、FootではなくShinなのかは、よく調べていませんが、このRigを動かすことで、IKを使うことができます。

ということで、今回インポートしたダンスアニメの右足にIKを適用して、元アニメでの右足の動きを制限してみました。
いろいろやり方はあるかと思いますが、こちらの動画になります。

この動画では、1フレーム目の右足にIKを設定し、キーを打ったただけでうまくいきました。
腰や膝の動きが大きすぎる場合など、動きが止まらない場合もあります。
その場合には、膝や腰の回転を修正することが必要かと思います。

動画では行っていませんが、足の指が無駄に動いてますので、それらを修正すると、より自然になると思います。
ということで、BlenderでのIKの使用例でした。(^^)

 

2021年11月18日 (木)

DAZ To Blenderを使う3

今回は、レンダリング時のノイズ削減と、速度アップについてです。
速度アップには、GPUレンダリング、ノイズ削減には、Mayaでも使用した、nVidiaのOptiXを使います。
実は、Blender2.93がOptiXに対応しているので、Blenderを最新バージョンに上げたというわけです。

2111181

最初に、preferencesから設定を行います。

2111182

Systemで、OptiXを設定しました。
OptiXって、CPUでも使用できるのか不明ですが、一応チェックしときました。
その他にCUDAも設定できるようです。

2111183

Render Propertiesで、DeviceにGPU Completeを選択します。
続いて、DenoisingでOptiXを選択します。

2111184

レンダリングする前に、昨日の記事での床の反射の設定がよくないので、修正します。
Ray VisibilityをCameraだけチェックにします。

2111185

Output Propertiesは、1920px ✖ 1080pxを使います。
いわゆる1080Pという解像度です。
よくわからないところがありますが、この解像度を下げると、人物がギザギザになったりします。

2111186

最後に床の高さを2cmほどあげてみました。
こうすることで、足が砂浜に埋まった感じが出せます。

2111187

レンダリングした結果がこちらです。うまくノイズが消えました。
レンダリング時間は、31秒でした。

2111188

おまけとして、HDRI背景を回転する方法を載せておきます。
Shadingタブにして、Worldを選択し、add>Vector>Mappingを追加します。

2111189

次に、Add>Input.Texture Cordinateを追加します。

21111810

ノードを上図のように接続します。

21111811

World PropertiesのColor Space>Vector>Rotationが指定できるようになります。
BlenderはZ軸が上ですので、Z軸で90度回転にしてみました。

21111812

レンダリングすると、背景がうまく回転しているのがわかります。
本記事では、DAZ To Blenderでコンバートされたマテリアルを使ってますが、マテリアルを修正することで、さらにイメージを向上できそうです。

Cyclesは、Irayと少し趣が違いますが、綺麗なレンダリングです。
OptiXなどのデノイザが追加されたことで、レンダリング時間も短縮されてます。
これなら、アニメーション用途でも使用できそうです。
同じCyclesを使用しているPoserも、よくなったのかもですね。

2021年11月17日 (水)

DAZ To Blenderを使う2

前回の続きです。
現在のDAZ To Blenderのバージョンが、Blender 2.93に対応していることがわかったので、Blender2.93.5にバージョンアップしました。
さて、今回は、前回作ったシーンをレンダリングします。

2111171

最初にカメラですが、Blenderのカメラは、上図の矢印です。
レンダリングは、カメラのアングルで行われますので、位置を調整します。

2111172

DAZ Studioと同じような操作をしてみます。
最初に、ビューポートをぐるぐる動かして、好みのアングルにします。
次にView>Align View>Align Active Camera to Viewをクリックします。
この操作で、カメラの視野とビューポートの見え方が一致します。

2111173

右矢印のRender Properties でRender EngineをCycles、DeviceをCPUにします。
Cyclesは、Poserにも搭載されている、Blenderのメイン物理レンダーです。
左上のRender>Render Image をクリックします。

2111174

こちらがレンダリング画像です。
うちの古いCPU(Intel Core i-5 6500)で1分13秒かかりました。(^_^;)

2111175

ちなみに、Blenderには、リアルタイムレンダラーとして、Eevee(イーブイ、ポケモンかよ!)を使用できます。
選択してレンダリングしてみます。

2111176

こちらがEeveeでのレンダリング画像です。
同じリアルタイムレンダラーのDAZ StudioのFilamentと比べると、かなり細かい設定ができ、ゲームなどの用途に適してるそうです。

2111177

Cyclesに戻り、HDRI背景画像を使用してみます。
右下のWorld PropertiesのColorの右○をクリックして、Environment Textureをクリックします。

2111178

Openをクリックして、DAZ標準のHDRIのマウイ島を読み込みました。
ファイルの場所は、Runtime>Textures>DimensionTheory>IrayHDRsに あります。

21111710

レンダリングした結果がこちらです。
少し明るすぎるのと、人物の影が落ちていないので、修正します。
このあたりは、DAZ Studioと違い、少し手順が必要です。
ちなみに、HDRI画像を回転させるには、Shaderでマッピングノードを追加する必要があります。

21111711

右上のロートのアイコンをクリックしてカメラのアイコンをクリックします。

21111712

この操作で、右上のアウトライナーにカメラのアイコンが表示されます。
DAZ To Blenderでは、標準でDAZ_sunというライトが設定されています。
カメラのアイコンをクリックして、レンダリングで使用しないようにします。
DAZ Studioでいうと、Dome Onlyの状態にするということですね。

21111713

次に、いわゆるシャドウキャッチャーを作成します。
左上のAdd>Mesh>Planeで床を作成します。

21111714

右上矢印のあたりで、Itemタブを表示して、XYのScaleを2mにして拡大します。

21111715

床を選択して、右のObject Properties>Visibilityで、Shadow Catcherにチェックを入れます。
床の反射が強いように思ったので、Ray VisibilityのGlossyのチェックを外しました。(多分)(^_^;)

21111716

レンダリングしてみると、今度は影が地面に落ちています。
おおむね出来上がりですが、髪の透過が十分でないように見えますので、修正します。

21111717

この原因は、Mayaでもありましたが、多分、ポリゴンが多数重なった場合に、レイデプスが足りない現象ですね。
そこで、右下のRender Properties>Light Paths>Max Bounces>Transparencyを8→30に上げました。
数値はレンダリング結果を見ながら試行錯誤です。

21111718

全体的に明るくてコントラストが足りないと思いましたので、ついでに修正します。
同じRender Properties>Color Management>Lookで、Very High Contrastを指定しました。

21111719

レンダリング結果がこちらです。
髪の透過が自然になり、コントラストも良くなりましたが、負荷も増えてノイズが増えました。(^_^;)
次回、これを修正します。

2021年11月15日 (月)

DAZ To Blenderを使う1

DAZ To Mayaが一段落したので、今度はDAZ To Blenderをやってみます。
直近のDAZ To Blenderはどのくらい進化したのでしょうか。

DAZ  To Blenderのバージョンは、2.4.0で、Blenderは、2.81です。
Blenderのバージョンは新しすぎると、不具合も出そうなので、古いバージョンです。

2111151

題材として用意したのは、いつものManamiさんとBikiniです。
髪は、スタンダードなVivyちゃんヘアにしました。

2111152

題材には、さらに、アニメーションも含めることにしました。
念のため、0フレームは、デフォルトポーズとして、1フレーム以降にDAZ標準のアニメーションを登録しました。

2111153

メニュー>Scripts>Blender>DAZ To Blenderをクリックします。
メニューの中に、Genitalとか、Morph Exporterとか見えます。随分進化したんですね。

2111154

ダイアログでは、Include animation dataと、Include Morphsにチェックを入れて、Choose Morphsをクリックします。

2111155

この画面は、DAZ To Mayaと同じですね。
JCM、Expressions、Face Morphなど、エクスポートの対象に含めることができます。
まあ、全部持っていっても、重くなりトラブルの元になりそうなので、表情モーフと髪のBrowモーフを追加しました。
ちなみに、JCMですが、DAZ To Mayaでは、モーフはエクスポートできますが、値までは持ち込めませんでした。

2111156

Blenderを起動して、DAZ To Blenderタブで、Inport New Genesis Figuresをクリックして実行します。

2111157

このように、ほぼ完璧に読み込むことができました。右上の矢印をクリックすると、色とテクスチャーが表示されます。
中程の矢印を見ると、モーフがうまく読み込まれています。

2111158

表情モーフおよび、髪のモーフもちゃんと動きます。
下矢印のところはアニメーションバーなんですが、これもうまく動きます。

いやあ、これすごいですね。
わかりやすいし、簡単にDAZキャラをアニメとモーフを付けて持ち込むことができます。
Blenderでは、DAZ Studioの苦手なIKも使用できるのが、うれしいところです。(^^)

2021年10月31日 (日)

DAZ To Mayaを使う 10

以前の記事にて、DAZのダンスアニメーションをMayaに持ち込みました。
その際に、足が無駄に動いていたのを、Mayaで修正しました。

Mayaでは、アニメーションを細かく修正するには、グラフエディタを使うとよいですね。
この機能は、DAZ StudioでもiCloneでもあります。

DAZ Studioとの違いは、Maya、iCloneではIKが完全に動作するということです。
その他、Poser、Blenderもこの機能を保有してます。

アニメーションの修正は、やればきりがないのですが、一番簡易な方法でやってみました。
基本の使い方をメモしておきます。

Shift+Alt+右ドラッグで横または縦方向への拡大縮小

接線を表示してなめらかなカーブにすることができるのですが、動画の例ではできていません。
これは、HIK(HumanIK)のアニメーションカーブはデフォルトがクォータニオンなので、回転カーブを編集できないそうです。
グラフエディタでカーブ>回転補完の変更でオイラーにすればできるということです。
まあ、なぜかは、不明です。(^_^;)

修正の様子を撮影して、こちらのYoutubeに上げました。

2021年10月28日 (木)

DAZ To Mayaを使う 9

今回の記事は、Genesis 8 Male の Genitalia のインポートです。

こちらの方に投稿しました。

2110280_20211028235801

2021年10月27日 (水)

DAZ To Mayaを使う 8

今回の記事は、Genesis 8 Female の Genitalia のインポートです。

こちらの方に投稿しました。

2110280

2021年10月26日 (火)

DAZ To Mayaを使う 7

動画作成の続きです。

2110261

作成>カメラ>カメラで、カメラを追加します。

2110262

カメラも小さいので、アトリビュート エディタで大きくして、位置を調整しました。
なお、ビューをカメラに切り替えるには、パネル>Camera1にします。

2110263

DAZ To MayaでSubdivision Level 0にしてるので、ボディがすこしカクカクしています。
このオプション、まだうまく動かないようなので、Level 0にしてます。
Maya上でなめらかに見せるには、スムーズメッシュプレビューにチェックするとよいです。
ショートカットキーは「3」です。
これは、メッシュを細分化することなく、スムーズに見せてくれます。
メモリが不足とかでるんですが、よくわかりません、とりあえずレンダリングもできてます。(^_^;)

2110264

レンダー設定を開きます。

2110265

Arnold Rendererの設定をします。
元々Arnold Rendererは、CPUレンダだったそうですが、今ではGPUにも対応してます。
ということで、Systemタブで、GPUを選択し、うちの古いGTX 960を指定しました。(^_^;)

2110266

Arnold Rendererタブでは、デフォルトのままにしてます。

2110267

共通タブで、ファイル名、フォーマット、フレーム/アニメーションで「名前.*」を指定しました。
アニメーションをレンダリングするんですが、直接ムービーファイルをつくれないようです。
あと、Frame Rangeでレンダリング範囲、イメージサイズをHD_720を選択しました。

2110268

閉じて、Open Arnold RenderViewを開きます。

2110269

右のPostからDenoiser Optixを選択します。
これは、nVidia製のデノイザーで、実はアニメーションに使用すると、ちらつきが出るらしいです。
しかし、レンダリング時間が短くなるので、このまま使いました。(^_^;)
このぐらいの画像だと、うちの非力なGTX960でも、1フレーム10~16秒くらいでレンダリングできちゃいます。
Arnoldには、他にNoiseとかいうポストデノイザーがあるんですが、現在、使い方がよくわかってないです。(^_^;)

21102610

レンダリングの実行は、レンダー>シーケンス レンダーを使用します。
右端の□をクリックしてオプションを表示します。

21102611

現在のカメラを選択し、代替出力ファイルの場所を指定して、実行します。

21102612

このように、レンダービューが開いて、レンダリングが開始されます。

完成した動画は、こちらになります。

Arnoldレンダリングですが、なかなか雰囲気があります。
足元が滑っているのは、DAZ Srudioが簡易なIKだからですね。
とりあえず、動画まで作成できました。(^^)

より以前の記事一覧