DAZ Studio

G8F Vest for G8F リリース

本日、無事G8F Vest for G3F が、Renderosityでリリースされました。
いつものように、説明を書いておきます。
この服は、Genesis 8 Female用です。
「G8F Sui for G8F」が必要です。
 
・・・まあ、スカートだけが必須です。
あと、G8F SuitのJacketが着用できます。confident
ジャケット着用の場合、ジャケットのFit_DressShirtおよびFit_OpenShirtを使ってください。
 
ポーズに制限があります・
襟、リボン、タイの変形を抑制するため、極力Neck Lowerを使用しないでください。
 
Genesis8 Femaleの首は、Neck LowerとNeck Upperの2つボーンがあり、Lowerを使用すると、襟などの変形が醜くなるためです。
リボンやタイは、Propのため、胸に埋没してしまいます。
Neck Lowerをリセットするポーズを同梱していますので、それを適用して、Neck UpperとHeadでポーズをつけていただくよう、お願いします。
 
■モーフ
リドミーに書かれていないFBMやPBMは、Auto followを使用します。
予期しない変形をすることがあります。
 
■注意
dForceを使用できるパソコンを使ってください。
すべてのポーズに対応しておりません。
破けが発生することもあるので、Smoothing Modifireを使用してください
シュレーション結果によっては、Smoothing Modifireを解除した方がよい場合もあります。

■インストール
スマートコンテントに表示されない場合は、Content DB Maintenance.のRe-Import Metadataを実行してください。
 
■Tips
シミュレーションについては、Animatedを強く推奨します。
カレントフレームでも動きますが、爆発などを避けるために、こまかく時間設定やポーズ設定が使えるAnimatedがよいです。
なお、シミュレーション例を同梱していますので、参照ください。
 
ポーズ「ResetNeckLower」を使用してください。
 
Bow、Tieは、PropとWearableの2種類入っています。適宜、使用してください。
WearableのButton、Bow、Tieは、布にペアレントされています。
それぞれ位置を修正することができます。
 
propのペアレントは、NeckLowerになっていますが、Wearableの方はシャツのRigged Follow nodeにペアレントされています。
こんなことができるなんて、すごく便利になってます。
今回はやってませんが、propをdForceでシミュレーションさせることもできるようです。happy02
 
スカーフを使用する場合、シャツのOpenNeckモーフを使用してください。
このスカーフは、以前の記事に書いた、スカーフループ付きシャツを模しています。
 
シャツにdForceを適用することができます。
 
201805121
 
レンダロのページはこちらです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

G8F Vest アップロードしました

本日、G8F Vest for G8F をRenderosityにアップロードしました。
うまくテストを通過してくれると、よいのですが・・・。
今回アップしたのは、ドレスシャツとベスト、スカーフとボウ2種類とタイです。
このうち、ベストとスカーフは、dForce用です。
 
ボウとタイは、propで、ボタンと同様、Rigged Follow nodeにペアレントする方式です。
シャツの襟、ボウとタイの変形を抑制するため、首のポーズに制限があります。
 
ドレスシャツは、コンフォーム。フィギュアですが、dForceとしても使用できます。
試してみたイメージがこちらです。
 
201805101
 
シャツの中に、powerageさんのUnderwearを着用しています。coldsweats01
実際のドレスシャツと違い、丈が短いので、あまり使い道はないかも・・・。
モデルは、いつものMayumiさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mika 8 がでました・・・

そろそろG8F Vest をアップロードしようと思っていたのですが・・・。

 
DAZで、Mika 8がリリースされました。
FBM対応の必要があるため、早速購入いたしました。
一応、対応FBMを作りましたが、Smoothing Modifierで対応できるレベルでした。
 
・・で、Mika 8 さんなのですが、妖精さんキャラですね。
私はMika7キャラでMikakoさんを持っていますので、少し試してみました。
 
シェイプは、Mika 8のままで、耳だけ人間に戻しています。
スキンテクスチャーは、Mikakoさんのもの、Eyelashは、Mayumiさんのものを適用しました。
デフォルトで、なかなかかわいいです。
作成中のシャツとボウを着用していただきました。
 
201805091
 
そういえば、以前、私のMacBookProで、dForceができないと書きました。
グラフィックが、インテルHD4000という理由だったのですが、最近、dForceのデバイスをCPUに変更してみたら、使えるようになりました。happy01
 
201805092
 
シミュレーションも、レンダリングも遅いですが、使えてよかった~。
めでたし、めでたし・・・。happy01
ちなみに、HD4000にすると落ちますのでご注意・・・。crying
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカーフ作りました

オフィス服ということで、今風のスカーフも作ってみました。
 
スカーフは、以前Fright Attendant Uniformでも作っていましたが、最近は、ちょっと感じが変わってます。(汗
 
調べてみると、リボン巻き、カーネーション巻き、薔薇巻きとかいろいろあるのだそうで・・・。
3Dにするのは、MDをもってしても、非常に難しいので、シンプルなものにしました。
 
最近は、スカーフループ付きブラウスなどといったものもあるようです。
襟の裏にスカーフを留めるループがついており、簡単にスカーフをあしらうことができるみたいです。
 
ということで、さっそく作って、MayumiさんにCA風のコスをしてもらいました。
このスカーフ、dForceを使用しますが、フィギュア扱いになるので、少しFBMも対応する必要があります。
 
 
201805021
 
背景は、ぱくたそさんです。
 
そういえば、Renderosityで、5月中に以前の製品セールをやってます。
私も少しばかり参加してます。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G8Fスーツのアドオン作成中

前に作成したG8Fスーツのアドオンを作っています。
具体的には、中に着る半そでのドレスシャツです。
 
これだけだと寂しいので、オフィスレディ向けベストを作って、G3FU outfitのリボンなどが使えるようにします。
 
ドレスシャツは、いわゆる白いワイシャツなのですが、形状とマテリアルが非常に難しい・・・。
それから、ドレスシャツもベストも、MDで新規に作成して、dForceが使えるようにしています。
 
スーツやベストの下に着る場合は、コンフォームが無難ですが・・・。
ジャケットには、シャツを着た場合のアジャストモーフを追加します。
 
今のところこんな感じです。
あと、秋に向けて、長袖とパンツも追加したいなあ・・・。
 
201804291
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iClone7でMMDダンス その4

iCl;one7でのMMDダンス4作目を作りました。
今回も、Genesis8 FemaleのMayumiさんに踊ってもらってます。
Mayumiさんの、スキンマテリアル設定について、少し詳しく書いておきます。
 
201804151
 
こちらが、3DXchange7でインポートした直後のMayumiさんです。
ライティングは、デフォルトのHDRIになっています。
以前の記事と同様、スペキュラテクスチャーとノーマルマップテクスチャーは、登録なしになっています。
 
201804152
 
Mayumiさんに付属のノーマルマップと、スペキュラマップを1024ピクセルに縮小して、登録するとこのようになります。
ノーマルマップは、Bump、スペキュラマップは、Roughnessに設定します。
お顔に凹凸とテカリが出てきます。
 
201804153
 
iCloneでは、テクスチャーを調整できます。
Roughnessで、下の小さなアイコンAdujust Colorをクリックして、テクスチャーのBrightness やContrastを調整しています。
合わせて、ライティングの方向や強さも調整するとよいです。
 
201804154
 
一通り調整すると、こんな感じになります。
これまで、各マテリアルごとに、設定をSaveしていたのですが、最新バージョンのiClone7.2では、このフィギュアのすべてのテクスチャーやマテリアルを一括してSaveできるようになったようです。
 
201804155
 
今回、iClone7で作成したMMDダンスはこんな感じです。
 
楽曲は、お気に入りのギガ様のdrop pop candy、振付は、ゆーちゃそ様、MMDモーションは、jmcomy様です。
 
MMDモーションは、これも素晴らしい出来でした。
MMDダンスをiCloneのDAZフィギュアに適用すると、関節の曲がり具合がおかしくなったりするので、少し修正をかけています。
 
特に大きく足を上げるところは、スカートの物理演算が思ったようにならず、苦労しました。
なんとか自然に見えるようになりましたが、原作のあまゆさんのようにうまくいきませんでした。coldsweats01
 
アップロードしたニコニコ動画は、こちらです。
 
 
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

MadelineHair買いました

この前のDAZ MarchMaddnessで買ったのは、MadelineHairです。

三つ編みお下げは、POSER/DAZでは、やはり定番ですね。
ダウンロードして使ってみると、最近のOutoftouchさんの髪は、重い・・・です。
 
全体の形が、少し日本的な三つ編みイメージと違っていたので、モーフを作り、少し頭の形を小さくしました。
 
三つ編みといえば、JKということで、Kaosさんのセーラー服を着用したところ、お下げが肩と胸に干渉してうまくありません。
これを修正するモーフが見当たらなかったので、これも作りました。
 
Mayumiさんに着用してもらってます。
バックはいつものぱくたそさんでお借りしました。
 
201804021
 
Mayumi for G8F by kobamax
dForceセーラー服 Kaos様
この髪を持ってる方、よかったらこのモーフ使ってください。^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iClone7でMMDダンス その3

iClone7でMMDダンス、その3ができたので、ニコニコ動画にアップしました。
 
今回のiClone7では、口パクに少し重点をおきました。
前回、前々回よりは、ましになったように思います。
 
201804011
 
口パクは、最初にText to Speechで、口パクをつくり、それを各音声ごとにLips Editorで修正しました。
Lips Editor自体が、英語版?なので、日本語では合わないところも結構あります。
 
本当は、iClone7のFacewear Facial Mocapを使いたいんですが・・・。
これ、カメラで自分の顔を映してモーションキャプチャーするアレです。
 
ところが、これは会員価格でも890$するので、おいそれとは買えません。crying
趣味でやるには、ちょっと高すぎですね。
 
ということで、ニコニコ動画はこちらです。
ニコニコ動画の会員でない方は、ぜひ会員に・・・。coldsweats01
 
次は、Kawaii系のダンスをやってみたいかも・・・。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

dForce G8F Suit for G8F リリース

Renderosityにて、dForce G8F Suit が、無事リリースされました。
いつものように、リドミーの内容をメモしておきます。
 
■コンテンツ
G8F Jacket_Close(dForce)
G8F Jacket_Open(dForce)
G8F Inner(conform figure)
G8F Skirt(dForce)
 
ジャケットは、前ボタンをとめたタイプと、開けるタイプの2種類あります。
前ボタンをとめたものは、dForce Modifier Weight Node がペアレントされており、ボタン周辺がシミュレーションの影響を受けない設定になってます。
 
前が開くタイプは、シミュレーション前に、FrontOpenモーフを適用することで、スムースに前が開くようになってます。
 
ちなみに、いろいろ試行錯誤したんですが、ボタンを非表示にしてシミュレーションすることをオススメします。
 
■モーフ
FBM/PBMは、記載してあるもの以外は、DAZ StudioのAutoFollowによります。
このため、期待した結果にならないものもあるかもしれません。
 
シミュレーション結果で、服が破けたりする場合には、各種アジャストモーフを用意していますので。お試しください。
ちなみに、FC-で始まるモーフは、Fit Controlモーフです。
 
■注意
dForceを使用できるパソコンを使ってください。
すべてのポーズに対応しておりません。
破けが発生することもあるので、Smoothing Modifireを使用してください。

シミュレーション結果によっては、Smoothing Modifireを解除した方がよい場合もあります。 
 
■インストール
 スマートコンテントに表示されない場合は、Content DB Maintenance.のRe-Import Metadataを実行してください。 
 
■Tips
MiniSkirtモーフを適用した場合、MiniSkirt用UVに変更可能です。
シミュレーションについては、Animatedを強く推奨します。
レントフレームでも動きますが、爆発などを避けるために、こまかく時間設定やポーズ設定が使えるAnimatedがよいです。
なお、シミュレーション例を同梱していますので、参照ください。
レンダロのページは、こちらです。
 
201803291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次のMMDダンス

現在、「iClone7でMMDダンス」の3作目を作っています。
 
今回は、少し服装に凝ってみようと、作ってみたのがコレです。
知ってる人はすぐわかる、私の大好きな曲とダンスです。happy01
 
201803281
 
髪は、TopmodelUpdo Hair、ジャケット、カラーインナー、スカートは作りました。
ジャケットは、今回作ったG8Fスーツの改造です。
 
ところが、これをiClone7に持ち込むと、なんだかジャケットがかっこよくない・・。
やはり、体にピッタリしてしまうので、不自然極まりない・・・。coldsweats02
 
ジャケットは、やはりdForceでシミュレーションがいいみたいです。
iCloneでは、無理なので、方向変換しました。shock
 
201803282
 
前回と、あまり変わってない気もしますが・・・・。coldsweats01
DAZのRocker Outfit for G8Fのトップスとパンプス、アームバンド、スカートは自作、カラーは、Bunny Girl Costune for G3F です。
 
TopmodelUpdo Hairは、前回同様、モデラーでポリゴンを減らしています。
また、prop扱いでペアレントしても、FBXエクスポートで勝手にフィギュアになってしまい、位置がズレるので困りました。
 
そこで、髪にMorphを組み込み、FBXエクスポートで反映させました。
また、テールに不要なウェイトが入ってたので、DAZ Studio上でウェイトを直しました。
 
201803283
 
MMDモーションは、いつものように、PMX2FBXで変換し、modo701経由です。
おおむねモーションを正常に取り込めましたが、何か所かは、DAZ Studioで修正をかけています。
これは、フィギュアの違いもあり、致し方ないですね。
 
今回のMMDモーションは、mochiさん作ですが、これまた素晴らしい出来で、トレースというのが信じられない神業です。(感謝)
 
これから、背景やカメラワークを作っていきます。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧