2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

DAZ Studio

2020年1月24日 (金)

Sue さんをお迎えしました

某掲示板でも話題になってたDAZの新キャラクターとヘアーセットのSueさんをお迎えしてます。
実は、DAZからのお知らせメールが来た時に、速攻で購入してました。
やはり、このような髪は、大変貴重ですから・・・。^^

キャラクターの方は、さておき、早速Mayumiさんに被ってもらいました。

2001240

うーむ、なかなかよい髪ですね~。
少し気になるのが、ヘアーのテクスチャーと、もみ上げが、少し薄いのかなーと。
もみ上げに関しては、欧米では男性ぽいので、綺麗に失くしてしまうそうです。
Sueさんは、多分、中国の女性?かもですが、中国でも同様?。

一方、日本女性、特に若い女の子は、自然体のような気も・・・。
そこで、少しもみ上げを自然に濃くしてみようと思いやってみました。

2001241

Sue HairのCapのみだと、こんな感じです。
なんとなく薄幸な感じが・・・。

2001242

CapのテクスチャーにImage Layerを追加します。

2001243

Layerを追加したところです。次に作成したテクスチャーを読み込みます。

2001244

図のように設定すると、Capのトランスマップがこんな風に濃くなります。

2001245

適用してみると、こんな風にもみ上げ部分あたりが濃くなります。(;^_^A
レイヤー部分は透明度が設定できるので、お好みで変えれます。

2001246

こちらが、オリジナルです。

2001247

で、こちらが、もみ上げをImage Layerで濃くしたものです。
日本人だと、こっちの方が自然な感じがするかもですね。(^^♪

ちなみに、黒髪を強調するため、髪のサーフェイスを少し弄りました。
方法は簡単で、Translucency Weightを0に近づけるだけです。

作成したImage Layerのテクスチャーは、こちらからどうぞ。(^^)/
結構、雑な作りですみません。(;^_^A

 

2020年1月16日 (木)

iClone7とVocaloid5で、「世界で一番近くに居るのに」

ニコニコ動画で知った「世界で一番近くに居るのに」という曲をカバーしました。

この曲は、Samfreeさんという方が、2008年にリリースされた初音ミクさんの曲です。
とても素晴らしい曲で、涙なしでは聞けない名曲です。

Samfreeさんは、ニコニコでもとても有名な方だそうで、あの「ルカルカナイトフィーバー」の作者さんでもあります。
残念なことに、2015年31歳の若さでお亡くなりになったそうです。( ;∀;)
ご冥福をお祈り申し上げます。

2001161

ボーカルは、いつものVocaloid5で、VY1V4を使っています。
この曲は、サビでハモリがありますが、ニコニコ動画で耳コピ楽譜が公開されており、大変助かりました。(感謝)
VY1V4の設定は、 Soft To the Stars です。

2001162

iClone7で作った動画は、こんな感じです。
モデルは、いつものMayumiさんで、私のG8FT Skirtを着てもらってます。
今回の動画は、Mayumiさんにマイクを持って歌ってもらうイメージにしています。

個別の曲に合うモーションはないので、作りました。
下半身の動きをiClone7とKinect V2でキャプチャーし、上半身の動きは手付けです。
Kinect1台では、どうしても腕の動きが不自然になってしまうからです。( ;∀;)
大したモーションでもないのに、データのクリーニングや手付けモーションのエディットは結構苦労しました。

モーション・キャプチャーは、体にセンサーを付けないものをいろいろ試しましたが、やはり難しいです。
Kinect2台使用できるipi3がありますが、広い場所が必要だったり、価格がお高いです。
狭い場所でも使える「Perception Neuron」欲しい・・・。
しかし、安くなったとはいえ、20万円以上します。
個人のホビーユースではまだ無理ですね。(-_-;)

ニコニコ動画にアップしたのは、こちらです。


2019年12月20日 (金)

DAZ Studio ムービーレンダー動画

以前、youtubeにアップしたDAZ Studio  Animation にコメントがありました。
レンダリングの簡単なチュートリアルを作ってほしいとのことです。

そこで、レンダリングに焦点をあてた簡単な動画を作ってアップしました。
DAZ StudioやiCloneのチュートリアル動画が少しづつ増えました。(;^ω^)

こちらです。

201912201

いつのまにか、DAZではGenesis8 Female baseモデルが、増えてました。
Jenni8、Robyn8、Darcy8、Rynne8の4人様です。
次の服を作るまでにはお迎えしないといけません。(◎_◎;)


2019年11月28日 (木)

G8FH Coat for G8F リリースされました

本日、無事「G8FH  Coat for G8F」がRenderosityにてリリースされました。

なんかのイベント?でいきなり50%オフのようです。(;^_^A
また、Marketplaceのトップページを見ると、28日から12月1日まで、Black Fridayだそうです。
Favorite Venderのすべての商品が50%オフらしいです。

さて、いつもの「G8FH Coat for G8F」のリドミーをメモしておきます。

■ご注意

この服は、dForce 専用です。dForceが使用できるパソコンでご使用ください。
すべてのポーズに対応しているわけではありません。
対応モーフ以外は、Auto followによりますので、期待された結果にならないことがあります。

■インストール

Zipを解凍して、My LibraryまたはMy DAZ 3D Libraryにコピペしてください。
Content DB Maintenance.で「G8FH Coat」を指定してRe-Importしてください。

■使い方と制限

基本的にシミュレーションではAnimatedを強く推奨します。
dForceでは、基本的にSmoothing Modifierは使用しません。

同梱のシミュレーションのExampleを参照してください。

「Fit_G8F_ShirtLSB」モーフは、「dForce G8F Vest for G8F」または「dForce G8F Suit2 for G8F」のシャツを中に着る場合に使用します。

「Fix_HeightAdjustment 200」モーフは、「HeightAdjustment 200」モーフを使用した場合の変形を修正します。

1911281

Renderisutyのページはこちらです。

 

2019年11月21日 (木)

冬物コート少しリリース遅れます

先日アップした冬物コート「G8FH Coat for G8F」ですが、Renderosityのイベントの関係で、少しリリースが遅れます。

テストはうまく完了してます。よかった~。(^^)/

1911211

最近は、DAZでもRenderosityでも、頻繁にセール・イベントをやっていますね。
もう、セールでないとなかなか売れなくなってるみたいで・・・。(;^_^A

 

2019年11月18日 (月)

冬物コートアップしました。

作成中の冬物コートができましたので、本日Renderosityにアップしました。
うまくテスティングを通過できればよいのですが・・・・。
今週中にリリースされるといいなあ・・・。

日本向けプロモはこんな感じです。(;^_^A

1911181

Renderosityでは、いつものEmmelineさんがモデルです。^^

 

2019年11月12日 (火)

冬物ハーフコートを作ってます

Renderosityで、リクエストをいただいたので、冬物ハーフ・コートを作っています。

いつものように、Marvelous Designerでコートを作りました。
こんな感じです。
ベルトは、G8FL Shirtのベルトを調整して作ってます。(;^_^A

1911122

これをエクスポートして、modoで形状やUVなどを整えて、DSにインポートしました。

1911123

と、こんな感じですが、当然ながらペラペラです。
dForceで使用するため、仕方がありません。
dForce服ではここからが大変で、ディスプレイスメントなどを使って、服らしくしていきます。

某掲示板でkaosさんが、ジオメトリ・シェルで厚みを見事に表現されてました。
いやあ、素晴らしいです。
ディスプレイスメントだけでは、どうしても裏から見るとペラペラに見えてしまうからです。
また、襟など、途中から裏返しになる場合、どうしても厚みが均等になりません。(;^_^A

いまのところ、ジオメトリ・シェルは使用してませんが、機会がありましたら使わせていただこうと思います。
DAZ社で公式に厚みを対応していただけると助かるのですが・・・。

1911124

で、テクスチャを工夫してみた結果がこちらです。
ディスプレイスメント・マップを細かく設定しています。
盛り上げやステッチを加えることで、より服らしくなります。

1911125

特に困ったのが、ジッパー・・・です。
ディスプレイスメント・マップとトランス・マップでなんとかこんな感じに・・・。
とはいえ、ある程度、角度限定、アップが厳しいのは仕方ありません・・。

最後に、久しぶりにMeguさんで紅葉を歩くシーンを作りました。
FBM作成など、まだまだ先は長いです。(-_-;)

1911126

そういえば、このサングラスなんですが、買った覚えがないのに持ってました。
調べてみると、Bridget 8 付属のものらしいです。知りませんでした。(◎_◎;)
ガラスにRが少しついてるかも・・・。www

 

Convert iMotion for G8 Female

Youtubeで、iClone のモーションのG8F用への変換について、質問がありました。
そこで、私の最近の変換方法についての動画を作成して、アップしました。

以前は、こんなにうまくいかなかったような気がします。
多分、iCloneとDAZとの連携強化で改善されたのかもしれませんね。

iClone7のフィギュアとG8Fとの相違点は、初期ポーズと、あとShoulderとThighのボーンです。
これをうまく変換するアイデアを説明してあります。

こちらです。

この方法で、iCloneを介すれば、DAZのG3アニメのG8変換や、MMDモーションのG8F変換ができるということになります。

1911121a

なお、エクスポートしたBVHをDSにインポートする際に、リターゲッティングをする必要はありません。
DSで自動的に割り当てられます。

1911121

さて、DAZ Studio1.12では、アニメーション機能の強化が図られています。
上図のように標準で従来のKeymateとGraphmateの機能が使えるようになってます。

グラフについては、ちょうどiClone7のCurve Editorみたいな感じです。
iCloneやMMDのモーションを変換しても、やはりフィギュアの違いから修正する必要がでてきます。
この際に、PoserにあってDSにない、アニメーション・レイヤー機能が追加されると大変使いやすくなりますね。

最近のDAZ Studioの機能強化は、DSになかったPoserの機能を追加してるようにも思えます。(;^_^A

 

2019年11月 5日 (火)

iClone7でストロベリー☆

前回アップしてから2か月経ちましたが、やっとiclone7での動画が完成しました。
お題は、融合Pさんの「ストロベリー☆」です。
可愛い振付は「足太ぺんた」さん、神MMDモーションは、「わさび」さんです。(感謝)

この曲は、ボーカロイド「鏡音リン」さんのとても可愛い曲です。
鏡音リンちゃんの中の人「下田麻美」さんは、アイマスの双海亜美・真美役でおなじみです。

鏡音リンちゃんのトレード・マーク?頭のリボンをMarvelous Designerで作成しました。

1911051

作ったリボンをmodoで、ヘッドバンドと組み合わせています。
1911052

あとは、iClone上でPhysicsを設定すれば完成です。

ストロベリーという曲なので、DAZでSweet Temptationという小道具を買って、セットとして置いています。
iClone7ではこんな感じです。とても美味しそうです!(^^)/
1911053

アップしたニコニコ動画は、こちらです。

Youtubeは、こちらです。

 

2019年10月11日 (金)

Megu for G8F リリース

本日、Renderosityにて、無事「Megu for G8F」がリリースされました。
リドミーの主な内容を書いておきます。

今回のキャラクターは、マーチャント・リソースのモーフセットを使用しているので、Megu AllというFBMひとつでキャラクターを適用できます。実際には、Megu_Allの適用で、Megu_HeadとMegu_Bodyが連動します。
Genesis 8 Female Head MorphsおよびGenesis 8 Female Body Morphsは、必要ありません。
その他、EyelashにもExtendモーフをつけていますので、お好みでどうぞ。

MATについては、Megu_Matと、Megu_Eyelashesを適用してください。

キャラクターセットの作成の留意点としては、Navel(おへそ)があります。
おへそがへこんでいると、Auto_Fitで、ワンピース水着などのおへそがへこんでしまいます。
このため、おへそなしの対応をしておく必要があります。
Meguについては、デフォルトでへこんでいるため、元に戻すモーフ(Megu_NoNavel)を用意しています。

Genitariaテクスチャーを使用するには、Victoria8 pro bundleに付属しているGenesis8 Female Genitariaが必要です。

眉毛なしのテクスチャーも同梱してあります。

Renderosityのページはこちらです。

1910111

より以前の記事一覧