2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

DAZ Studio

dForce Modifierの保存

前々回の記事で作成した、G8F_OPDressのdForce Modifierですが、ついでにセーターにも追加してみました。
 
201710191
 
肩のところを固定して、あとはシミュレーション対象にするイメージです。
しかし、完全にシミュレートできちゃうと、結び目がほどけて、左右の袖の長さが違うのがわかってしまいそう・・・。coldsweats02
 
さて、これらのModifierのSaveですが、Wearable Presetsで行います。
G8Fを指定してセーブすると、ドレス、ベルト、セーターと各々のdFoece Modifierをまとめてセーブできます。
 
シミュレーションしてみた結果がこちらです。
ちなみに、このポーズでは、セーターの前部分とワンピが干渉するので、セーターのFrontUpAll を10%くらいにして、隙間をあけるとうまくいきます。
 
Betaのせいかもしれませんが、いろいろとパラメータを弄りすぎたり、Modifierを複数セットしたりすると、シミュレーション時間が、すごく長くなったり、爆発したりします。
やはり、シンプルがよいのかもしれません。weep
 
201710192
 
お試し版ということで、G8F_OPDressをお持ちの方、使ってみてください。
ダウンロードは、こちら
 
 

以前作りたかった服をdForceで

私のV4用衣装の中に、V4 Camisoleというのがあります。
 
これは、hipのないボーンでabdomenパートをPoserのクロス・シミュレーションで動かす衣装です。実は、この衣装、最初は、前部分が2重になっていました。
こんな感じに・・・。
 
201710172
 
しかし、Poserのクロス・シミュレーションでは、どうしても下の布が外側を突き抜けてしまい、解決できないので、結局一重にしました。crying
 
今回は、dForceで試してみました。
 
dForceでは、サーフェイスごとにプロパティを持ち、dForceのパラメーターを設定することができるので、細かくサーフェイスを分けてみました。
 
また、特筆すべきは、Collision Layer を設定できることです。
マーベラス・デザイナーでは、当然サポートされている機能で、重ね着した場合に、外側の布であることを設定できるというものです。
今回の衣装では、前の2重の部分の外側をレイヤー2に設定しました。
シミュレーションの設定は、肩紐とブラのカップのみDynamics Strengthを「0」にして、シミュレーションからはずして行います。
 
使用したポーズは、G8F標準のBase Pose Kneeling Bですが、これ、少し工夫が必要です。
 
201710173
 
腕と、衣装が前でくっついているので、このままシミュレーションすると、爆発したり、体が服を突き破ったりします。
これは、アニメーションで、腕を上げた状態で座らせ、最後に腕を下すことで回避できます。
 
さらに、肩紐を落としてみようとやってみました。
Poserでは、摩擦係数の設定があるのですが、dForceでは、今のところ見つけることができませんでした。
アニメーションで上半身を倒してもなかなか肩紐がずれてくれません。shock
 
このため、肩紐をずらしたモーフを作成し、アニメーションの最初に適用して、途中でモーフをゼロにする方式で、うまくいきました。
 
201710174
 
右の肩紐のDynamics Strengthを「1」、右のブラカップを「0.5」に設定しました。
結果は、うまくイメージ通りシミュレーションできました。
まだ、テストは十分ではありませんが、この衣装、なんとか実現できるかも~。
dForce、公式リリースが待ち遠しいです。happy01
 
201710175
モデル:Mayumi for G8F(RMP kobamax)
ヘア:Short Pigtails for G8F (DAZ tofusan)

G8F_OPDress for G8Fリリース

昨晩、G8F用普段着「G8F_OPDress for G8F」が、リリースされました。
 
今回も、Shanaさんが素晴らしいテクスチャーセットを作っていらしゃいます。
ついでに、モデルのMayumiさんも30%オフセールになってます。coldsweats01
 
リドミーの内容をメモしておきます。
 
■ご注意
すべてのポーズに対応しているわけではありません。
Smoothing_Modifire.を使用してください。
リドミー記載のモーフ以外は、Auto-Followになり、期待した結果にはならないこともあります。
 
■インストール
スマートコンテントに表示されない場合は、Content DB Maintenance.のRe-Import Metadataを実行してください。
 
Tipsと制限
フィギュアを座らせる場合、SitPoseを使うとよいです。
Smoothing_Modifire使用する時、セーターとベルトのCollision Itemは、Dressを指定するとよいです。
Belt_NoThighsは、Thighsに連動して動きません。(実際は、ボーンがないのではなく、ウェイトがありません。)足を曲げて寝転がる場合など、Thighに連動させたくない場合に、使うとよいです。
 
長いスカートで膝下を曲げる場合に対応するため、以下のモーフを用意してます。
 
ShinUpR128
ShinUpR155
SinBendL128
SinBendL155
 
今回の服は、ディスプレイスメント・マップとトランス・マップを複数用意することで、重ね着、半袖やVネック、ミニスカートなどワンピースの形状に変化を持たせました。
結果として、今度正式リリースされる、dForceに対応しやすいのではないかと思います。
 
レンダロのページはこちら
201710171

dForceのお勉強

G8F用普段着を使って、dForceのお勉強をしました。
 
G8F_OPDressには、ワンピとベルトがあります。
問題は、このベルトへのdForceの適用です。
dForceは、調べていくと多くの機能を持っているようで、ちょっと驚きなのですが、試行錯誤したすえ、一番手っ取り早い方法をメモしておきます。
 
ワンピのみ布化することもできますが、ワンピとベルトの一体感がよくありませんでした。
そこで、ワンピのウエスト部分と、ベルト本体のみ、クロスシミュレーションの対象からはずしました。
 
服を布化するには、Add dForce Modifier: Dynamic Surface を適用するのですが、さらに、New dForce Modifier Weight Node...を追加します。
 
Weight Paint タブで、シミュレーションの影響をコントロールするWeight Map(Influence Weights)を追加して、それをペイントします。
このWeightには、いろんな種類が用意されていて、いろいろコントロールができるようになってます。(すごいなあ・・・)
 
201710151
 
ドレスについては、ベルトをしているウエスト部分のみ影響をなくしています。
 
201710152
 
ベルトのほうは、ウエスト部分のみ影響をなくし、両端はシミュレーションの対象にしました。
 
また、今回のポーズは、G8Fに付属している寝転んでるポーズなので、シミュレーション対象になる床を用意しました。
それから、この普段着は、ローポリでDS上でサブディビジョンをかけています。
このため、精緻なシミュレーションを行うために、Collision Mesh Resolution は、Viewportを選択しました。
 
テストレンダはこんな感じです。
ベルトもうまく床に接地しているようです。happy01
 
201710153
 
Kaosさんが作られた、NBHairを使わせていただきました。
私も髪を作ったことがありますが、初めてとは思えない出来だと思います。(感謝)happy01
 

G8F_OPDress アップロードとdForce

作成していた、G8F用の普段着ですが、昨日Renderosityにアップロードしました。
今週末に間に合うかどうかといったところです。
 
この服を作ってる時に、DAZではdForceという機能が実装されたようです。
これは、DAZ Studioでクロス・シミュレーションを可能にするもので、実装してほしいと思っていただけに、大変うれしいです。happy01
 
現在は、まだBeta版なので、DAZ Studio 4.10 Public Buildをインストールしなければなりません。また、OpenCLを使用ということで、GPUのドライバをアップデート推奨だそうです。
 
使い方は、某掲示板でToufuさんが、ビデオ解説されています。(感謝)
 
Poserのクロス・シミュレーションと比べて、簡単なオペレーションで、実行できるのが、うれしいところです。
今回の服に、何か反映させておこうかとも思いましたが、まだBeta版であること、既存の服にも適用できそうなので、見送りました。
 
使用してみましたが、ゆったりしたロングドレスや、座りポーズに使うととてもよい感じです。
コンフォームしたままで、単純な布化設定、衝突設定不要で、このクオリティですから、ちょっとびっくり。coldsweats02
もちろん、イス代わりのCubeには、なんの設定もしていません。
DAZ Studio、これから、ますます楽しみですね~。happy01
 
201710144
 

秋のEveryday Wear その2

作成中の、Everyday Wear(普段着)ですが、秋物ということで、今年のファッション・トレンド?を調べてました。
 
ネットによると、レトロな雰囲気がトレンドだそうで、流行の色は、ベイクド・カラー(くすんだ色)らしいです。
シルエットは、ゆるーい感じということです。
 
最近、スカートにしてもワンピにしても、ロングなものが多いですね。
特に足首あたりまである服がよく目につきます。
可愛いいですが、DAZなど3Dで扱うのは、ちと難しい・・・。coldsweats02
 
座れなくなるとか、ひざ下の動きに追随できないとか、大問題です。
完全に解決するには、Poserのダイナミック・クロスのような機能が必要になるでしょう。
 
前回記事では、デニムとボーダーの重ね着でしたが、こんな感じのシンプルなワンピにもなります。
 
201710091
 
Saraid & Teodora Boots for G2f and G3f  by Kony(Renderosity)
 
色は、トレンドのくすんだマスタード・カラーと、メープル・カラーです。
首元は、ラウンドカラーと、Vネック、足元は、これもネットでよく見るショート・ブーツ。
これがあると、秋風に見えます。happy02
ワンピだけだと、シンプルすぎるので、ベルトも追加しています。
             
一方、ボーダーとデニムは、こちら。
裾を上げて、ミニスカートにも変えれるようにしました。
 
201710092
 
Hipster Girl 2017 for Genesis 3 Female(s) (DAZ)
 
スニーカーがどうしても欲しくて、DAZで買いました。coldsweats01
 
このEveryDay Wear、これからアイコン作ったり、モーフ作ったりします。
早くしないと秋が終わってしまいそう・・・。coldsweats02

Everyday Wear 作ってます

DAZでは、Stephanie 8がリリースされ、Genesis 8 シリーズは、着々と増えてます。
 
服作りに欠かせないので、新フィギュアは購入しています。
Victoria 8、Olympia 8、Teen Josie 8、そしてStephanie 8です。
こうたくさん新フィギュアが出る場合、どうしてもAuto-Fitしやすい服を作るようになってしまいます。
 
かつて、Victoria4の時代は、Body Morph++だけの時代が長く続いたので、凝った服も作りやすかったのですが・・・。
 
で、とりあえず、シンプルなEveryday Wearを作っています。
Everyday Wearとは、日本語では、「普段着」です。coldsweats01
できればテクスチャーで、いろんな服を作れるように、シンプルなワンピをベースにしています。
 
201710071
 
デニムのワンピの下にボーダーを着てるように見えますが、実は、テクスチャーで重ね着に見せてます。
肩掛けセーターは、MD6で、悪戦苦闘して作りました。
なんとかそれらしく見えますが、実は袖の長さが左右違います・・・。coldsweats01
 
某掲示板でいただいた、アイテムを使わせていただきました。(感謝)
 
Short_hair_G8F by Y_Personal 様
Tako Necklace and IkaPerce by kouchan 様
Lolipop by Tofusan 様
背景 ぱくたそ

SDress のアドオンポーズです

SDressのアドオンポーズを作りました。

 
し〇かちゃんのスカートポーズ(笑)を見ながら、6つ作りましたので、配布いたします。
SDressのモーフターゲットと一緒に使うとよいかも・・・。coldsweats01
G3FとG8F用が入っています。
身長やシェイプに合わせて適宜、調整をお願いします。
 
201709251
 
ダウンロードは、こちらから。

し〇かちゃん風ドレスリリース

急いで作ってた、し〇かちゃん風ドレスが、できましたので、リリースします。

G3F用とG8F用ですが、時間もないので、G8FはG3Fのコンバージョンです。coldsweats01
 
201709241
 
今回、G3F用を最初に作成し、それをG8F用に変換したのですが、G8F用を保存すると、元オブジェクトは、G3F用のTポーズのままなんですね。
 
オブジェクトは変更なしの扱いのようで、G3F用に作成したモーフは、それをdataフォルダのG8F用のフォルダにコピペしても問題なく動きます。coldsweats01
 
本格的にG8F用を作るとなると、やはりデフォルトポーズから作成しないといけないようです。
 
おぱんつは付属してませんので、G3F・G8F用のBasic Wearなどをお使いください。
 
ダウンロードは、こちらからどうぞ。
 
 

ただいま作成中w

作成中です。coldsweats01

201709221
 
待っていましたTofusanのし〇かちゃんHairを購入いたしました。
随分お安くしていただき、感謝です。happy01
 
ということで、し〇かちゃん風の服を作っております。
急いで作ってるので、それなりですので、あまり期待されないように・・・。
 
他にも作る方がいらっしゃるかもしれないので、早めにイメージをアップしておきました。
ちょっと古め(笑)のし〇かちゃん風の衣装です。
 
201709222
 
し〇かちゃんといえば、スカートとお風呂??というくらい有名らしいので、Poserに持ち込んで作業をしております。
急いで作ってる割には、こういうアイテムにはなぜか力が入ります。(苦笑)
 
テクスチャーはまだ作っていませんが、現在、こんな感じです。
モデルは、Mikakoさんです。
 
201709223
 
G3F用とG8F用を用意するつもりです。がんばります。coldsweats02

より以前の記事一覧