2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

GIMP

GIMPでノイズ除去

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ、よろしくお願いします。

さて、今年最初の記事は、GIMPでノイズ除去です。
以前、Poser11のSuperflyや、IndigoRTで発生するざらざらノイズをPhotoshopで綺麗にする記事を書きました。
これをフリーのソフトで実現する方法を探しておりましたが、見つかりましたので、メモしておきます。
よくご存じの人もいらっしゃるとは、思いますが・・・。coldsweats01
 
使うソフトは、GIMP2 と、プラグインのGREYCstoration です。
作者さんのサイトからダウンロードして、「C:\Users\ユーザー名\.gimp-2.8\plug-ins」にファイルを入れておきます。
やり方は、次のとおりです。
 
201701071
 
最初に、GIMPにPoser11 Superflyでレンダリングした画像をGIMP2で読み込みます。
次に、フィルター>強調>GREYCstoration をクリックします。
 
201701072
 
表示されたダイアログで、OKを押すだけです。
設定パラメーターは、調べると、きりがないくらい設定値がありますが、デフォルトのままで使えました。coldsweats01
 
201701073
 
これでPhotoshopのCamera Rawとほぼ同等?のノイズ軽減効果が得られました。
無料ソフトでこれだけできるのは、すごいことです。(作者様に感謝)
処理後の画像はこちらです。
 
2017010731
 
動画などで使用するのに、複数画像の一括処理方法も調べてみました。
GIMP2で使用できるバッチ処理プラグインのBIMP を使います。
インストール後、ファイル>Batch Image Manipulationをクリックして、起動します。
 
201701074
 
バッチ操作セットの追加から、GIMPのフィルターを使用を選択します。
ダイアログから、先ほどのPlug-In-greycstorationを選択します。
 
201701075
 
パラメータが、最初はすべて初期値なので、これに先ほどの値を入力します。
わかりにくところが何点かあります。
  • precision~  1-5ですが、「2」を設定しました。
  • Interpolation~ 0=Nearest-neighbor, 1=Linear, 2=Runge-Kuttaなので、「0」を設定
  • Nummber of iterations of processing (>=1)なので、「1」を設定
この設定値は、ファイルで保存することができるので、便利です。
 
201701076
 
あとは、対象のファイルやフォルダと、出力先を指定してApplyします。
これで、バッチ処理が開始します。
難点は、Photoshopに比べて、処理がかなり遅いということです。
もう少し早くする工夫もできるのかもしれませんが・・・。
 
以前のBlenderの記事でも驚きましたが、フリーソフトでここまでできるというのは、驚きです。happy02
Poser11のSuperflyと合わせて使うと、いいかもしれません。delicious