2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

iClone

2019年8月31日 (土)

iClone7とVocaloid5でStarDuster

先日ニコニコ動画にアップした「Starduster」を、Vocaloid5でカバーして、Youtubeにアップいたしました。

その前の「glow」が、Youtubeでブロックされたので、今回は慎重に事前にアップできるか確認してました。(;^_^A
Youtubeやニコニコ動画にアップする場合の、著作権などの注意点をメモしておきます。

詳しいWeb解説は、こちらにありましたので、勉強させていただきました。(感謝)

私が、楽曲を探す場合、ニコニコ動画から探します。
作者さんがニコニコ動画にアップされている場合、その作品を親作品として登録すれば、作者さんに収益がいくようになってるそうです。

次に、作者さんが、オフボーカルを公開されているかを見ます。
オフボーカルをニコニコ動画で公開されている場合、公開範囲がニコニコ動画だけか、インターネットまでかを確認します。

Piaproで公開されている場合も、公開範囲を確認します。
歌ってみたなどをYoutubeにアップするためには、インターネットまでの公開許可が必要です。
私の場合、自分で打ち込んだ「ボーカロイドで歌ってみた」ですので、オフボーカルでの公開範囲の確認が必要です。

一般に、商業ベースの歌謡曲などは、レコード会社がガチガチに規制してるので、Youtubeでの公開はほとんど不可能です。
このため、あまり興味がありませんし、ほとんど聴きません。(笑

歌ってみたなどをYoutubeにアップできるのは、JARACなど著作権団体がYoutubeと包括契約を結んでるためです。
ただし、使用する楽曲がJASRACに登録されて管理されていることが条件となります。
先日ブロックされた「glow」は、管理曲でなかったのかもしれません。(推測です。判定はなかなか難解です)

さて、今回のVocalodですが、「オフトゥン」でも使用したVY1V4 Soft To the Starsを使いました。
VY1V4のこれは、あまり手がかからず(苦笑)、キャラに合ってるようなので、Mayumiさんには、これでいくことにします。(^^♪

この曲には、途中「愛を~♪」がやまびこのように聞こえる箇所があります。
そこで、この部分だけ別パートにして、Delayを調整しました。
Vocaloid5のデフォルトで左右に分かれて聞こえるようになりました。(^^)/

1908311

Youtubeにアップした動画は、こちらです。

2019年8月28日 (水)

iClone7とビデオ素材でStarduster

背景にビデオ素材を使ってみたいと思い、やってみました。
お題は、OneRoomさんの初音ミク曲「Starduster」という曲です。

今の時期に合うように、ドレスと水着でシーサイドでのロケという設定です。
アクターは、いつものMayumiさんです。

1908281

実は、背景に動画を使うということで、iClone7にIrayを導入してます。(;^_^A
上の左側のウィンドウがIrayプレビューです。
よく見てみると、ちゃんと足が砂に埋まりこんでます。

これは、DAZ Studioでもよく使うIrayのGround機能です。多分。(;^ω^)
まだ、Irayを使いこなせてないので、今回は、最初の少しだけIrayを使ってます。
気になるレンダリング時間は、やはりDAZ Studioと同じで、デノイズ・スタート25、1フレーム30秒です。
もっと速くならないかなあ・・・。(-_-;)

ビデオ素材は、Videvoというサイトのフリー素材を使っています。
iClone7でもドラッグ・アンド・ドロップで動画をインポートできます。

実際の動画作成は、iCloneでは背景なしでレンダリングして、ビデオ作成ソフトで背景を追加しました。
しかし、iClone7上で感じをつかむのには動画をインポートしたほうがよいです。
足を地面に埋まる効果を使うには、iClone上で背景動画もIrayでレンダする必要がありますが・・・。

1908282

ビデオ作成ソフトは、VEGASPro16Editを使っています。
クロスフェードやぼかしをかけたり、なんでもやり放題です。(;^ω^)
さすが、SONYのプロ用ビデオ編集ソフトといわれるだけあります。

驚いたのは、動画と動画のつなぎ目のなめらかさです。
例えば、波の動画って、10秒くらいしかないのですが、それを組み合わせて簡単に10秒以上の動画にできることです。
ほとんど違和感がないのにびっくり・・・。(◎_◎;)

ニコニコ動画にアップしたものは、こちらです。

2019年8月14日 (水)

iClone7とVocaloid5でglow

ギターを持って歌わせたい企画、やっと動画をアップロードしました。

曲目は、keenoさんの「glow」です。
前の記事に書きましたが、iClone7でも、なぜか右手のストロークが、音楽からずれてしまいます。
音楽とアニメは正確にはシンクロできないのかもしれません。
このため、残念ですが、右手はズレが目立たないアルペジオになってしまいました。

1908141

またいつか、いい解決策が見つかればリベンジしたいと思います。
今回は、右手と左手を除いて、Kinectを使ってアニメーションをつけました。
このような少ない動きであれば、Kinect使えます。

口パクと表情は、iPhoneXRとLiveFaceでつけました。
背景が寂しいので、ベースギターやドラムセット、アンプなどを並べました。

さすがに、それらのアニメーションをすべて作るのは、非常に困難です。
それをやってるMMDでやってるglowのPVは、すごいとしかいいようがありません。(◎_◎;)

アップしたニコニコ動画は、こちらです。

2019/08/17 追記
いつものように、ボーカルをVocaloid5 YAMAHA VY1V4に変えて、Youtubeにアップしたのですが、何故か世界中でブロックされてしまいました。仕方がないので、ニコニコ動画の方をVocaloid版に差し替えました。
すでに見ていただいた方、すみません。><

 

2019年8月 8日 (木)

ギターを持って歌わせたい・・3

ちまちまと、ギター演奏のアニメーションを作っておりました。
そういえば、Renderosityでは、Top100のベンダーセールをやってます。
そろそろ私のストアは終わりになるので、お早めに・・・。(;^_^A

懸案だったギターストラップなんですが、結局、ストラップのみコンフォームすることにしました。
ギター本体もフィギュア化することも考えましたが、Character Createrで、ギターのみウェイトを塗りつぶすのに、ものすごい時間がかかるため、断念しました。DAZ Studioでは一瞬で完了するんですが・・・。(-_-;)

1908081

そこで、小道具のギターは、Spine2にLink(DSではペアレントという。)し、ストラップのウェイトを調整して、ストラップとギターがはずれないようにしました。
ギターは小道具なので、さすがに激しい動きでは、足などを突き破るので、アニメで調整です。(;^_^A

右手のアルペジオとストローク、左手のコードのアニメは、iClone7では、Curve Editorしかないので、DSのKeymateを使いました。
iClone7で、初期ポーズを作り、iClone用に変換したGenesisを介して、bvhをエクスポートします。
以前の記事に書きましたが、Genesisを使うと、iCloneとDAZ Studioでアニメがスムーズに受け渡しできます。

1908082

DAZで作った左手と右手のアニメーションです。
aniMate2を使って作りましたが、ここで、問題が発生しました。

DAZ Studioでもオーディオの読み込み、再生ができるのですが、なかなか音とアニメが合いません。(;´Д`)
左手は、少々ずれても問題ないですが、右手のストロークがずれるのは、さすがにまずい。
なんとなくアニメとオーディオのシンクロが、うまくできてないような・・・。
まあ、aniMate2で、こんなアニメ作る人いないのでしょうね・・・。(-_-;)

ということで、右手のアニメは、単純なものにせざるを得ませんでした。( ノД`)シクシク…

1908083

アニメをなんとか作ったので、FBXでエクスポートしてiClone7に持ち込みました。
3DXchange7の新しい機能で、簡単にDAZのアニメーションを取り込めるのがうれしいです。
Applying Daz Poses to CC3 Characters をご覧ください。

DAZ Studioで作ったのは、左手と右手のみのアニメーションです。
そこで、iClone7のモーション・パペットを使って下半身のみのアニメを追加しました。
上半身を動かすと、ギターから手が離れてしまいますのでご注意。(;^_^A

マーシャルのアンプも追加しました。Renderosityのフリーです。(感謝)
最後は、FaceLiveで表情と口パクを追加すれば、一応形になります。
「ギターを持って歌わせたい」企画ですが、なんとか実現の目途がついてよかった・・・。(;^ω^)

 

 

2019年7月25日 (木)

iClone7でハイファイレイヴァーYoutubeにアップ

iClone7でハイファイレイヴァーですが、ボーカルをVocaloid5に変更して、Youtubeにアップしました。
Vocaloid5は、YAMAHA VY1V4のNatural、Styleは、To the starsを使用しました。
なお、エフェクトは、Vocaloid5およびCubaseで、いろいろ弄ってあります。

動画の方も、ニコニコ動画バージョンはR-18でしたので、少しカメラワークなどを見直しています。

1907250

さて、VEGAS Proでのニコニコ動画やYoutubeへのアップロード方法のメモです。
レンダリングの種類が多すぎて、結構悩みました。(;^_^A

使用したのは、MAGIX AVC/AAC MP4、インターネット HD 1080P 59.94fpsです。

MAGIXは、このソフトの開発元です。
AVC/AAC MP4は、どうやら普及しているビデオ・音声の圧縮方法のようです。
最近ではさらに進化したHEVCが使用できるとのことです。
詳しくは、こちらのページが参考になります。

ニコニコ動画やYoutube側で圧縮がかかるため、iClone7では30fpsで書き出ししてますが、59.94fpsを指定しています。
また、可変ビットレートではなく、あえて一定ビットレート28,000,000を使いました。

Youtubeで見たら、なんとかうまく表示できてるようです。(^^♪

1907251

 

2019年6月20日 (木)

iClone7でハイファイレイヴァー

久しぶりに紳士向け(笑)の動画を作成して、ニコニコ動画にアップしました。
お題は、EasyPopさんのハイファイレイヴァー です。

1906201

この曲は、以前作成した動画「Girls」と姉妹?みたいな曲です。
96猫さんのボーカルバージョンをお借りいたしました。
MMDモーションは、何度か使わせていただいている神業師のような「アガちん」様です。
今回のダンスは、振付が「ちょいんたす」様、トレス元が「りりあ」様というように別になってます。
素晴らしいコンテンツに感謝です。
 
この曲がディスコっぽいイメージがあるので、背景セットは、icloneのマーケットプレイスでディスコセットを買いました。
Stage Equipmentという名前で、全景はこんな感じです。

19062011

本来は、iClone7プラグインの「PopcornFX Library 40」を使うと効果的なのですが、ちょっとお高いのでパスしました。(;^_^A
しかし、このセット、中央にあるDJブースが秀逸です。
このため、DJを一人配置しております。
 

iClone用の背景を使うと、軽いのがうれしいです。
DAZなどから新しいセットを持ち込むと、ポリゴン数が半端ないことが多いです。

1906202  

ニコニコ動画は、こちらです。一応R-18です。(;^_^A

2019年6月 9日 (日)

Vocaloid5でオフトゥン

例によって、前回記事の傘村トータ様の「オフトゥン」のボーカルをVocaloidに変えてみました。
今回使用したのは、CEVIOのささらさんではなく、Vocaloid5で、VY1V4です。

1906091

原曲が初音ミクさんということもあり、VY1V4の方が、なじみやすく感じました。
柔らかな歌声ということで、VY1V4 Soft、Vocaloid5のスタイル To the Starsを選択しています。

曲をエクスポートして、動画に合わせてみると、少し口パクがずれてました。
少し歌いまわしが原曲と違うせいでした。(;^_^A

そこで、iClone7の表情を少し調整しました。
実は、iClone7では、LiveFaceなどで取り込んだ表情の細かな調整ができません。
このため、うまく切り取りしたりして、なんとか調整しています。

表情のモーキャプは、失敗したり思い通りならないことも多いので、後で修正ができるといいんですが・・・。(;^_^A

アップしたyoutubeは、こちらです。

 

 

2019年6月 5日 (水)

iClone7でオフトゥン

少し前から、iPhoneXRを使って、表情のモーション・キャプチャーをやっていますが、ついに、USB接続ができるようになりました。

iPhoneXRの設定でモバイル通信をオンにして、インターネット共有もオンにすると、パソコンとUSB接続ができます。
これは、iPhoneでデザリングをする場合の接続になります。

結果は、長い時間キャプチャーしても途切れず、非常に快適です。
Wifiを使うと、どうしても突然転送速度が落ちたりします。
表情キャプチャー中に転送速度が落ちるのは、まあ致命的ですので・・・。

ということで、「オフトゥン」をMayumiさんでやってみました。
ご存じない方のために、説明しますと、「オフトゥン」とは、「お布団」を外国人的に発音するとこうなるとか。w

この曲は、ニコニコ動画で傘村トータさんという方が、アップしている曲です。
とても素晴らしい曲なので、ぜひ聴いてみてください。
 

1906051

MMDモーションは、moto syun さんが作られています。
今回は、口パクと表情重視なので、おまけの膝枕バージョンを使わせていただいてます。

動画の左側にスペースができたので、今回は歌詞を掲載しております。
この歌詞がぐっとくるんです。

今回は、この前の連休にセールをやっていた動画編集ソフト「VEGAS Pro16」を使いました。
機能が多すぎて、迷います。(;^_^A
こんな感じの画面です。

1906052

ニコニコ動画に投稿したのは、こちらです。
 

ちなみに、作成中のロング・シャツは、現在プロモ作成中です。

 

2019年5月16日 (木)

iClone7で恋空予報

今度は、リアル系のMayumiさんで、恋空予報を踊ってみました。
恋空予報は、koyoriさんの作品ですが、男性?が作ったとは思えない可愛い曲です。

iPhoneXRを使っての表情キャプチャーで作る口パクは、さすがなかなかよいですね。
とはいえ、完璧とはいえません。(;^_^A

1905161

さて、リアル系フィギュアでの可愛い曲は、表情がとても難しく、不気味になってしまいます。
いわゆる不気味の谷・・・です。今回やってみて、いろいろ気づいたことを書いてみます。

どうやら人は、人間に近いものを見ると、生きてるか死んでるかを見てしまうのかなと。(;^_^A
目は動いてる?表情はある?体は動いてる?など、血が通ってるか・・ですね。
特に見てるのは目の動きかもしれません。
相手が人間でも、凝視されるとコワイです。

生身の人間は、絶えず動いてるし、反応します。
それがないと、死んでるのに動いてる!つまりゾンビか!と思うのかもしれません。(笑

というわけで、生身の人間のモーションの完全再現は無理なので、不気味さを緩和する方法を考えてみました。
やってみたのは、目を絶えず動かす、不気味に見えたら瞬きか、目を閉じる・・・などです。

少しは緩和されたかなあ・・・。
アップしたニコニコ動画は、こちらです。

2019/05/18 追記

Vocalをさとうささらさんに変更して、Youtubeにもアップいたしました。
動画は、こちらです。

 

2019年5月13日 (月)

HotSpotで表情キャプチャー

前回記事から、iClone7とiPhoneXRを使って、表情のモーションキャプチャーをしています。

iPhoneとパソコンの接続は、USB接続が望ましいですが、これにはデザリングができないといけません。
当方では、iPhoneXRとパソコンをWi-Fi接続して使っていますが、やはり反応がにぶかったり途切れたりしてました。
そこで、最新の無線LAN子機を買ってみました。
こちらが、購入したCarantee Wifi無線子機です。

1905131

iPhoneXRも対応している802.11acで、867Mbpsの製品です。
これまで使用していたのは、Atermの11nで300Mbpsなので、速度的には2倍以上になるはずです。

1905130

当方のネットワークは、こんな感じです。ルーターが離れているので、ルーター経由では、遅くなってしまいます。
そこで、パソコンのWifi子機でHotSpotを作り、iPhoneと直接接続しています。
Windows10には、HotSpotの機能があるのですが、パソコンとルーターまでが有線LAN接続でないためか、うまく動きません。

このため、Connectifyというシェアウェアを使って、HotSpotを作っています。

1905134

こんな感じで、HopSpotが構築できます。
iPhoneがつながってますね。^^

さて、速度がどのくらい上がったかですが、導入前はこんな感じです。

1905132

ping で、32バイトの転送時間が平均330msです。
このくらいの速度だと、iClone7では、表情の動きがもたつき、途切れたりします。

1905133

導入後は、このように、平均65msまではやくなりました。
Wifiなので、USBのような安定性はありませんが、一応、表情がさくさく動きます。

全般的に速度が遅いのは、HotSpotソフトを使ってるからか・・・。(;'∀')
当面、デザリングができるまでは、なんとかこの設定で使うことにします。

本当は、LiveFaceをLAN接続で使えるといいのになあ・・・。
バージョンアップでの対応を期待したいです。
ちなみに、LAN接続用に、こんなのを購入したのですが、LAN接続はできましたが、残念ながらLiveFaceを使えませんでした。(涙

1905135

 

 

より以前の記事一覧