iClone

iClone7でハイファイレイヴァー

久しぶりに紳士向け(笑)の動画を作成して、ニコニコ動画にアップしました。
お題は、EasyPopさんのハイファイレイヴァー です。

1906201

この曲は、以前作成した動画「Girls」と姉妹?みたいな曲です。
96猫さんのボーカルバージョンをお借りいたしました。
MMDモーションは、何度か使わせていただいている神業師のような「アガちん」様です。
今回のダンスは、振付が「ちょいんたす」様、トレス元が「りりあ」様というように別になってます。
素晴らしいコンテンツに感謝です。
 
この曲がディスコっぽいイメージがあるので、背景セットは、icloneのマーケットプレイスでディスコセットを買いました。
Stage Equipmentという名前で、全景はこんな感じです。

19062011

本来は、iClone7プラグインの「PopcornFX Library 40」を使うと効果的なのですが、ちょっとお高いのでパスしました。(;^_^A
しかし、このセット、中央にあるDJブースが秀逸です。
このため、DJを一人配置しております。
 

iClone用の背景を使うと、軽いのがうれしいです。
DAZなどから新しいセットを持ち込むと、ポリゴン数が半端ないことが多いです。

1906202  

ニコニコ動画は、こちらです。一応R-18です。(;^_^A

| | コメント (2)

Vocaloid5でオフトゥン

例によって、前回記事の傘村トータ様の「オフトゥン」のボーカルをVocaloidに変えてみました。
今回使用したのは、CEVIOのささらさんではなく、Vocaloid5で、VY1V4です。

1906091

原曲が初音ミクさんということもあり、VY1V4の方が、なじみやすく感じました。
柔らかな歌声ということで、VY1V4 Soft、Vocaloid5のスタイル To the Starsを選択しています。

曲をエクスポートして、動画に合わせてみると、少し口パクがずれてました。
少し歌いまわしが原曲と違うせいでした。(;^_^A

そこで、iClone7の表情を少し調整しました。
実は、iClone7では、LiveFaceなどで取り込んだ表情の細かな調整ができません。
このため、うまく切り取りしたりして、なんとか調整しています。

表情のモーキャプは、失敗したり思い通りならないことも多いので、後で修正ができるといいんですが・・・。(;^_^A

アップしたyoutubeは、こちらです。

 

 

| | コメント (2)

iClone7でオフトゥン

少し前から、iPhoneXRを使って、表情のモーション・キャプチャーをやっていますが、ついに、USB接続ができるようになりました。

iPhoneXRの設定でモバイル通信をオンにして、インターネット共有もオンにすると、パソコンとUSB接続ができます。
これは、iPhoneでデザリングをする場合の接続になります。

結果は、長い時間キャプチャーしても途切れず、非常に快適です。
Wifiを使うと、どうしても突然転送速度が落ちたりします。
表情キャプチャー中に転送速度が落ちるのは、まあ致命的ですので・・・。

ということで、「オフトゥン」をMayumiさんでやってみました。
ご存じない方のために、説明しますと、「オフトゥン」とは、「お布団」を外国人的に発音するとこうなるとか。w

この曲は、ニコニコ動画で傘村トータさんという方が、アップしている曲です。
とても素晴らしい曲なので、ぜひ聴いてみてください。
 

1906051

MMDモーションは、moto syun さんが作られています。
今回は、口パクと表情重視なので、おまけの膝枕バージョンを使わせていただいてます。

動画の左側にスペースができたので、今回は歌詞を掲載しております。
この歌詞がぐっとくるんです。

今回は、この前の連休にセールをやっていた動画編集ソフト「VEGAS Pro16」を使いました。
機能が多すぎて、迷います。(;^_^A
こんな感じの画面です。

1906052

ニコニコ動画に投稿したのは、こちらです。
 

ちなみに、作成中のロング・シャツは、現在プロモ作成中です。

 

| | コメント (0)

iClone7で恋空予報

今度は、リアル系のMayumiさんで、恋空予報を踊ってみました。
恋空予報は、koyoriさんの作品ですが、男性?が作ったとは思えない可愛い曲です。

iPhoneXRを使っての表情キャプチャーで作る口パクは、さすがなかなかよいですね。
とはいえ、完璧とはいえません。(;^_^A

1905161

さて、リアル系フィギュアでの可愛い曲は、表情がとても難しく、不気味になってしまいます。
いわゆる不気味の谷・・・です。今回やってみて、いろいろ気づいたことを書いてみます。

どうやら人は、人間に近いものを見ると、生きてるか死んでるかを見てしまうのかなと。(;^_^A
目は動いてる?表情はある?体は動いてる?など、血が通ってるか・・ですね。
特に見てるのは目の動きかもしれません。
相手が人間でも、凝視されるとコワイです。

生身の人間は、絶えず動いてるし、反応します。
それがないと、死んでるのに動いてる!つまりゾンビか!と思うのかもしれません。(笑

というわけで、生身の人間のモーションの完全再現は無理なので、不気味さを緩和する方法を考えてみました。
やってみたのは、目を絶えず動かす、不気味に見えたら瞬きか、目を閉じる・・・などです。

少しは緩和されたかなあ・・・。
アップしたニコニコ動画は、こちらです。

2019/05/18 追記

Vocalをさとうささらさんに変更して、Youtubeにもアップいたしました。
動画は、こちらです。

 

| | コメント (0)

HotSpotで表情キャプチャー

前回記事から、iClone7とiPhoneXRを使って、表情のモーションキャプチャーをしています。

iPhoneとパソコンの接続は、USB接続が望ましいですが、これにはデザリングができないといけません。
当方では、iPhoneXRとパソコンをWi-Fi接続して使っていますが、やはり反応がにぶかったり途切れたりしてました。
そこで、最新の無線LAN子機を買ってみました。
こちらが、購入したCarantee Wifi無線子機です。

1905131

iPhoneXRも対応している802.11acで、867Mbpsの製品です。
これまで使用していたのは、Atermの11nで300Mbpsなので、速度的には2倍以上になるはずです。

1905130

当方のネットワークは、こんな感じです。ルーターが離れているので、ルーター経由では、遅くなってしまいます。
そこで、パソコンのWifi子機でHotSpotを作り、iPhoneと直接接続しています。
Windows10には、HotSpotの機能があるのですが、パソコンとルーターまでが有線LAN接続でないためか、うまく動きません。

このため、Connectifyというシェアウェアを使って、HotSpotを作っています。

1905134

こんな感じで、HopSpotが構築できます。
iPhoneがつながってますね。^^

さて、速度がどのくらい上がったかですが、導入前はこんな感じです。

1905132

ping で、32バイトの転送時間が平均330msです。
このくらいの速度だと、iClone7では、表情の動きがもたつき、途切れたりします。

1905133

導入後は、このように、平均65msまではやくなりました。
Wifiなので、USBのような安定性はありませんが、一応、表情がさくさく動きます。

全般的に速度が遅いのは、HotSpotソフトを使ってるからか・・・。(;'∀')
当面、デザリングができるまでは、なんとかこの設定で使うことにします。

本当は、LiveFaceをLAN接続で使えるといいのになあ・・・。
バージョンアップでの対応を期待したいです。
ちなみに、LAN接続用に、こんなのを購入したのですが、LAN接続はできましたが、残念ながらLiveFaceを使えませんでした。(涙

1905135

 

 

| | コメント (0)

iPhone で表情キャプチャーしてみた

iClone7には、モーションキャプチャー関連のプラグインがいろいろあります。
かなり価格がこなれてきたものの、全身用は、まだまだ高価です。

一方、手と表情のモーションキャプチャーは、かなり入手しやすくなってます。
表情用には、Webカメラを使うものと、iPhoneXを使うものがあります。
Webカメラ版は、10万円以上しますが、iPhoneX版は、iPhoneXさえ持っていれば、比較的安価です。

iPhone Xには、顔認証機能があって、実はこれがすごいんです。
なにやら3万本以上の赤外線ドットを顔に照射して、顔を認識するのだとか・・・。
こちらで、その様子が見れます。
この機能のおかげで、表情のモーションキャプチャーができるということらしいです。

表情のモーションキャプチャーは、やってみたかったので、昨年末のセールの時にソフトのみを購入していました。
この連休で、やっとiPhone XRを入手できたので、さっそく動かしてみました。

1905041

iPhoneXと、パソコンの接続には、Wi-Fi接続と、USB接続があります。
USB接続の方が、高速で安定してるらしいですが、デザリングを使えないとだめです。
このため、Wi-Fiで接続しています。ほんのすこしラグが発生するようです。

あとは、iPhoneXRを手で持ってないといけないのと、思った表情にするのがむずいですね。

今回、この機能を使ってバーチャル・ユーチューバーぽい動画を作ってみました。
2.5次元キャラのMikakoさんを使いました。
微妙な表情を全般的につけられるので、とても良い感じです。
次は、リアル系のMayumiさんでもやってみたいです。^^

ニコニコ動画は、こちら
Youtube向けには、英語版テキストを入れました。

 

| | コメント (0)

iClone7で、MMDスリラーつづき

前回、YoutubeにMMDモーションのiClone7への変換についてアップしました。
そこで、今回は、ニコニコ動画にもアップしました。

1904252  

ただし、ニコニコ動画の場合は、残りのダンスを一応最後まで踊りました。
Cubaseでの打ち込みも、ダンスの終わり部分まで作りました。
問題だったのが、マイケルのボーカルです。

当然、英語なので、V1YV4やささらさんが使えません。
そこで、Vocaloid5に付属のAmyさんやChrissさんを使いました。

なんとか英語の歌詞を打ち込みまでしたのですが、どうも、この曲にしっくりきません。
やはり、マイケルのイメージが強すぎ・・・です。

結局、Vocaloid5の使用はあきらめ、インストに変更しております。
もう少しがんばれば、最初から最後までのカラオケもできそうですが、また機会があればやってみたいなと思います。

さて、iClone7のほうですが、以前ニコニコ動画にMayumiさんが踊るNyanCatをアップしたのですが、不気味で怖いと地味に再生数が上がっております。(;^_^A

それなら、Thriller踊ればもっと怖いかも・・・と思って作りました。
見る人によっては恐ろしいビデオになったかも・・・。(;^_^A

たくさん、並べたかったのですが、うちのマシンでは、さすがにMayumiさん6体が限界のようでした。

1904251

怖いのが大丈夫な方、こちらからどうぞ。(;^_^A

 

| | コメント (2)

MMD Thriller motion to iClone7

ふと、YoutubeでMMDのモーションをiCloneにインポートする手順を紹介しようと思い、動画を作りました。
有名な洋楽で、MMDモーションが配布されているものを探したところ、有名なマイケルジャクソンのスリラーにしました。
この曲のMMDモーションも大変すばらしいです。^^

せっかくなので、音楽もYoutubeにアップしたかったので、CubaseAIでなんとか作りました。
歌が入るパートからは難しいので、その直前までです。(;^_^A

1904201

少しだけムービー風にするため、よく使う背景セットUrbanSprawl を配置しました。
Mayumiさんに踊ってもらいましたが、一人じゃ寂しいので、DAZでゾンビを購入しました。
重くなるので服を着ていない(笑)のですが、Youtubeで大丈夫かな・・・。(;^_^A

アップしたムービーはこちらです。

2019/05/07 追記

このムービーなんですが、コメントでお叱りを受けましたので、削除いたしました。
ちなみに、ゾンビの服の件ではありません。

当面コメントできない設定になりました。
今まで、コメントいただいた方、ありがとうございました。

2019/0519 追記

Youtubeでコメントできるように設定を戻しました。
Thrillerダンスって、全世界的に有名なので、iClone開発元でも、今年になってモーションを販売開始してます。
気づきませんでした。(;^ω^)

 

 

| | コメント (0)

iClone7でXYZの魔法

iClone7で初音ミクさんの「XYZの魔法」を踊ってみました。
踊ったのは、Mikako8さんで、H&C Japanese School Uniform (DAZ)を着ています。

今回の曲は、ショートバージョンなので、最初に背景セットの動画を入れました。
iClone7で背景つくるのも、お手軽な感じでよいです。^^
また、固定カメラバージョンも追加してあります。

1904161

ニコニコ動画はこちらです。

Youtubeにも同じものをアップしています。

 

| | コメント (2)

360VRでNyanyanyanyanyanyanya!

昨日、ニコニコ動画にアップした動画を、Youtubeにもアップしました。
さらに、360VRバージョンもアップしました。
 
1902101
 
iClone7では、360度パノラマ動画をエクスポートできます。
解像度は、3840×2160のUltra HD、4K動画です。
4Kといっても、一度に表示するのは、一部だけなのですごい高画質というわけにはいきません。
 
1902102
 
Youtubeで視聴する場合、設定で2160s4Kにするのがおすすめです。
左上にアイコンが出ますので、それを操作することで、画面を回転することができます。
マウスでグリグリしてもいいですね。
スマホのVR再生アプリだと指で操作できます。
 
ズーム方法は、よくわからないのですが、全画面表示にすればマウスホイールでズームできます。
 
VRゴーグルをお持ちであれば、それで見ることもできます。
さすがに少し画質がざらついた感じです。まあ、8Kぐらいは欲しい気もします。
 
iClone7のパノラマ機能は、カメラ固定です。
もう少し込み入ったVR動画を作るには、Unityとかを使う必要があるのかな・・・。
 
ノーマルバージョンはこちら
 
360VRバージョンはこちら
 
あらためて、使わせていただいたアイテム作者に感謝です。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧