iClone

iClone7 で短い邦画つくりました

iClone7での短い邦画を作りました。

 
題材が、恋愛物ということで、とにかく俳優さんの表情やしぐさ、セリフが重要ですが、それをCGフィギュアや音声合成ソフトで演ずる難しさがありました。
 
音声合成ソフトのCevioを使わせていただきましたが、それでも実際の俳優さんのセリフのような感情表現は困難・・・。
 
当初、Cevio付属の3人のキャラクターの会話を考えていましたが、結局、ヒロインのナレーション・メインに変更しました。
 
1810211
 
声優さんは、ささらさんではなく、つづみさんです。
期待してたタカハシさんは、高校生ぽくないので、断念。www
 
つづみさんは、簡単な調整で、とても自然に話してくれました。
次は、歌ってもらおうかなあ。happy01
 
1810212
 
iClone7では、主に既存のモーションを直して使用してます。
 
また、背景は、リアルな感じを出すのと、省エネ(笑)のため、HDRIを多用しました。
映画などの特撮でよく使うクロマキーですねー。(汗
 
DAZ StudioでHDRIをよく使う方には、おなじみのHDRIがほとんどです。
例えば、上のシーンでは、実際は、下のイメージです。
 
1810213
 
足元まで映すと、ほんとはやばいのですが・・・。(汗
よくみると、おかしなところも見えます。
海辺のシーンで波が動いてないとか、影の方向が逆とか・・。(苦笑
 
なんとなく悲しいストーリーになってしまうのは、CGで笑顔とかHappyという表現が難しいから・・ということもありそうです。
 
今回2曲をBGMで使わせていただいたのですが、これがとても素晴らしすぎ・・。(感謝)
BGM主体でご覧ください。coldsweats01
 
投稿したYoutubeは、こちらです。
 

iClone7で邦画を作ってます

iClone7での邦画づくりを進めています。
邦画といっても、長い動画ではなく、邦画のPVみたいな短い動画です。
 
キャラクター設定や、ストーリー、シーン、脚本やカメラ、俳優など、すべてのことを一人でやることになります。
 
やってみると、まさにちょっとした脚本家や映画監督になったような気分を味わえます。
まあ、自己満足の塊みたいなものですが、それはそれで楽しいかも。
 
以前、ファンタジー映画ぽいのを作りましたので、今回は、iCloneでどれだけ邦画ぽいものが作れるかです。
 
さて、今回は、キャラクター設定です。
こうして考えるのも楽しみのうち・・。
 
1810161
 
ヒロインのMayumiさんです。
地方都市の高校2年生ということにしておきます。
性格は、のんびり屋か・・・。
ありがちな恋愛物ぽいストーリーにしようかと・・。
IchigoHairは、こういう設定にぴったりな髪ですね・・・。(感謝
 
1810162
 
続いて、相方は前回記事にしたKenji君です。
Mayumiと同い年ですが別の高校2年生という設定です。
見た目どおりのやさ男タイプでスリム体型です。
 
別の高校なのは、詰襟の制服がないからです。(苦笑
 
1810163
 
もう一人登場人物をつくりました。
Mayumiの親友という設定で、Mikakoさんです。
こちらも女子高生にハマるMadeline Tails Hairです。
Mayumiさんより元気があるカワイイタイプというところでしょうか。
 
一人で作ってることもあり、たくさん登場人物を作れません。(苦笑
また、学園物には不可欠な大道具では、Hideoutさんの教室セットが欠かせません。
例えばこんなシーンなどで・・・。 
 
1810164
 
それから、動画に必要なセリフです。
ロールプレイングゲームみたいな吹き出し、字幕でもよいですが、やはり声優さんが一番ですよね。
 
そこで、昨日、声優さんが到着いたしましたので、現在打ち合わせ中です。
どうやって来たかというと、日本郵便なのですが・・・。
 
ちなみに今回のイメージは、Character Creator3 とiClone7のリアルタイムPBRレンダリングです。
 

Character Creator3でメンズをつくってみた

邦画風の動画を作る予定なので、主人公のボーイフレンドをCC3で作りました。
 
ベースフィギュアは、DAZで持っている数少ない男性キャラのKenji7です。
iCloneの男性フィギュアは、おじさん風が多いので、相当不安がありましたが、Kenji7を使うと、結構イケてるメンズができたかも?
 
1810138
 
Kenji7が、少しアニメ風なためか、Mayumiさんより、色白なので、少し修正してます。
一応、高校生ぽく見えると思うので、よしとします・・・。coldsweats01
 
1810139
 
全体的には、こんな感じです。
DAZのKenji7と、フリーのメガネのほかは、すべてCC3付属のものを使ってます。
ことのほか、なかなか楽しいキャラづくりです・・・。coldsweats01
 
 

セーラー服をCC3用に変換してみた

MMDダンスをニコニコ動画にアップしたので、今度は短い日本映画的なものを作ってみたくなりました。
 
そこで、必要なのが、セーラー服です。(笑
iCloneでは、DAZのdForceみたいなことは難しいので、コンフォーム服がよいです。
IK Kangさんのセーラー服を持っていたので、これを使います。
 
1810131
 
G3F用 なので、G8F用に変換する必要があります。
ちなみに、モデラーでの形の調整や、脇などのウェイトマップ調整を行ってます。
 
また、ソックスと靴は、面倒なので、TentmanさんのG8F用アイテムを使ってます。
Character Creator3(CC3)用にエクスポートする場合、付属のPoseファイルでT-Poseにするのがお約束だそうです。
 
1810132
 
こちらが、CC3で変換したところです。
Mayumiさんには、あらかじめ変換したスキンテクスチャーを適用してます。
完璧に見えますが、少し調整が必要です。
 
1810133
 
こんな風にポーズをつけると、あちこちは破綻します。
そこで、CC3のウェイトを服に転送します。
テンプレートが合えば、それを適用しますが、このブラウスのような長袖の場合、Othersを適用するとよいみたいです。
また、靴に適用する場合、T-poseで行わないとおかしくなります。
このあたりは、まだ手探り状態です。
 
また、DAZの場合、首がUpperとLowerの2段階なので、髪にも適用したほうがよいみたいです。
 
1810134
 
ソックスと靴はこんな感じで、少し破けてました。
これには、まず、DAZ StudioのFit-ControlのExpandみたいに、全体を少し大きくする機能を使いました。
 
1810135
 
さらに、スカルプ機能を使って、破けを直しました。
これは、Poserのパテみたいな感じですね。 
 
1810136
 
その他、スキンウェイトの調整などやればきりがないですが、とりあえずこんな感じでポーズをつけても大丈夫になりました。^^
左上のボタンを押せば、iClone7に送ることができます。
 
1810137
 
iClone7では、モーションを追加したり、スカートの物理設定を追加しました。
定番のCakeWalkを歩いてもらいました。
できた簡単なムービーがこちらです。
この衣装などで、ショートムービーを作ってみたいと思います。^^
 
 
 
 

iClone7でKiLLER LADY

Character Creator3を使って、初動画を作りました。
今回も、お色気路線で、八王子Pさんの「KiLLER LADY」です。
歌詞がかなり過激な感じなので、ぴったりです。coldsweats01
 
201810111
 
Character Creator3(以下、CC3という。笑)ベースのMayumiさんですが、これまでと全く違和感がありません。
 
CC3でよいところは、体形を調整できたり、服が破けた場合などの修正が手軽にできることですね。これまでは、最悪、DAZ Studioのエクスポートからやり直しでしたので・・・。
ということで、バストアップして、お色気増量してあります。
 
ひととおり使ってみて、不便だったのは、使用したTopmodelUpdoHairのウェイトペイントでした。この髪は、ポリゴンを削減した状態でも17万ポリゴンあり、CC3では、重すぎてペイントできませんでした。ww
結局、DAZ Studioで塗りなおしましたが、DSではスラスラ塗れます。
 
今回の動画では、カメラ目線を工夫しました。
iCloneでは、カメラ目線の設定があるのですが、うまく目を向けてくれないみたいで・・・。
そこで、EyeTargetとしてボールを用意し、調整しています。
 
アップしたニコニコ動画は、こちらです。
 

Character Creater3を試してみました

Character Creator3が、来ましたので、試してみました。
これまでDAZのマイキャラを3DXchange経由でiCloneに持ち込んで使ってましたので、Character Creatorは、ほとんど使ってませんでした。
Character Creator3は、これまでのものとは異なり、DAZフィギュアをiAvatarに変換する機能がつきました。
ということで、早速MayumiさんをFBXでかき出して、試してみました。
 
1809301_2
 
詳しい操作方法は、またの機会にしますが、ほとんどボタン1発ちょいで、変換できます。
変換したCCベースのMayumiさんに髪や服を装着したところです。
 
最初、テクスチャーの変換を指定するのを忘れてたんですが、やってみると、再現性はかなりのもので、ぱっと見、見分けがつかないほどです。coldsweats02
 
CCベースにすると何がよいかというと、DAZ Studioのように、着せ替えが簡単にできること、CCベースのモーフが使えるので、体形などの調整ができることです。
 
1809302
 
例えば、こんな風に太ったり・・・。(食べすぎかw)
 
1809303
 
子供になってみたり・・。これもスライダー操作一発です。
 
1809304_2
 
最後に、iClone上で、MayumiさんとCC Mayumiさん(さくらではないw)に並んでいただきました。左側がCC Mayumiさんです。
 
いやはや技術進歩がすごいですね。
高性能の自動リトポロジーと、自動テクスチャーコンバーターがくっついた感じです。
まだ、よくわからないところがありますが、ぼちぼち使いたいと思います。
 

iClone7でPiNK CAT

先日、ニコニコ動画にR-18動画の第2弾をアップいたしました。
 
お題は、ガルニデさんのPiNK CATです。
ガルニデさんの楽曲は、とても好きなのですが、Youtubeにアップできないのが、残念です。weep
 
1809012
 
エ〇い衣装を探していたのですが、結局、懐かしいV4EdressをG8F用に直して使いました。
DAZ Studioでコンバートすると、形がよくならないので、モデラーで直してます。
 
モデルは、いつものMayumiさんです。
体型はあまりいじってないのですが、iCloneで見ると超絶にスタイルがよすぎです。coldsweats01
Mayumiさんで、この髪だと、黒〇瞳さんに似てる感じがします・・。(自分だけかw)
 
1809011
 
今回の動画では、最初に短いムービーを追加しています。
背景は、よく使うDAZのUrbanSprawl、男性キャラは、iCloneのMasonさんです。
 
以前から、懸案だった表情や目線に少しこだわりました。
少しよくなったかも・・・。
このあたりは、CGとリアルでは、まだ距離がありますねえ・・・。bearing
 
MMDモーションをコンバートすると、腕などが体に食い込むので、修正するのですが、CurveEditorを使うと、動作が激重になるので、この作業は一番最後に行っています。
 
R-18ということもあり、そうでない動画に比べると、閲覧数が多いです。
また、作ろうかな・・・。(汗
 
ニコニコ動画は、こちら
 

iClone7で[A]ddiction

ニコニコ動画にiClone7で作った動画を上げているものの、なかなか閲覧数が上がらないので・・・・。
 
お試しで、お色気路線(R-18)を作ってアップしてみました。
すると、初めてランキング116位(R-18)に入り、広告までいただきました。(感謝)
 
やはり、Poser、DAZは、こちらの路線と相性がよいようで・・・。(苦笑)
フォローもいただいたので、この路線をまた作らなくては・・・と思っちゃいました。(笑
 
1808201
 
曲も振付も、なかなか色っぽいです。
モーショントレースは神業で、特に腕の動きに無理がなく、iCloneに変換しても、おかしくなりませんでした。素晴らしいです。(感謝)
 
ニコニコ動画は、こちらです。
 
表情や、視線など、まだまだ課題も多いので、またがんばります。(汗
 
そういえば、iCloneのFaceWear(カメラでの表情モーションキャプチャー)、値上がりしてました・・・。うーん・・・・。会員価格でも約10万円・・・・。(泣

iClone7で極楽浄土

お盆ということで、iClone7で、極楽浄土を踊ってみました。
 
この曲の衣装は、着物ドレスという感じで、歌っているメイリアさんのデザインによるものだそうです。
和服でiClone7は初めてでしたので、似せた着物ドレスをMD6.5で作りました。
 
1808141
 
問題は、この振袖部分なんですが、Genesis8だと、AポーズなのでiCloneに持って行った時に、うまくありません。
そこで、TポーズのGenesis3で、作成して、DAZ Studioでフィギュア化、それをG8F用にコンバートしました。
なお、振袖部分は、G8FでTポーズをした時に、おかしくならないように、ウェイトペイントしています。
 
もう1点は、裾部分です。
ご本家さんの衣装は、ここがなんと3枚重ねになってます。
さすがに3枚をシミュレーションできそうもないので、1枚に簡略化しています。
 
1808142
 
DAZ Studioでは、こんな感じです。
モデルは、いつものMayumiさんです。
なお、テクスチャーは、フリーのものを組み合わせて加工して作成しています。
振袖部分は、iCloneでは、物理シミュレーションを使います。
 
1808143
 
背景は、極楽浄土ということで、DAZで見つけた宇治平等院鳳凰堂にしました。
木の色が、改修前の雰囲気で、赤くないのですが、これでよしとします。(汗
Poser用コンテンツなので、30万ポリゴンくらいで、割と軽いです。
 
実は、朱色のバージョンもDAZにあるのですが、Carrara用なので、断念しました。
ちなみに、Carraraは、8まで持っていて、レンダリングは綺麗でよかったのですが、DSがiRay対応になったので、使わなくなってしまいました。(汗
 
1808144
 
iClone7で、いろいろ物理シミュレーションの調整をした結果、振袖や裾がなんとか自然に見えるようになりました。
しかし、シミュレーションなので、時々、あちこちひっかかったりします。
このため、何度か部分的にレンダリングし直してます。
 
極楽なので、iCloneコンテンツマーケットで買った、蝶々も飛ばしてます。(笑
 
しかし、人間の表情と口パクの組み合わせは、ほんとに難しいです。
思ったようにならなかったのですが、またがんばります。bearing
 
できた動画は、ニコニコ動画にアップしました。
 
今回は、1080P(1920×1080)の高解像度で作成しています。
なので、大きくしても綺麗だと思います。
しかし、時代はもう4Kだというし・・・。
技術進歩ははやすぎる・・・。(汗
 

iClone7で、FREELY TOMORROW

今度は、リアル系のMayumiさんで、ボカロの有名な楽曲「FREELY TOMIORROW」を踊ってもらいました。
 
実は、ボカロの調教をなんとかしたいと思い、ぼかりすを購入する予定でした。
ところが、購入しようとWebを見ていたら、なんと、ぼかりすは販売中止に・・・!coldsweats02
 
代わりに、Vocaloid5が発表されてました。
仕方がないので、Vocaloid5を購入して、ただいま勉強中です。
 
1807232
 
勉強するのに、よい楽曲はないか探してたところ、「FREELY TOMORROW」を発見。
この曲を少し、打ち込んで試してみています。
 
映像の方は、iClone7で作成しました。
MMDモーションは、Lamb.でも使わせていただいた、yurie様です。
リアル系フィギュアが踊っても、まったく違和感のない神モーションです。
 
1807231
 
トレースって、元は2次元の動きなのに、3次元をきれいに再現してあるのは、ほんとに素晴らしいです。
今回は、背景は、IBL画像で、iClone7付属のパーティクルをつけています。
 
ニコニコ動画は、こちらです。
楽曲、ボーカルは、本家様バージョンです。
 
Vocaloid5で、カバーしたものは、Youtubeのこちらにアップしました。
 
本家の超すごい調教には、遠く及びませんが、素人でも、ビブラートやしゃくりなどが、プリセットで簡単につけられるのは、よいですね。
初音ミクさんは、持っていませんが、Vocaloid5のKaoriさんでも声色を調整すれば、こんな感じにも変更できます。^^

より以前の記事一覧