2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

modo

modoで差分モーフを作る

modoを使って、Poser用の差分モーフを作成する方法をメモしておきます。

例として、V4の笑顔モーフの差分を作成します。
なお、modoは、使い慣れたmodo401を使用しています。

201305051

まず、Poserで、V4のHeadのみをエクスポートします。

201305052

次に修正する笑顔のHeadをエクスポートします。
これは、V4にMayukaおよびMayukaEXをインジェクションし、表情データを適用したものです。
つまり、DAZ製および、自前のモーフターゲットを多数加算した状態です。happy02

201305053

上の2つのobjをmodoに読み込ませ、1つのシーンにして、わかりやすく名前を変更しておきます。

201305054

modoのモーフマップを作成します。
リストの新規マップをクリックしてdefaultの頂点マップを作成します。
頂点マップの種類は、「相対モーフマップ」です。

201305055

次に、もう一つモーフマップを作成し、「MayukaEX laugh」と名前をつけました。

201305056

modo上の背景マップから、頂点マップを作成します。
defaultを前景、笑顔を背景にして、メニュー 「頂点マップ>背景モーフ」をクリックします。

201305057

「背景からモーフ作成」のダイアログが開きますので、OKします。
これで、modo上にモーフマップが作成されました。

201305058

そこで、新たに修正用モーフマップを作成し、先ほどの笑顔のモーフマップをコピします。

201305059

まずは、コピーです。

2013050510

次に貼り付けします。

2013050511

修正用モーフマップに対して、笑顔を修正します。
口周りを少し修正しましたが、わかりやすくするため、ついでに耳を伸ばしておきました。

2013050512

このモーフマップは、「MayukaEX laugh」に今回修正したモーフが加算された状態です。
そこで、「MayukaEX laugh」を減算します。
メニュー「頂点マップ>モーフの適用」をクリックします。

2013050513

モーフの適用で、「MayukaEX laugh」を-100%にして、OKします。

2013050514

この操作で、差分モーフマップができました。
modo上で完結できるところがいいですね。delicious

同じ方法で、Poserでポーズをつけた状態でのモーフ作成も、一応、可能です。
ポーズをつけた状態をmodo上のモーフターゲットとして、減算するという方法です。(厳密には、ポーズとモーフターゲットは異なるのですが・・・)coldsweats01

ノーマルマップの作成

ドルマンスリーブの服を作っていますが、ノーマルマップの作成について、メモしておきます。
実は、自分用の覚書です。coldsweats01

modo401を使って、ハイポリモデルを作り、スカルプトで加工し、それをベイクする方法です。

modoにオブジェクトを読み込んで、オブジェクトを複製し、メニュー「形状>ポリゴン>細分化」でハイポリモデルにします。
といっても、今回は、8万ポリゴンなので、そんなにハイポリでもないですが・・。catface
それから、スカルプトを使ってスカート部分の皺を刻みました。

201301161

次に、オリジナルと、ハイポリのそれぞれマテリアルを一つ設定します。
シェーダーツリーで、オリジナルのマテリアルに、画像ファイルを作成して、エフェクトを法線に設定します。

201301162

ここで要注意なのが、UVマップです。
ハイポリモデルは、元々複製で作成しているため、UVマップが同一になっています。
このままだと、modoがどちらのUVマップを使ってベイクするか、わからなくなるらしいです。

このため、UVマップをコピーするなどして、オリジナルとハイポリモデルとで、UVマップの名前を変えておき、ベイク前にオリジナルのUVマップを指定します。

201301163

アイテムリストに戻り、ハイポリモデルを背景に設定します。
そして、シェーダーツリータブに移動し、追加した画像を指定して、「オブジェクトからテクスチャーへベイク」を実行します。

201301164

次に表示されるダイアログでは、オリジナルとハイポリモデルとの距離を指定します。
おおむね、スカルプトで動かした距離以上の数値を指定します。

これで、薄いブルーのノーマルマップが作成されます。
あとは、Photoshopなどで、加工します。

できたノーマルマップをレンダリングすると、こんな感じになります。

201301165


クロスシミュレーションでもスカートの皺はできますので、控えめな皺にしてあります。

本日の成果です。
ドレスの厚みや縁など、ディスプレイスメントマップやバンプマップで表現しています。
あまりノーマルマップの効果は、あまり見えませんが・・・。coldsweats01

201301166_2